アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

2003123001 年始飾り【修正済み】

1個前の記事の本文がいきなり隠れてるのは完全にミスです。けど修正しません、面倒だし修正するほどのものではないので。
ということで(謎)。



サムネイル

小見出しは「年始飾り」ですが撮影日時はおわかりのとおり年末。
そりゃそうです、飾り付けした時に撮影していますので。
小見出しそのままの内容なので、特に説明する必要性も感じませんが、簡単に書けば、家の玄関と車の前に年始飾りを飾りつけた様子を撮影したものですね、説明にもなってませんけど。
どれ使うか迷ったんですけどね。
玄関のは、主題である年始飾りが小さいし。
車の飾りの一番大写しになってるのは、距離が近すぎて若干ピンボケになっちゃってて、シャープネスでも補正できない程度のボケ加減だったし。
ということで。



車の飾り

主題の年始飾りは小さいんですけど、消去法でこれですかね。
一応ね、ナンバープレートは修正入れました。たとえ、すでにもう何年も前に手放し廃車になっている車とはいえ、公にするのはちょっといかがなものかと思いますので。

最近はもう、このフロントグリルに吊り下げるタイプの年始飾りは使いませんね。
年始飾り自体は飾るんですが、もっと小さい、車内フロントガラスに吸盤で貼り付けるタイプになっちゃってますね。
考えてみれば、そして実際に使ってみて、このタイプはいろいろと問題がないわけではありませんのでね。

まず、厳密に言えば、この絵のように飾っちゃうと、ナンバープレートが隠れちゃうのでたぶん道路交通法違反。だからといってこれで捕まるとも思えませんが、きっと違反だろうし最悪口頭で注意くらいされちゃうかもしれません、その経験はありませんが。
この絵のものはまだ小さいほうですが、もっと大きくてナンバープレートを完全に隠しちゃうのもあるでしょうしね。

そして。
このように、包装のビニールを外して飾り付けると、雨や雪融けの泥水に対して弱いしあっという間に汚れてしまいます。
紙で出来た部分などは一発アウトでしょうね。
さらには、よしんばビニールの包装をつけたまま飾った日には。
汚れには強くなりますが空気抵抗が増し、あるいは吊り下げているだけだと走行時の風で煽られめくれ上がってボンネットの上に乗る形になります、もちろん停車すればまた下に垂れ下がるの繰り返し(笑)。
吊り下げ部分が弱いと、その影響で走行中にちぎれ飛ぶ危険性があります、実際経験ありますし(大汗)。でもそれを考慮して針金などで吊り下げる人ってどのくらいの割合なんでしょうかね、少なくとも自分はそこまで配慮した経験はないと思います。

現実問題、全体から見れば車に正月飾りを付けるほうが少数派なんでしょうしね。
いつ頃から、車内タイプに切り替えたかはもう憶えてませんけど。
昔はこんな感じでつけていた、ということで。


そして。
今回をもって、2003年撮影分終了です。
次回以降のこのシリーズから、2004年撮影分に突入します。
それだけ(汗)。
まぁ、あれだ。
HDC-1になってから、このカテゴリで取り上げるに適さない画像ってのもかなりの量あるんでね。
確認したら、2003年分だと、HDC-1で撮った画像フォルダのうち当カテゴリで使ったのはだいたい3分の1程度。
たぶん今後もその程度か、もしかしたらそれ以下かもしれません。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/31(水) 20:41:10|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003122101 コミケ他【修正済み】

サムネイル

小見出しは「コミケ」ですし、実際に地元のコミケに行った時に撮影したものではあるのですが、それっぽいのはありません、もし期待させてしまってらごめんなさい。
現実問題、コミケっていろいろ制約が多くてね。
そもそも、実はヲタ歴は長いけどコミケにはあまり興味がない、ということからそんな印象を抱いてしまうのかもしれませんけど、コスプレした人を撮影するにも使用許可を得たカメラでないとNGとかね。
理由があるのはわかるんですが、まずコミケ自体を肯定的に思ってない人種からすれば、面倒な手続きに思えてしまうわけです正直なところ。
しかも。
本来ならコスプレには興味がなくて、むしろコスプレを撮影している知人を撮りたっかたのに、それしてると盗撮と間違われるとかいうローカルルールというかかなり特殊かつ独特な慣習・風習には言葉を失うばかりか頭痛さえ覚えた記憶を思い出しましたよ今。
ヲタが全員コミケを肯定的に思っていると思ったら大間違いだと思います。
もっと絞り込んで言えば、ヲタが全員コスプレを肯定的に思っていると思ったら大間違いだと思います。


さて。
愚痴書いても仕方ないので。
そんなこんなで、カメラ持っていったはいいものの、ろくに撮影もせず。
…カメラがしょぼかったというのも大きな理由の一つですけど(汗)。
加えて他の事情で撮った絵自体がNGなのばかりで…それに関しては、いずれもっと適切な絵を使って取り上げる予定です。
サムネご覧のとおり、総枚数もわずか3枚ですし。
そのうち2枚が、今は疎遠になってしまった知人を写したものなので、ちょっと使うわけにもいかないし(別の理由もあって)。
消去法で、当たり障りのない、残った1枚を選択。
取り上げないほうがよかったかもしれないフォルダですが、まぁいいでしょう。



仙台市内某所

ということで、消去法で残った1枚、仙台市内某所。
コミケ帰りに撮ったのでしょうね。いや、間違いなくコミケ帰りに撮ったものです。
いやまぁ某所というか、国道4号線仙台バイパス下り線、北上車線の、泉区松森付近でいいのかな、あるいは鶴ヶ谷付近のほうが正しいのか、そんな感じの場所。
(※すみません、調べたところ住所的には仙台市宮城野区っぽいです)
当然車内からパチり、ご心配なくしっかり停車中に撮影しました。

なんということもない、単なる風景写真ですけど。
なにぶん10年近く前の絵なので。
今、これとまったく同じ絵が撮れるかどうかは、わかりません。
ここ5年の間に、この近辺に、新しい道路が開通しているはずです、もしかしたらその影響があるかもしれません。
もしかしたら、同じ絵が撮れるかもしれません。
この場所が、この時から変わっているのかいないのかは、不明です。
そうそう頻繁に通る場所でもないし、基本的には通過するだけの場所なので、注意深く周囲を観察してはいませんしね。
そんな感じの1枚でした。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/28(日) 00:17:19|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2003120701 雑多【修正済み】

サムネイル

小見出しそのまま、雑多です。
枚数はそれなりですが、内容は完全に雑多です(汗)。
皆さんもありませんか…こう、突然、ムラムラっと、とにかく何かを撮りたくなることって!?(大汗)。
……………ないですかそうですか。

どんなものでも。
デジカメに限らず、導入した当初は使うのが面白くて使いまくるんだけど、その熱が冷めて冷静になって使用頻度が落ち着いた頃、突然急にまた使用意欲が湧くことって、私だけの現象じゃないと確信しています!!(笑)。

ま、なんにせよ。
そんな感じで、特にアテもなくただ撮りまくっているので。
枚数はそれなりでも、使える画像はあまりなかったり。
本気で何も考えずに撮ってるのでね。
まぁ、個人的な記録にはなってる側面はあるんですけど。
ここで使うネタとしてはね。
それでも、これだけあれば、1枚2枚程度は何とか使えそうなのはあるもので、はてどれを使おうか思案した挙句。
過去にどこかで使ったような記憶がないわけではないのですが、明確には思い出せないし…でもまぁいいや、ということで、チョイスした1枚はといえば。


ひもおゆいな

とある有名なギャルゲー(あるいは恋愛シミュレーションゲーム)に登場する某キャラの、キーチェーンとかキーホルダーとか言うもの。もしくはキーアクセサリー?。

私はまったくゲームをしませんし興味はありませんが、そんな私が過去に短期間、家庭用ゲーム機やそれ用ゲームソフトの販売店で労働していたことがあるというのは、今となっても驚愕の事実です(笑)。
その際、売ってる商品のある程度の知識は必要だろうと、この有名なゲームをプレイしてみたことがありまして。
プレイ中、クリスマスのイベントでこのキャラから携帯用原子炉(爆)をプレゼントされ、当時からそういうネタが大好きな私は、当時の同僚にこの顛末とそれゆえこのキャラが気に入った旨のことを話したところ、その同僚がくれたのがこれです。
もらい物なので、プライズなのか、そもそもこの形態で売ってる商品なのかは不明です。

結局その業務からは短期間で離れ。
そのわずかな間にゲーム好きにもならず。
たぶんもう今後一生、ゲームが好きになることはないと思うのですが。

この絵を撮った時期は、その業務から離れて5年は経過した時期ですね。
ゲームは好きにはならなかったし、その業界からも離れたし、当時の同僚とも一切交流がなくなったしで、もたっら当時はそれなりの扱いだったこれも、この時点で散々な扱いになり、このような場所でこんな憂き目に。


そうですね。
この吊り下げてある場所はどこなのか!?。
そもそも、なぜこのフィギュアはこんなにも小汚くなっているのか。
たぶん、事情を知らない皆様からすれば、そっちのほうが興味深いことでしょう。
もちろん。
私も、この絵を使うに当たり、オチをそこに持っていくことは想定済みです(汗)。

このフィギュア、この撮影した段階で、どこに存在していたのかといえば。

続きを読む

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/26(金) 20:50:17|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003120401 ふれあい市場他【修正済み】

確か今年の6月の末ころは、なんだか梅雨に入ったか入ってないかわからんうちに、すでに暑かったような記憶がありますけど、最近は7月末だというのに通常の梅雨の時期のように曇天、特に昨日今日は気温もあまり上がらずなんじゃこりゃ!?、変な天気だなぁで辟易しております。

さて今回は、小見出しの「他」に該当する画像を使ってお茶を濁そうかとも思ったのですけれど、直球勝負で。
勝負にもならない予感しかしてませんけどね(汗)。


サムネイル

フォルダ名(今回の記事タイトル)そのままの内容だし、特に何かを説明する必要があるとも感じないので、即チョイス画像にいきましょうかね。





ふれあい市場

かつて、我が居住する団地内に存在した、スーパーのようなもの。
過去形なのは、今はもう存在していないからです。
建物自体はそのまま転用され、今年になって全国展開している大手の系列の店舗になり、今現在は再活用されています。
ですが…「ふれあい市場」はもうありません。
たぶん、「ふれあい市場」として開店した当日か、それからさほど経過していない段階で撮ったはずの絵です。
この場所の店、団地内の買い物施設の変遷、団地周囲も含めての歴史などは、語ろうと思えば結構な文章量で語れるのですが、なんかこの画像のためだけにそれをするのも違う気がするので、やめておきます。
むしろ、なぜこの絵を撮ったのかのほうが重要なのかもしれませんが、それは秘密です(苦笑)。

正直このフォルダの絵を使うかどうか迷ったんですけどね相当。
今回のように、取り上げたところで何をどう語ればいいのかというのはありましたし。
まぁあれですね。
かつてこういう施設があった、という記録として。

あれだな。
あまり使いようがない、プライベートに近い絵のフォルダのは、もっと積極的に使用回避すべきかな。
とか言って、全量プライベート画像なんですけどね(苦笑)。
被写体がね。プライベートか否かで結構左右されますしね。
ちょっと再検討してみます。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/24(水) 21:08:02|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003112901 モーターショー?【修正済み】

もう今回のキモは小見出し「モーターショー?」の「?」に尽きます(笑)。


サムネイル

「仙台モーターショー」というのがあります(以下「SMS」)。詳細は → 参考

可能であれば東京モーターショー(TMS)に行きたいのですが、2年に1度とはいえそうそうは行けません。
ですので、地元で開催されるSMSには出来れば行きたいと思っています。
この写真を撮った2003年はTMSがあった年なので、過去の例からすればSMSも開催されるだろうと思い、心待ちにしていました。
しかし、待てども待てども、SMSが開催されるという情報は入ってきません。
そうこうしているうちに。
どんな経緯で、この日、通常SMSが開催されるこの地に行こう、となったのかはもう覚えていませんが。
お知り合いの閣下と連れ立って、SMS開催の地、夢メッセみやぎに出向いたところ。

何かやってるぞ!?。
こ、これはっ!?、もしや心待ちにしていたSMS!?(^^ゞ。

早速入場してみると。



キャンギャル(笑)

確かに、車(輌)は多数展示してあります、しかもかなり奇抜なデザインのものが(笑)。
確かに、キャンギャル(爆)もいます。
人もいっぱい集まっています…年齢層かなり高めですが(汗)。

……………まぁ、ということで。
確かにある意味モーターショーではありますが、ご覧のとおりぶっちゃけトラクター等の農機具の展覧会でしたという実に下らないオチで失礼しましたm(__)m。
でっ、でも、なんか四駆っぽいし走破性は高そうだよね特殊環境下においては!?(笑)。
しかもたぶん1台何千万円もするぞ、スーパーカーじゃん!!(爆)。

この2003年の「モーターショー?」は、私と閣下の間では伝説と化すのでした(激爆)。

それよりもですね。
比較的まともかつ使えそうな画像をチョイスしましたので、あまりそうとも思えないかもしれませんが。
HDC-1が何度も言っているようにショボデジカメであるという部分も大きく影響しているのでしょうけれど、人間の目には普通の明るさに見えても、カメラにとっては室内は暗いということが、結果としてまざまざと。
学生時代、8ミリフィルムで映画を作った経験があり、そんなことは重々承知のはずなのに、いまさらながら痛感です。
大部分の絵が手ブレしまくり、マトモに写っているのがほぼゼロ。
画像のEXIFデータを見るに、ほとんどの絵のシャッタースピードが3秒以上というのは…いくら感度を変えられないとはいえ(ISO100固定)、ちょっと遅すぎないかい?、それともそんなものなのかなぁ。
サムネではわかりづらいですがホントヒドイ結果でした。
たぶん今の主力コンデジなら、ここまでひどいことにはならないと思うんですけどね。

そういえば。
このイベントのキャンギャル(笑)、お知り合いの閣下がカメラ向けると拒むようなポーズを取ったのですが、やっぱ本来のSMSとは質が違うんですな(当たり前だ)。
TMSなんかだと、むしろキャンギャルではなく車を撮りたい私などは、カメラ向けるとポーズをとるキャンギャルは邪魔でウザったいくらいなんですけどね。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/22(月) 21:16:35|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003112201 風景写真【修正済み】

2代目デジカメHDC-1以降は、保存フォルダの名称に中身が判る小見出しがついてます、それは簡潔であることが肝要なので、ひねりがないものになるのは致し方ないことではありますけれども。


サムネイル

それにしても、本気でひねりも何もない、完全なる風景写真(笑)。
…まぁフォルダ名としては理想的なんだからやむを得ませんけどね。
さて今回は。


まずは1枚目の、風景画像と。
画像1


それとほぼ同じ場所同じ向きで、ズームをかけて撮った2枚目。
画像2


ブログ掲載の都合上、サイズを縮小したりシャープネスかけたりしてわかりにくくなっているかとは思いますが、それでも比較していただければ、後の絵のほうが粗いことをご理解いただけますでしょうか。
なにぶん固定焦点カメラのHDC-1です、ズームといっても無論デジタルズーム、画質は劣化するのは当然です。
しかし、だとしても生意気にも(笑)、この程度だとしてもズーム機能を持っていたりするのです。
今回はその、HDC-1のズーム機能についての、とある顛末に関して。


…と、思ったのですが。
どうやら私の壮絶な勘違いだったことが、この文面を書いている途中に明らかになった!!(激汗)。

何が書きたかったのか、何を書こうと思ったのかといえばですね。
一時期、このズーム機能が使えないことがあったんですよ。
結果として、それは単なる勘違いだったのですが。
で、その原因を自分なりに考えてみたというか、そういう文章の組み立てで行く予定だったのですね。


…ああ、やっぱり以下、下らない文面で長くなりそうなので隠します。
興味がある方はどうぞ。


続きを読む

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/17(水) 21:24:44|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003111101 SDカードテスト【修正済み】

サムネイル

表題どおり、SDメモリカードの使用テストのための試験撮影でして、内容的には実に他愛もないものです、他愛がなさ過ぎてどれをチョイスすべきか迷うくらいです(苦笑)。
一部自分の素顔まで写ってしまっていますので修正済みです、修正しないと不法行為で逮捕されかねませんし(笑)。

ですので今回は、撮影した画像そのものよりも、2代目デジカメHDC-1とSDカードとの顛末について。

……………なんか愚痴ばっかりが長くなりそうなので、こちらも久しぶりに以下隠しますか。


続きを読む

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/16(火) 21:49:15|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003110702 ix-1オークション用【修正済み】

ども!!、今日は落ち着きましたが、昨今のあまりの暑さに耐えかねて精神が挫け、ついに頭髪を禿げ散らかし…ではなく久しぶりのスポーツ刈りレベルの短髪にした宮城え~はちです、あぁぁぁすっきりしたぁ!!(^^ゞ。
変に散髪行かずに伸ばし放題だったので、暑いわうざってぇわ(笑)洗髪するのも面倒だわでストレスが売るほど溜まってたのですがなんとか解消しそうです。とっとと行ってればよかったんですがそれはまぁご愛嬌ということで(謎)。


サムネイル

個別記事表題どおり、初代デジカメ「ix-1」を某オークションに出品するために撮影した画像を格納したフォルダです。
注目すべき点は個別記事表題=フォルダ名の日付部分が、今回が「2003110702」、前回のが「2003110701」で同日に撮影して目的ごとに分類していることを表しているのですが…まぁいいか(汗)。
実は「20031107」は「03」まで存在するんですが「03」をこのブログで使う予定はありませんご了承下さいm(__)m。

画像数も3枚、サムネ見ただけで事足りそうですが、それでも一応この中から1枚チョイス、もうどれを使うか選択の余地もない感じですけどね。


初代デジカメ

これが、初代デジカメ「ix-1」の在りし日の姿だ!!(爆)。

いかにオモチャで腐れデジカメだったのかをようやくご理解いただけるかと存じます。
なお、この画像は今般ブログで使用するに当たり、様々な加工を施しました。
リサイズ&トリミングはもとより、色調補正もぶっこんで多少は見やすくなってるかと存じます。自動、フルオートの色調補正でも結構使えますなぁ、もちろんダメな時もありますけど、この画像は結構うまくいったほうかな。
あと当然シャープネスもね。

注目していただきたいのはファインダー。
無論この絵は正面から撮ったもので、本来の意味でのファインダーはこの反対側(裏面)にあるのですが、本体向かって右側のレンズ部の上に四角い穴があることをご確認いただければ、それがファインダーの表側で裏側から表側に貫通した単なる穴でしかないことがご理解いただければ、以前の記事で書いた現象(参考)のことをご理解いただけるものと確信しております。

なによりもの驚きは、例え10年前のことでもこの腐れデジカメがオークションで売れたということだ!!(爆)。
いやもちろん、相当安く処分しましたけどね。値段設定いくらにしたんだっけなぁ、もう憶えてないけど…千円くらい!?、それなら買うか!?(^^ゞ。
このデジカメは内蔵メモリにデータを溜めるしか方法がなく、データ吸い上げは本体とPCをUSBで結んで行うしかありません。はたして今時のOSに対応しているか不明なので、手放してしまって特に問題はありませんが、今こうやって回顧してみると、今ならどんな絵が撮れるのかなという興味がないわけではありません。
もちろんそれは、10年前よりもデジカメというものに慣れた自分が使って、という意味で。
その代わりを、今はこの画像を撮った2代目デジカメHDC-1が担ってくれているわけではあります。
最近2代目デジカメを復活させ、640×480のサイズで適当にガシガシ特に目的もなくいろいろなものを撮影して楽しんでたりします。
主力ではないから、万が一カメラ本体にダメージが発生しても問題ないからこそできる使い方というのもある感じですしね。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/12(金) 20:39:29|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2003110701 初撮影【修正済み】

さてついに!!。

初代腐れデジカメから、2代目デジカメHDC-1編へと移行します!!(^^ゞ。

…ま、腐れ度は実はそんなに改善されるわけではないんですけどねorz。
とはいえ、背面に液晶モニタは付いたし、画素数も130万に向上したし(補間処理で200万画素相当の画像を撮ることも可能)、フラッシュも付いたし、SDメモリカードも使えるし(但し難アリ)、一応なりにも動画も撮れるし、撮影する画像サイズによってはデジタルだけどズームも使えるし、完全にオモチャだった初代デジカメと比べれば、例えネット上の評判がオモチャでも性能差が歴然としているのも事実だったりするんだなこれが(笑)。

そして。
2代目から、データ保存フォルダの扱いが変わりまして。
初代の時は1ヶ月単位でデータフォルダを作成していましたか、この2代目からは撮影シチュエーションごとに細分化してます、すなわち同じ日付で複数のフォルダが存在するなんてこともあるのです、もちろん通し番号を使って分類してますけどね。

そんな感じなので。


サムネイル

今回扱うデータフォルダ「2003110701 初撮影」内収納の画像一覧。
シチュエーション単位での保存なので、1ヶ月単位で保存していた初代のフォルダに比べ、収納データ数が減少傾向にあることは容易に想像いただけるものと存じます。
ま、初代の時も1ヶ月でわずか数枚なんてこともありましたので、一概に必ずしも2代目のデータフォルダが保存枚数少ないとは言えませんけど(汗)。

そして。
シチュエーション単位ですので、当然当カテゴリでの扱い対象外の撮影データオンリーのフォルダも多発します、当然それらは回避します、ですので初代の時より飛ばすフォルダが多くなると思います…が、それは私の留意点であって、ご覧いただく皆様には関係がありません。

さて。
小見出し「初撮影」。
内容的にはほぼ全量が、フィギュアを撮影しているものであり(そのために購入したといえるかもしれない)、本来的には使用しない方向性のデータなのですが、初撮影という唯一点のみで一応取り上げてみる感じで。

しかし使いどころのないデータばかりなので(大汗)。
とはいえ、ちょっと気になるのがひつ、それをチョイスします。


へんな色のハロカプ

それはこちら。
あ…一応、先ほども書きましたが、2代目デジカメになって、画素数だけは上がってます、普通に1280×1024の画像が、最大で1600×1200の画像が撮れるようになりまして、そのサイズの絵が主流になりますので、今後はブログ掲載用に最低でもリサイズ処理を施します、場合によっては色調補正もかましてます、ご了承ください。
というのは、初代デジカメの撮影サイズが最大でも640×480で、サイズ的にはリサイズなしで掲載できるものだったので、結構無編集で使ってたのもあったりしたのでね。画質のわりに無駄にファイル容量が大きかったので、その対策のために後半は何がしかの加工をすることは多くなりましたけど。
…おっとこれも個人的な裏事情ですね、以下自重。

さてこの画像。
被写体はプライズって言うのかな、いわゆるオモチャ。
これは、この中にフィギュアが入って売られてた「ハロカプ」というもので、これ自体は外側、外装、商品ケース、容器包装なのですが。

問題は、この色です。
色というか、被写体そのものの色というより、この色で写ってしまったことが大問題です。
これ。
元々はというか実物は、それなりに鮮やかな青色なんですよ(大汗)。

絵を見る限り、濃い紺色というかあるいは濃い緑色とすら思える色調になってしまっているので信じ難いかと思いますが、本当なんです。
その証拠に、初代の腐れデジカメで取った同じハロカプの画像があります。というか前回のサムネに写ってますのでお気づきの方もいるかと存じますが、そのデータの中から引用します。


初代の絵

ね、こんな感じなんです本来の色は。
この画像、トリミングはしてありますが色調補正はしてません。
なにゆえ、すべての性能で下回る初代デジカメで自然の色に近いものが撮れるのに、2代目デジカメではこのようなへんちくりんみょうちくりんな色になってしまうのか。

あ…そういえばまだ手元にこのハロカプ残ってた(汗)。
ということで念のため、最新の主力デジカメでも撮ってみました(^^ゞ。
今さっき(文面編集時点で)撮ったばかりの撮りたてほやほや画像ですよ~(爆)。


最新画像

おお、でっかい画像(2816×2112、600万画素、1千万画素撮れるけど容量でかいばかりでもったいないので基本的にサイズ落して使ってます)から縮小してるので画質もいいね(苦笑)。
まぁこんな感じです、たぶんこれが一番ナチュラルな、もともとの色に近い絵だと思います、なんにせよ、2枚目の2代目デジカメの絵の色とはまったく違うことはご理解いただけたと思います。

無論、様々な撮影条件の違いはあると思います。
2代目デジカメで撮影した時の状況、光の状態はもはや記憶にありませんが、同時に写っていた他の画像などから類推するに、もしかしたら夕方から夜の時間帯、部屋の蛍光灯+机の蛍光灯という光源の元の撮影だったかもしれません。対して初代&今回の最新デジカメの画像は室内とはいえ日中、間接的とはいえ太陽光が光源です。
そういった違いはあるでしょうし、一概に断ずることは出来ませんが、これ以降の使った感じも含めてみても、どうも2代目デジカメは発色がよくないというか、暗めに写る傾向があるのかなという印象を持ちます、持たせられます。

しかしまぁ。
これが、以後6年とちょっとの付き合いになる、2代目デジカメでの最初の撮影分です。
こんな感じなので+その他の要因もあって。
以後しばらく、マトモな写真を撮りたい時はフィルムの一眼レフだったり、携帯電話のカメラ機能が多用される時期が到来することになるのですが、それはまた今後のお話し。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/10(水) 20:47:02|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

200311_iX-1【修正済み】

サムネイル

2003年11月撮影分です。
今回は先にいろいろと説明から。
まず、前回取り上げたのが2003年8月分、今回が11月分ですが、9月10月分は都合により公開いたしません。
以前あった、2003年6月分のように、そもそもフォルダがないというものではありません。9月10月分はちゃんと存在しますが、一身上の都合により使用いたしませんのでご了承ください。
本シリーズの趣旨に合わない絵ばかりである、というのが主な理由であるとご理解いただけますと幸いです。

そして。
この11月分をもって。
ついに、初代腐れデジカメ撮影分は終了です!!   ヤター!ヽ(゚∀゚)ノ 。

今考えてみれば、1年もしないうちに、いくらショボカメラだったとはいえ買い替えなんてなんという贅沢なのですが、まぁそれほどショボかったということでご容赦いただきたいと。
たぶん今回のネタも、そのショボさに起因するものになる予定。

ということで。
サムネ見ていただいてわかりますとおり、大半がフィギュアを撮影したもので、本来このシリーズの対象からは外れるのですが、2枚だけある意味通常の画像がありますし、ショボカメラとはいえ最後の撮影分なので、そのマトモな2枚からチョイス。
…とするしか手段がないのですが。
その2枚中1枚は過去に何度か使ってる画像なので、使ってないほうをチョイスするしかない、もはや選択の余地はない感じです。
それならそれでむしろやりようはあるというものだったり。


意図せず

念のため説明しますと、車検時の代車を撮影したものです。若干加工済み。
なぜ「念のため」なのかといえば、この代車に関してはもう何度か語っているので、知ってる人は「またか」になりますゆえ詳細は省略しますが、万一詳しく聞きたい人がいたらご一報ください、コメントでも何でもかまいません。
サムネを確認いただくとわかりますが、このフォルダ内ではこの画像が1枚目、代車を写したのはこれと2枚目の2枚のみ、過去の代車ネタのときはほぼ2枚目の画像のみを使ってきました。
なぜなら、2枚目のほうが車全体が、なんとか写っているから。
こっちの画像は、車全体が入っていません、完全に尻切れになっています、ですから今までは使っていませんでした。ようやく今回日の目を見る形になっています。

当然のように、こういう風に撮ろうと意図はしていません、車全体が写るように撮っているつもりです。
しかし結果はご覧の有様。

では、なぜこんな風に撮ってしまったのか。
自分主観で言わせてもらえば、こんな風に撮れてしまったのか、になります。

原因は言うに及ばずショボカメラにあります。
今まで何度も書きましたが、いわゆる「写ルンです」のフィルムをセンサーに置き換えた程度のつくりの腐れデジカメ。
当然、液晶モニターなんぞという立派なものは付いていません。
そればかりか、ファインダーは単なる「穴」です。それこそ「写ルンです」に代表されるフィルム付きレンズを思い起こしていただけると一目瞭然かと存じます。
ですので。
一応は、ファインダーをのぞけば、撮れる画像のざっくりとした指標にはなりますが、必ずしもそのとおりに撮れるというものではないということでして。
原因はわかりません、ファインダーののぞき方やその時ののぞく角度とかにも左右されるのでしょうねとしか、今はもう言えないのですが。
いずれにせよ、撮影している本人としては、ちゃんとファインダー内に車全体が収まるように撮っているつもりなのですが、結果はこのとおりでして。
だからこそ、どう写るかわからないのでリスク回避で複数枚撮影しているともいえるのです。
それにしてもヒドイよねこの写り方、別に接写しているわけでもないのに、このズレはひどすぎるよなぁ。
1年もせずによりマシなデジカメを買い換える気持ちをご理解いただけたかと存じます(^^ゞ。
この初代ショボデジカメ、撮影した画像自体は今回で最後ですが。
おおよそ2回ほど後に、ショボデジカメ本体の画像をついに公開予定ですので乞うご期待(笑)。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/08(月) 20:22:35|
  2. 過去の写真を晒す_2003以前
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ログ