アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

2014030401 HDC-1適当

サムネイル


適当撮りです。
適当撮りです、大事なことなので2(ry。

ごめんなさいm(__)m。
なんと申しましょうか、当初より適当撮りシリーズはその名のとおり、大前提として外出時に腐れデジカメHDC-1を携帯し、特に明確な被写体も定めず気の向くままに撮影するものなので、使いようのない画像ばかりであるというのは半ば必定であります。
とはいえ幸か不幸か、たいていはなにがしか使えそうな、あるいは無理やりにでもコメントをでっちあげられる画像が存在するものなのですが。
たまにね、本当にどれをどう何度も見直しても、1ミリもコメントが浮かんでこない画像ばかり、というある意味真の適当撮りフォルダというのは存在するものでして。
まさに今回がそれ(汗)。

もう記事化断念しちゃおうかとすら思ったことあります。
ありますが。
なんとか、これなら使えるんじゃないかなというのを、無理やり発見しましたので。



1ヶ月とちょっと後


経緯がそんな感じなので、ただただ画像を載せるだけで終わらせたいところです。
画像的なプロフィールは元画像丸コピーです。
コメントもないのですが、強引に書いてみれば。
撮影が3月上旬、この時期ですので写っている並木には花も葉もありませんが。
おおよそ1ヶ月とちょっと後、例の桜並木になるその待機中だと考えると、多少なりとも趣があるのかなと苦しい言い逃れをしてみたり。
ただ、確かに適当撮りですが、それでも撮影した意図というのはわかったりするものです、自分で撮ったものなので、しかしこの画像に関しては本当になぜこれを撮ったのか見当もつきません。
つきませんが、もしかしたらそういった意図が、1ヶ月後との比較の意味を込めて撮った可能性を完全には否定しきれないと思います。
ということを今思いつきました(大汗)。
結論。
なんとか記事でっちあげに成功した(吐血)。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/20(火) 21:17:31|
  2. 過去の写真を晒す_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014022501 HDC-1適当・残雪

サムネイル


写真晒しカテゴリ記事の更新ペース上がるよ~とか言ってほとんど上がってません、しかも6月ももう半ばを過ぎたイコール半月後には夏アニメ感想記事ラッシュが始まるイコール写真晒しカテゴリ記事が上げられなくなる、ということであり本気である程度数をこなしておかねばならないのですが、まぁいいや(汗)。
表題どおり残雪の様子です、しばらく続いた雪の様子シリーズも今回で打ち止めな感じです。



日陰は融けない


元画像が少々暗く写っていたので自動色調補正をかけてあります、腐れHDC-1は明るいと暗く写るという謎の特性があったので、予想範囲内かもしれません。
78年ぶり大雪から16日、その後の積雪もあってまだこれくらい残っているという様子ですね。
さすが東北の面目躍如と言いたいところですが、場所的なものも関係しています。
まず、写っている道路(車道)が市の除雪対象の道路になっていて、重機で除雪された車道の積雪分も積み重なっているので自然に積もった分だけではない、人為的に積み重ねられたものであるということと。
この場所は建物の北側すなわち日陰である、という要素は大きいですね。
近年真冬日はかなり減ったものの、それでも日中の最高気温が一桁台の前半というのが普通で、そんな状態ですと気温だけでは雪は融けないということは東北人なら皆知っています(当社調べ)。
冬の期間雪が融けるのはやっぱりメインは太陽の当たる場所、日向と日陰の雪の融ける速度差を知ると太陽パワーハンパないなと思いますよ、ゲル・ドルバ照準で撃ちたくなりますよ(爆)。
日陰の雪は気温だけでは融けない、それが東北の常識。



謎の水栓


縦長サイズ回転&自動色調補正。
1個前の画像だけでも良かったのですがついでに。
我が団地内には高圧線が通っており、その直下はグリーンベルトになっています。
そこに以前からある謎の水道栓を撮った画像を(笑)。
以前からと書きましたがいつからあるのか不明です、私ももう今の自宅に長いですが住み始めた当初からあったという記憶はないので、あくまで推測ですが平成に入って以降に設置されたものではないかと思っていますが真偽のほどは不明です。
誰が何のために設置したのか、水道代は誰もちなのか等々まったく不明、謎だらけ。
まぁその謎を解明する気もないんですがね(爆)。
ぶっちゃけどーでもいいことですしね、こうやって画像のネタとして使えるかな程度の存在でしかないので私にとっては(^^;。
もちろん水を出したことはおろか触ったことすらないので、そもそも生きている水栓なのか否かも不明というのが正直なところです。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/17(土) 17:14:37|
  2. 過去の写真を晒す_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014022202 携帯 初・王将(笑)

サムネイル


当カテゴリのサムネ画像はWindowsのファイルエクスプローラーをキャプチャしたものだ、ということはバレバレだと思いますしちょっと前に書いた気もします(ファイル数が多いときはその限りではありませんけど)。
以前のXPの時は、アイコン表示のバリエーションも少なく、ファイル数が少ない場合はサムネ画像も小さくて、サムネ画像がそもそも要るのかどうか悩むこともありました。
PC買い替えでOSがWindows 10になり、アイコンのバリエーションが増えましたので。
今回はフォルダ内の画像数が2個だけだったので、ためしに特大アイコンというものでサムネ画像を作ってみましたが、なんかもうこの画像だけでいい気もしてきた(^^ゞ。
さすがにそういうわけにもいかないので。
同カテゴリ前回記事「2014022201 仙台モーターショー」と同日撮影、前回がA480による撮影、今回が当時の現役スマホIS03での撮影分です。
内容的にはご覧のとおり、そして表題どおり、昼食のため利用した「餃子の王将」での様子を写したもの、食べ物の画像を撮るなんてなんかリア充っぽい(謎)ですが、なにせ初めての王将でしたので少々浮かれポンチになってたかもしれません。

おわかりのとおり当フォルダ内の画像は全部で2個。
うち一つは撮影当日に上げた記事で使用済みとなっています。
同じ画像でも不都合があるわけではないですが、せっかくなので。



王将店内の様子


使ってない方の画像をチョイスしてみました、ただそれだけです(汗)。
画像的には一部プライバシー配慮の修正のみです、掲載用のリサイズはしてますがそれ以外の補正等はなしです。
本当に使ってない方を選んだ、というだけなので何も言及することもないのですが。
基本外食しない人なので、仙台に王将が進出してきた頃から一度は利用したいと思っていたものの機会に恵まれず、この時やっと念願成就の初王将でした。
しかしその後も利用機会を得られず。
この後再度、一度だけ別の王将を利用したっきりですね。
結構餃子とか、とくにチャーハンは好物なので、もっと利用したいところですが、その必要性もないというのが現状だったりします。
そういえば。
確か当日は元々、別の店で昼食をとろうと思ってたはずなんですが、近くに王将があることを思い出し、SMSに同行してくださった知人の閣下のご協力のもと初王将達成できたと記憶しています。
閣下には感謝の念しかありませんね、この時利用してなかったら下手したらいまだに未利用だったかもしれませんし。
なんでもいいけどチャーハン食べたい(爆)。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 16:42:50|
  2. 過去の写真を晒す_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014022201 仙台モーターショー

サムネイル


表題ど直球なので説明の必要ないですね、仙台モーターショーに行ったときに撮影したものです。
まともなデジカメ所有してからモーターショーを撮影に行くのはこれが初めてかな?、と思ったら当たってました、A480導入が2010年で翌2011年に予定されてたSMSは会場である夢メッセみやぎが津波被害にあって(開催が)流れたそうです、初・(まともな)デジカメ撮影のモーターショーになります。
たぶんそのせいなんでしょう、会場の夢メッセ内が結構暗くて、露出が上がらず難儀した思い出があります、もちろんISO感度を上げればいいのですが、なにやらA480はISO設定をオートではなく400以上の固定にすると、なんか内部で処理をして保存に時間がかかるっぽいことに、使い始めて3年経とうとしているこの時点でようやく気付いたというね(笑)。
そもそもだ、感度をAUTOにしておくとMAXが200っぽい時点でね、所詮はエントリーモデルですな。

さて、枚数は結構撮ったみたいです、デジカメはこれができるので楽ですね、フィルムカメラだと撮れば撮るほどフィルム代がかさみますし、フィルムの予備にも限度がありますしね、なんでもいいから撮っておけというふうにはなりませんのでね。
画像数は多いですが、そう何枚も使う気はないです。
モーターショーですから、当然車の画像をチョイスしましょう、ということで。



車なので問題ない


看板にあるように「はたらくクルマコーナー」なので問題ないです(笑)。
なぜ陸自の車両があるのか!?、これだって車両だし、車両ならモーターショーなのだから何の問題もないじゃないですかぁ!!(白目)。
まぁあれよ、過去のSMSでも警察車両が展示されてたりもしたので、何かはあるだろうなと思ったら案の定、当然撮りますよミリヲタですし。
ただね、最大に引いてもこのありさまで全体が入りきりませんでした、撮影のためのスペースがなかったといいますか、所詮はエントリーモデルコンデジの限界、広角側もここまでと言いますか。
とはいえそもそも距離がとれなかったので、一眼の広角レンズでも装備してないと、コンデジなら高級モデルの広角側対応機種じゃないと難しいかもしれませんね。
そんな状態なので画像はリサイズのみです。
そうそう、基本SMSは夢メッセの建物内の展示スペースに車があるのですが、ご覧のようにこういったコーナーは屋外になっています。
さすがにこの画像だけで終わらせるわけにもいかないでしょうから、終わらせちゃってもいいんですけどね(大汗)。



S660


先日まで10年間オデッセイに乗ってた、その前もアコードワゴンに、さらに以前インテグラにも乗ってたことがある元ホンダ乗りとして、今は鈴菌に感染していてもやはりホンダ車をチョイスしましょう。
しかし使う画像は、NSXとどちらにしようか迷ったのですが、現在進行形で軽自動車の面白さ実感中なのでS660の方で。
正直、ワゴンRに乗るまでは、所詮軽自動車だしなと思っていました、しかし今はなんか興味がわいてますよS660に、ただの軽ワゴンのワゴンRですらなかなかに面白いのだから、きっとS660はもっと面白いに違いない、なんて手のひらクルー状態ですいやお恥ずかしい(^^;。
ところで、S2000の時もそうだったのですが、モーターショーのプロトタイプのデザインはかっこよくても、市販車になると微妙にコレジャナイ感があるのは私だけでしょうか。
もちろん、市販するとなると安全基準等様々な問題があるのはわかってます、でもうちょっと何とかならんのかねとつい思っちゃうのが正直なところです。
とはいえ、よく比較したらこのS660に関しては、市販車とほぼ変わらないですけどね。
ええやん(^^;。
つかこれ市販車なのかな?(汗)。

確かに面白そうなんですよS660は、ただ。



コペン


とにかくS660は収納スペースが全くないと聞き及びます、加えてオープンにするのも手動。
それを考えますと、ルーフが電動で開閉出来て、収納もS660よりはありそうなコペンも捨てがたいななんて思っている浮気者は私です(^^;。
たぶん走行性能はS660のほうが上なんでしょうけどね、ミッドシップだしルーフの電動開閉機構がない分の軽さとかでね。
でもやっぱり、ラグジュアリーな装備に魅力を感じてしまう私としては、電動ルーフ開閉&収納の多さでコペンもかなり興味を惹かれてます。
ま、そんなこと言っても買う予定はまったくないですけどね(^^;。
それにしてもS660もコペンも薄っぺらいタイヤ履いてるな、なんだよ厚くて55扁平S660のリアなんて45扁平だと!?、インチなんて15とか16とか正気かそれでも軽自動車か!?(爆)。
まぁただの軽ワゴンのワゴンRが55扁平履いてる段階でお察しください、ではありますが。

書き忘れたので最後にまとめて、S660とコペンの画像、双方ともトリミングと自動色調補正を施してあります。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/04(日) 16:57:57|
  2. 過去の写真を晒す_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014021501 携帯 再び大雪

サムネイル


お知らせです!!。
今回のサムネイル画像から、Windows10のファイルエクスプローラーをキャプチャしたものになりました!!(笑)。
…だからなんだよ、というのはごもっともでありますが、まぁ落ち着け(汗)。
Windows10になってから作った画像というのは、すでに使用しておりますが、あくまでファイルエクスプローラーをキャプチャしたもの、背景の白いサムネイル画像は今回が初めてということであります、背景が灰色の画像ビューワーソフトをキャプチャしたサムネイルはすでに5月17日アップ分、78年ぶり大雪の記事から使用しております。
すなわち、Windows10になったのが4月25日ですから、写真晒し記事で使用する画像は如何に前々から準備しているのかということが図らずも暴露された格好になるのですが、正直どうでもいいことですね(^^;。

さて本題(大汗)。
これで3回くらい連続になりますか、またしても雪関係の画像。
表題=フォルダ名は大雪となっていますが、もちろん例の78年ぶり大雪に比べればたいしたことはなかったはずです。
とはいえ曲がりなりにも大雪と名付けたくらいなので、きっとそれなりには積もったのでしょう。
しかしこの程度の積雪は、毎シーズンとは言わずとも何年かに1回程度はあり得る量ですね。

なにぶん、基本的に知人へのメールの添付用に撮ったのが主なので、恥ずかしながらロクな画像がありません、なのでやむを得ず適当な画像でお茶を濁すこととします。



15センチくらいかな?


縦長回転&自動色調補正をかましてあります。
比較物がなく、さらには撮影角度の問題で非常にわかりづらいですが、だいたい15センチくらいですかね積雪量は、20センチ行ってないと思いますが、だいたいこのくらいということで。
もちろん写っているのは自分の左足&雪かき用の金属製スコップですね。
樹脂製の雪かきスコップは、自分の扱いが荒いせいかわりかし壊れやすい印象があります、しかし普通の土木作業用のスコップあるいはシャベルは重くてね、ただでさえ雪って重いのに除雪道具まで重いとやる気ナッシングになってしまいますので、元々の用途は別らしいんですがこの金属製のスコップは重宝しています、まだ使ってますよ、いい加減先端がコンクリートやアスファルトの地面との摩擦でめくれてますが、まだ使えます!!(^^ゞ。

画像に関しては特にお話しすることはないので、以下愚痴。
2014年撮影分を始めるときか、2013年撮影分終了の時か、あるいはまったく別のタイミングか忘れましたが、いずれにせよ過去に一度は書いているはずですが。
2014年撮影分、結構な量があります。
フォルダ数=記事数にして40。
うち、ネタ元として使えないフォルダは2014年撮影分に関してはあまりない感じなので、ほぼ全量記事にできる感触です。
となると、週1回の更新ペースを維持できても、軽く3クール(笑)くらいはかかるということで。
しかしあくまでそれは週1回のペースを堅持できればの話。
現在展開中の2014年撮影分、当初4月からスタートの予定だったものが、そもそもアニメ関係の記事ラッシュがあり、それでも月の中ごろには始められるかなと思っていたら、車の買い替えとPCの買い替えが相次いで発生し、結局第1回目の記事のアップが4月末になってしまいました。
アニメ関係の記事ラッシュによる遅延を計算に入れておかなかったのは単純に私のミスですが、それ以外の突発的自体は完全に予測不能な範疇でして、今後その他の突発事態が発生しないとは言い切れません。
なので。
大前提としての、週1回ペースの更新は変える気はありませんが、場合によっては更新頻度を高くする可能性は排除していない、ということだけはお知らせしておきます。
以前何度も書いていますように、現実時間と撮影時間の差が、写真晒しカテゴリを始めた頃よりだいぶ縮まっていますので、更新頻度を多くする必要性は全くないばかりか、むしろ逆なのは重々承知ではあります。
でもね、これは完全に、気分的な問題でしてね。
1年かけて撮影したものを記事にして、それを使い終わるのに1年以上費やすというのも、あまり好みじゃないかなといったところでしょうか。
もちろん、撮影期間>消費期間だと差が詰まる一方なので、どこかの段階で撮影期間≦消費期間にしないとまずいのは確かです、その加減が難しいのはたしかです。
でもねなんか気分的にね。
というかですね、年4回春夏秋冬必ず、アニメ感想記事ラッシュで週1ペースを維持できないタイミングが発生しますし、気候的な要因で更新頻度が下がった前科(笑)もありますので、たぶんごくたまに週2回ぐらい更新しても何の影響もないと思われます、むしろそれくらいでやっとかなと。
そんな感じで、同じようなことを何度も書いているかもしれませんが、よろしくお願いしますということです。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/31(水) 21:48:41|
  2. 過去の写真を晒す_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する