アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

またしても侮れん

《本日の更新》
・「所有漫画単行本一覧」:
  「安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN」巻数変更
  「左菱虚秋」項目追加
・「アニマン雑記」:
  オーバン STAR-RACERS EPISODE 8
  機動戦士ガンダム00 #08
  電脳コイル #25
  <<「アニマン雑記」記事へはこちらからどうぞ!!>>


《本日の駄コメント》

◆本日更新の「所有漫画単行本一覧」、その中の新規項目「左菱虚秋」、マンガはもちろん「ガンオタの女」購入顛末。
オイラは「フライング角川」と称してますが、角川の漫画単行本は、発売予定日より数日前に店頭に並ぶことがよくある(てかほとんどデフォ)ことは皆様もご存知でしょう。
ご多分に漏れず、今回も、予定では本来明日26日発売予定の各単行本が、すでに売られていました。「THE ORIGIN」もそのひとつです。
ところが。
本日昼頃、最寄の地下鉄の北部ターミナル駅に隣接する2つの商業施設に店を構える、2店舗の書店で確認したところ、双方とも「THE ORIGIN」の最新刊はあったものの、同じ26日発売予定の「ガンオタの女」はありませんでした。
そのうち1店舗で、在庫等の確認をしてもらったのですが、どうやら入荷しなかった感じでした。
ただ、それがその店が発注しなかったからなのか、発売日が延期になったからなのかまでは調べなかったので。
当初の発売日は明日ですし、明日は日中は時間的余裕もあり、またどうせ「ガンダムエース」も買わなきゃならない(笑)ので、明日でもいいかと、一旦は帰宅したのですが。
どうにも気になったので、夕食後、別の書店に確認に出向きました。
もちろん、マンガの在庫が豊富かつマイナーな作品も置いてある書店メインに、何店舗か回ってみるつもりでした。
それぞれの店が若干離れているので、どのようなルートで回るか少し思案したのですが。
以前の記事で書いた書店から回ってみることにしましたところ。
置いてあるじゃん、売ってるじゃん!!(^^ゞ。
うぬぬぅっ、またしても、侮りがたし、ブックセンター湘○桜ヶ○店!!(爆)。
もはやマンガ読みにはこの店は欠かせません、てか仙台地域、特に北部在住の漫画読みの皆様にはオススメ!!。
つか。
何も夜になってまで探し回らんでも(滝汗)。
いや、できれば初版本が欲しかったので。
多分そんなに数刷らないと思うし。でもそれなりに売れそうだし。ネット通販するにしても早いほうがいいし。敵を倒すには早いほどいいってね!!(爆)。
  1. 2007/11/25(日) 21:44:04|
  2. 【旧版】マンガ駄雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もいっかいねる

《本日の更新》
・「所有漫画単行本一覧」:「ゆうきまさみ/鉄腕バーディー」巻数変更
・「アニマン雑記」:
  ご愁傷さま二ノ宮くん 第1話
  <<「アニマン雑記」記事へはこちらからどうぞ!!>>


《本日の駄コメント》

◆ハイすみません、更新報告のみです。

◆あ。
「GUNSMITH CATS BURST」第4巻はやっと読みました(^^ゞ。
  1. 2007/11/07(水) 12:36:12|
  2. 【旧版】マンガ駄雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画通販

《本日の更新》
・「所有漫画単行本一覧」:「新谷かおる/RAISE」巻数変更


《本日の駄コメント》

◆上記「新谷かおる/RAISE」購入顛末に関する戯言。
当初7月末発売予定だったこの単行本。
その数日前に別な単行本を買う予定だったんだけど、近くの書店で発見できず。
何件も探して回るのも面倒だったので、それとこれををあわせると1,500円以上になり送料が無料になるので、某ネット通販に発注したんだが、「RAISE」がどうやら発売延期に。
そこで問題になってくるのが、発注段階で合わせ技で送料無料でも、実際には発売タイミングが相当にずれて別々の発送になってしまったので、はたして送料が無料になるのかという不安があったんだけど。
結果的には、発注が同時なら無料ということらしい。
ま、発売延期自体は発注後にわかったことでもあるんで、そういうことも関係してるのかもしれないが、なんにしろ助かった(^^ゞ。

◆漫画の話題ついでに「怪物王女」原作ネタ。
いい感じで面白いね、特に最新第5巻、姫の兄の一人セブランとの対決を丸々1巻分4話を費やして描いているが、まさしくアニメが失ってしまった「怪物王女」の本質が描かれており実にグッドだ。
そして最後の最後に登場した、いまだキニスキにの捕らわれたままの姫の姉、第1王女がこれまたいい!!。もしや彼女がいろんな方面での黒幕なんじゃなかろかと思わせる、いい感じの描写ですな。
黒幕という表現には若干御幣がある感じだが。
まぁ、どだいまだ完結していないこの作品をアニメでやること自体が間違いだったということで。
あと流血やらヴァイオレンス描写やらを規制してしまったこともまったく問題外ということで。
  1. 2007/08/28(火) 21:13:14|
  2. 【旧版】マンガ駄雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旬なので(汗)

《本日の更新》
・「アニマン雑記」:
  らき☆すた #18
  コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 24 「崩壊のステージ」 / STAGE 25 「ゼロ」
  <<「アニマン雑記」記事へはこちらからどうぞ!!>>


《本日の駄コメント》

◆昨日の「小学○年生」ネタ、なんだか個人的に盛り上がっちゃって(参考URL)。
その他にも記憶に残ってるマンガがあり、ちょっとそれについても覚えている限り記述してみようかと思ったんだけど、それをやり始めたらキリがなくなりそうで面倒になったのでやめた(汗)。
ただし。
メインのネタであった「リボンにさよなら」についてだけは、更に思い出したことがあるので、ちょっと書かせてもらおう、たいしたことではないが。
双子の、気弱な…というより紹介文のとおり内気なのほうが表現として正しい妹の方、なにゆえ内気なのかといえば。
もちろん、そもそもそういう性格だったということもあるんだが。
双子の姉の死因が活発さゆえ、と思わせるような部分があり(確か道路への飛び出しで事故死だったような気がするが、そのへんは定かではない)、それゆえ姉の二の舞を恐れた少女の両親(特に母?)が、妹の方には活発さを求めなかった(むしろ嫌がっていたかも)から、というのがありました、オイラが思い出した限りにおいては。
そんな感じで、家ではおとなしい少女モードで、親の目が届かないところで、髪型変えて活発モードになってた、といった感じ。
それだけなんですがね。
  1. 2007/08/09(木) 22:48:45|
  2. 【旧版】マンガ駄雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人的懐かし漫画

《本日の更新》
・「アニマン雑記」:
  スカルマン 第三夜
  桃華月憚 #19
  風のスティグマ #13
  <<「アニマン雑記」記事へはこちらからどうぞ!!>>


《本日の駄コメント》

◆リンク切れしてたらごめん。
マジですかこれ、ありえねぇ~っ!!(爆)。
※念のため予備リンク、ここもしくはここ、全部同じ話題。
いや、どう考えたって無理だろ実写化。
つか、実写化しても面白いものが出来るとは思えないんだが。
実写化する部分も、相当に序盤の部分で、映画の時間枠としては妥当なのかもしれないし、人それぞれ面白い部分は違うけど、オイラはその後なんだけどなやっぱり。
さすがに、これは見に行かんだろうなぁ(^^ゞ。

◆オイラ、実は子供の頃はあまり漫画には詳しくなかったことは、どこかで以前書いた記憶がありますが。
いわゆる漫画週刊誌とか漫画月刊誌とかはほとんど読んだことがなかった。
代わりに、小学生の頃は、親に小学館の「小学○年生」を買ってもらってた。何歳ごろから買ってもらってたかは覚えてないが、少なくとも小学生の後半は毎月必ず買ってもらってた。
とあるサイトを見ていたら、そこの記事で「学年誌まんが照会」というサイトのことが載っていた。
要するに、小学館の「小学○年生」に掲載されていた漫画作品の一覧をまとめたサイト。
ちょっと覗いてみたら、なかなか面白くて。
自分の年代に合わせて、読んでいたと思われる「小学○年生」の項目を見ると、覚えていない作品ももちろんあるが、ああ、確かにこれあった!!、というのも結構あり、ずいぶんと懐かしい思いをしたが。
本来、このネタを書くと、自分の実年齢がモロバレなので自殺行為(激汗)なのだが、それをも押して書いた理由は、すっかり忘れていたとある漫画作品が、実に○十年ぶり(苦笑)に蘇ったのだから仕方がない(意味不明)。
その作品こそ、このサイトで紹介されている、「リボンにさよなら」に他ならないっ!!>力説するなよ(汗)。
作品内容はリンク先をご参照いただくとして。
…えーと、なんだか少女漫画っぽいタイトルですが、多分そのとおりです(滝汗)。
なぜだかはわかりませんが、とても強烈に覚えてるんですなこの作品、単発の読みきりだったにもかかわらず。
(※不意に思い出したが、しばらくの間切抜きを取っておいた記憶が(激汗))。
内容も、今思うとたいして突飛でもなくありふれたものなのですが、なんでこんな○十年も経った今でも、ぶっちゃけ紹介文を読むだけで絵が思い出せてしまうほど(その絵が正しいかどうかは別として)の記憶があるのはなぜでしょうか!?(^^ゞ。
あれかな、若かりし(笑)オイラ、主人公の少年が謎の少女の正体を確かめるために敢行したキス作戦のキスシーンにときめいたのか、はたまたラストで少女がこのままではいかんと気付いてリボンと決別するシーンに感動したのか、もはや覚えていませんが、まぁそんなところだろ(汗)。
…不意に思い出したのだが(またかよ)、確か双子の妹が死んだ姉を思い出すシーンが入浴(シャンプー)シーンだったような、ガキのくせにそのシーンにハァハァハァしたのかもしれない(死刑)。
いや、不意に昔の記憶が大々的によみがえって取り乱してしまいました、失礼。
もちろんその他にも、タイトル見て思い出した作品も、解説文読んで思い出した作品も数多く。逆にあったと思ってた作品がなかったり(記憶違いだと思います)。
なんにしろ、「小学○年生」を読んでいたオイラ的には、実に面白いサイトを見つけました。
ところで。
このサイトには敬意を表しますし、内容にケチを付ける気は毛頭ありませんが。
あくまでも、オイラの○十年前のおぼろげな記憶が元で、確証も何もないという前提において、僭越ながらその「リボンにさよなら」の作品解説の文面に、少々オイラなりの補足をさせていただけるなら。
解説文の中で、気弱な双子の妹が、死んだ姉と同じ髪形にすることで、姉の人格が乗り移るという感じの説明になっていますが。
その表現も完全に間違いではないんですが、少々ニュアンスが違うのかなと。
「乗り移る」としちゃうと、どうにも心霊現象みたいな印象を抱くと思いますが、そうではなくて。
オイラ的に言わせていただけば、どちらかというと自己暗示でして。
確か。
気弱な妹が野良犬(?)に吠えられて往生していると姉がやってきて、姉の提案で同じ髪型にしたら姉同様の活発な行動が出来て、それ以降その髪型にしたときだけ活発になれるという設定。
髪型は、妹は普通のストレートに対し、姉は今で言うツインテール、リボンで結んで作ってたので、その髪型からの脱却の物語で「リボンにさよなら」なんですが。
もちろん当時はツインテールなんて言葉はありませんでした、いやあったんだけど、ツインテールといえばグドンの餌だったので(爆)。
だからまあ、独自解説すれば、元々双子で姉と同じ体力スペックを持っていたんだけど、性格が災いして活発な行動が出来なかった妹が、姉と同じ髪型のときだけ本来の能力を発揮できたんだが、主人公の男の子の助力などで、髪型に頼らなくても(姉の幻影に依存しなくても)活発に行動できるようになる、成長物語ですな。
長くなっちゃいましたが、そんなところで。
  1. 2007/08/08(水) 23:35:37|
  2. 【旧版】マンガ駄雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する