アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

2018冬アニメ1ヶ月雑感

本題の前にちょっと雑ネタ。
今日、故あって洗車をしました、ただし寒さに負けてGSの洗車機にぶっ込みました(笑)。
そしたらね、洗車機の操作画面でドアミラー有りを選択したらね、その部分だけ洗われずに汚れ残ってたんですよ、洗ってる最中からおかしいなとは思って見てたんですがね、終わって確認したら案の定。
可倒式ドアミラーの場合は選択しちゃいけなかったのかな、まぁ大雑把には汚れが落ちて綺麗風をでっちあげることには成功したし、言っても300円だからいいですけどね(^^;。
次にそこを利用するときは試しにドアミラー有りの選択をやめてみよう、覚えてたら。
というか、洗車機の注意書きを見てたら、そういえばオデッセイの10年間って洗車機使ってなかったかもと気づいたのです、なぜならオデッセイは後方下部確認用のミラーがあって、洗車機に不向きだからなんですが(NGと言うべきか)、勘違いかもしれません。

以上雑ネタ終わり、本題。
今日は2日、ちょうど1か月前にレビュー対象の冬アニメの第1話が放送開始になったので、タイミング的には正しいともいえるし、しかし最後発のアニメはまだまだ1ヶ月経ってないので正しくないともいえますが、そんなことはどうでもいい例のアレです(大汗)。
冬アニメ1ヶ月時点での雑ネタ、感想ほぼ無し、2話以降切ったか切らないかがメインになる模様。
まずは現時点での視聴作品リスト。


月:りゅうおうのおしごと
火:よりもい、citrus
水:(なし)
木:ヴァイオレットエヴァーガーデン、ラーメン大好き小泉さん、ゆるキャン
金:(なし)
土:ダリフラ、キリングバイツ、クソアニメ(笑)、だがしかし2、たくのみ。
日:三ツ星カラーズ


全部で12作品ですか、「だがしかし2」と「たくのみ。」は合わせて30分なので実質11作品ですな。
この段階で、1話切りを突破した作品のうち、いくつか抜けているものがあります。
以下それに関しての釈明的な何かその他。


続きを読む

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/02/02(金) 21:38:55|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BS-TBS 13日深夜放送開始3作品

長らく展開してきました2018年冬期新アニメ第1話レビューも今回でおしまいです。
いや、無理やりにでも終了させます(汗)。
そんな理由から今回取り上げるのは一気に3作品、。
BEATLESS」&「キリングバイツ」&「たくのみ。」といういずれも13日深夜にBS-TBSで放送された作品の第1話を、数が多いので出来るだけそれぞれ短めにしたいと思って、いますがどうなるかはわかりません(大汗)。


BEATLESS」。

「ゆゆゆ2期」見てたら何度も予告CMが流れて、ああ、「ビート(鼓動)レス」ね、となんとなく察しはついていました。
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の感想の時に触れた、個人的に好みではないテーマの作品ですね。
それゆえ、主人公の博愛主義的な思想はどうにも反りが合いません、人間相手ならともかく相手が機械ではね、むしろ機械は機械と割り切っている友人たちの方が気が合いそうです。
内容的にマイナスなのに、さらに作画。
悪くはないです、むしろディオメディアであることを考えると頑張ってるんじゃないかな!?(笑)と思えるのですが、とはいっても並レベルだし飛びぬけて気合が入っているわけではないし、最大の不幸はBS放送分は「ダリフラ」と連続だということ、これは運が悪すぎますが仕方ないですどうしても見劣りはします。
その他諸々、キャラの行動とか全体的なつくりとか、B級感が否めません、それでも「ダリフラ」の後でなければとも思うのですが、もはや言っても仕方がないことです。
今期最大の激戦区土曜深夜枠にチャレンジした不幸もありますが、様々な合わせ技で他の強力なライバルたちを撃破するには至らず、今夏限りで終了。
まぁ見ちゃうと2時間半連続になっちゃってそれは避けたい、というのはあります。


キリングバイツ」。

どこぞで見たこの作品の感想に「きたないけもフレ」というのがあってな(^^;。
いやいやさすがにそれはないだろ、と思ったのですが、実際見たら意外に当たらずとも遠からずと感じてしまった自分がいてびっくり、まぁ動物に関する説明の部分だけなんですがね。
うん、出たな頭悪い系のバトルアクションアニメ、正直好きです(爆)。
アバンから頭悪さ全開だもんなぁ、いいぞもっとやれ(^^;。
今回限りのスポットキャラかと思った、集団強姦犯の仲間の冴えない大学生、まさかのメインキャラでしたかそう来ましたか。
獣人の設定、先天的なものかと思ったら遺伝子操作手術による後天的なものなのね、誰かが「テラフォーマーズ」って言ってた、あれは1話切りしたので詳しくはわかりませんが確かにそうかも。
エロ分が少し(?)入ったバカバトルアニメ、いかにもジャンクフード的アニメというポジションで本来の深夜アニメの姿だと思いますこういうのが。
裏(BS11)の「スロウスタート」を1話切りして、でもそのことに多少迷いはあったのですが、結果論的に正解だった気がします、こういうばかばかしい作品は完全に好物です。
予想を超えた好評価で視聴継続。
まぁバカアニメではありますが、時間的に続くクソアニメにはクソさで勝てそうにはないですが(^^;。


たくのみ。」。

30分枠を「だがしかし2」と折半した後半。
なお「だがしかし2」ももちろん見てるんですが、続編なので当ブログの感想対象外とします。
さて「たくのみ。」。
いや、酒の話だとは分かっていたのですが、なるほどさすがに酒だけでは話がもたんかったか、肴とかツマミとかがむしろメインになっちゃってる感すらある第1話でした。
それが悪いとは言いません、そういう内容の作品なのね、ということです。
もちろん、酒メインで行ってくれた方がベターだったでしょうけど、これはこれで。
女性限定のシェアハウスが舞台というのもポイント高い(謎)。
それにしても今期は、ラーメン、駄菓子、酒と食い物のアニメ、というか飯テロアニメ多いなぁ、今のところ「ゆるキャン」も多少そういう傾向があるので、いかん今期はアニメ見ると太りそう(爆)。
これはこれで悪くないと思いますが、一応「だがし2」との合わせ技での評価で、視聴継続。
ただ、さすがに録画対応ですね、直前のクソアニメはリアルタイム視聴したいですけど、これは翌日ゆっくり見るとしましょう、じゃないと夜中に呑みたくなるので(^^;。
最後にちょっとだけ、原作知らない私としては、なんだか好評みたいですが「だがしかし」は今回の2期よりも1期の方が好みかもしれません。


以上、2018年冬期新アニメ第1話レビューはこれにてすべて終了です。
いつもどおり、来月初めか今月末くらいに、1ヶ月時点でのその後ネタの記事を書く予定でおります。
今期はあれだなぁ、いや今期「も」か、毎話レビュー作品は無しな感じですかね。
来期はね、「Lostorage」の新アニメがあるので、それは対象にしたいと思っているのですが。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/01/16(火) 21:57:54|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダーリン・イン・ザ・フランキス

期待度にかかわらず視聴予定だった2018年冬期新アニメの第1話は昨夜無事すべて放送されました。
放送はされましたが、最終日が一番数が多いという鬼畜仕様だったので、正直まだすべてをこなせてはいません。
ゆえに今回はBS11他で放送開始になった「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の第1話感想を単発で。
残りは後程、今日はちょっと無理っぽいですができれば明日、場合によってはそれ以降、記事の数も複数になる可能性も示唆だけはしておきます、可能な限りコンパクトにはしたいところですが。

さて「ダリフラ」第1話。
期待の(?)ロボットアニメ。
なんでもいいけど「フランキス」って「孵卵器」のメタファーかな?。
ともかく。
作ってるところは全く違いますが、絵柄がなんか「エウレカセブン」っぽいと思いました、なぜでしょうね軍服系の衣装だったからでしょうか。
メカはタウバーンっぽいのは確かですが、言うほどそっくりとも思いませんね、大枠では似ていても細部が当然違うので、これはこれということで。
ロボットものでありデストピアモノという解釈でいいのかな。
噂によれば2クール作品らしいので、大雑把な世界設定をにおわせておいてあとは謎や疑問を振りまいただけの1話と言えなくもないですが、むしろそれが視聴意欲を掻き立てるかなと。
「きょりゅう(虚竜?)」とは何ぞや、なぜ「パラサイト(寄生)」という名称なのか、ゼロツーは虚竜の血を引くらしいがどういうことなのか、などなど。
悪くないですね、見方によっては説明不足でも、それ以降に興味を持たせられるか否かって結構大事だと思いますし、この作品はそれが出来ていたと思います。
作画も安定感あるし気合入ってると思うしいい感じです。
今後に期待という部分はありますが、切る理由はないので視聴継続。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/01/14(日) 16:09:05|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メルヘン・メドヘン&ハクメイとミコチ

終わりが近づいてきた2018年冬期新アニメ第1話レビュー、今回はまずは前回の積み残し、BS11木曜深夜放送の「メルヘン・メドヘン」と、さらには同金曜深夜放送の「ハクメイとミコチ」の各1話の感想を同時掲載です。


メルヘン・メドヘン」。

原作者とキャラ原案は私でも知ってるくらい名の通った人なのにね。
まずOPから謎の間に合ってない感、いやどう考えても間に合ってないでしょ本編の流用多すぎ、素人が作ったMAD動画レベル、これで完成版ですだったら救いようがないです。
主人公のモノローグでお話が推移、さすがに多くないかなモノローグ、なんか某西尾維新原作のアニメを彷彿とさせる、演出なのか原作通りなのか知りませんがなんか違和感しか。
主人公の少女もあまり好きになれるタイプじゃないですな、身の上が不幸なのはわかるけど、シンパシーは抱けないしそういう「設定」という印象がしてしまうのはなぜだろう。
後半は主人公少女の入浴シーンから始まって全裸逃走展開、そういう方面特化アニメなのかと思ったらいきなり変身バトルアクションモノの様相を呈し、これターゲットはどの層なの!?。
まぁいろいろと、演出なのか構成なのか素人にはわかりませんが、その他含め多方面で残念な部分ばかりが目立ち。
興味を惹かれたのがバトルアニメっぽくなるラスト部分だけという始末。
さすがにこれはね、下手するとデスマ次郎の方がまだ見れたかもしれんというレベル。
さらには前にも書いた通り、アニメ視聴デスマーチの木曜のしんがりという不幸もあり。
期待はしていなかったのでこれもある意味予定通りですが、今回限りで視聴終了。
そういえば、このアニメがもろ被ってきた影響で、今期のノイタミナ0話切りしたんだけど、まぁあっちもあまり興味なかったし特に問題はないか(^^;。
これを切ったとしても、木曜夜は京アニ小泉ゆるキャンというなかなか強力なラインナップ。
それらと比べちゃうと、そりゃ切るよなとご理解いただけますと幸いです。


ハクメイとミコチ

いわゆるコロボックルもの、と言って普通の人(?)はまず「とんがり帽子のメモル」を思い出すと思うのですが(年齢がばれるぞ)、できれば「ストレンジドーン」も忘れないであげてください(^^;。
まぁ、予想はしてましたが、リトルウィッチアカデミア(LWA)と同系統の作品でしたかやはり。
内容ではなく立ち位置の問題、良作過ぎて深夜アニメとして適切ではないという意味で。
LWAの感想でも書きましたが改めて書きますと。
深夜アニメってジャンクフードなんですよ、嗜好品なんですよ、そうだとわかって見るべき領域のものなんですよ。
それを理解しそれでもなお見ている人間に、ジャンクフードを食べたがっている人間に、栄養満点の健康的食品を提供されても、今はそれはノーサンキューとしかならないんですよね。
あるいは、ビールを欲しているときに栄養ドリンク出されても困るでしょ?。
そういうことなんです。
モノは良いと思うので、なぜ深夜アニメなのか、どうしてニチアサあるいはNHKで放送しなかったのか、という疑問しか湧いてきません。
これまた予定通り的に視聴終了。
繰り返しますがモノは悪くないのでまっとうな人は見続けてください。
しかしこれで金曜もアニメ休日になりました。
今期のアニメは木曜と土曜の集中が尋常じゃなくハードなので、水曜と金曜がアニメ休日になってくれたのは助かります、さすがに木土の状況を考えるに完全に休みの日がないと。
ただ、今期のように特定の日に集中して特定の日が完全にゼロというのと、1日あたりは1作品程度だけど休みなく毎日アニメがあるのと、どちらがいいのか楽なのかは一長一短、なんとも言えません。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/01/13(土) 14:50:44|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BSS11京アニ新作&デスマ次郎

昨夜から、実質最後の対象作品へ向けてのラストスパートの三日間に突入した、2018年冬期新アニメなのですが。
これが曲者でしてね、今期は木曜と土曜の夜に視聴作品が集中、全部見ちゃうと連続2時間以上とかいうまさにアニメ視聴デスマーチ状態です(笑)。
まだ同じ日にすべての作品が放送開始にならないだけ助かってますが、そんな事情から本来当ブログでは、放送翌日に感想を上げるを基本としておりますところ、今回ばかりは緊急事態、以降かなり変則的な記事更新になります、その点だけご了承ください。
ということで今回の2018年冬期新アニメ第1話レビューは、昨夜BS11で放送開始になった「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」と「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の2作品の第1話感想を同時に。
なお記事表題、正しい表記で作品名書くととんでもない長さになりますので、今回ばかりは略称でご容赦を、略称ではないものも含んでますが。


ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。

今期の京アニ作品、というか「メイドラゴン」以来1年ぶりのTVアニメでしたか、そんなに空白期間があったとは思いもよりませんでしたが。
しかし、作画はさすがの京アニ、他の追従を全く許さない、とてもTVアニメとは思えないレベル、まぁこんだけのモノ作ってればそりゃ年1作にもなるわ、その間劇場版とかも作ってるしなぁ、作画に関しては京アニの絶対的優位は揺るぎませんな。
内容。
アンドロイド的な人造物の少女が人間性を得る話、かと思ったら違うなこれ、一般的な感情や常識は欠落しているけど、ヴァイオレットは生物的には普通の人間だなこりゃ。
詳細は不明ですが、幼いころから戦士として特化した育てられ方をしたのか、兵士としては優秀だけど普通の少女が普通に持ち合わせるものがない、それを得ていく話ですな。
思考や感情の表現が戦闘特化だし、腕が機械化されている描写もインパクトがあるのでミスリードをきっと意識して作っていると思いますけど、人造物なら入院治療して回復させたりはしないでしょ、修理するでしょ普通は。
さらによく見れば、アンドロイド的というよりメンタルはむしろ犬っぽいですな、主人(少佐)を異常なほど気に掛ける、命令に忠実、それに義手に慣れてないとはいえ口を使う(回想含む)、犬のぬいぐるみを選ぶなどメタファーも潜んでますな。
ヴァイオレットが何者なのかはともかく。
ヴァイオレットが人間性を得るお話しっぽいので、ヴァイオレットが恋や愛を知る物語にはなっても、ヴァイオレットに恋する話にはならない感じで助かりました、いや可能性は残っているのでそうならないでほしいという期待も込めて。
いやねあるでしょ、人造生命に恋愛する物語、割とありますよね、そういうのどうにも受け付けないんですよ特に機械相手のは、機械は機械としか思えないので、それを人間と同等とは考えられないので。
いや待てよ、ヴァイオレットはどうにも人間っぽいから、そこは問題ないのか(^^;。
ともかく。
ストーリー的にはさほど奇をてらったものにはならないようです、悪く言えばありきたりですが、圧倒的作画力がそれをカバーして余りありますし、なにより京アニのブランド力がすさまじいので、よほど登場人物が男ばかりとかじゃない限り、見ないという選択肢はないので。
やはりアニメーションなんだから作画は大事ですよね、ストーリーが良くても作画がひどいと良さをスポイルしちゃいますし、しかし逆ならあまり気にならなかったりしますし、まぁ超絶作画でも内容がメタクソならどうしようもないですが。
当然のように視聴継続、京アニの雷名いまだ健在なり(笑)。


デスマーチからはじまる異世界狂想曲」。

誰が言ったのか「デスマ次郎」とはよく言ったものだと感心します(^^;。
内容に関する感想は、一応メモったのですが、面倒なので省略します(汗)。
正直「スマホ太郎」より全然見れたし面白かったです。
ただ、それ以上ではない、スマホ太郎よりはマシ止まりですな残念ながら。
シルリン、大沼心、OPがランガEDがWUG、そのへんがプラス要素でしたが。
内容も、まぁ今回1話はイントロダクションでもうちょっと進むのかと思ったらそうでもなかったし、というか10分間費やした転生前のサラリーマン描写、あんなに長く必要か?。
この記事の冒頭でも書いたとおり、木曜は個人的にアニメデスマなのです、先行する京アニ小泉ゆるキャン軍の間に割って入れるほどのものが、この作品にはなかったということで。
デスマの中に飛び込んだ不幸はあります、別の過疎曜日だったらもう何回か見たかもしれませんが、喧嘩を売った相手が悪かったとしか。
これまで見ちゃうとマジで、京アニデスマ次郎小泉ゆるキャンの2時間連続コースになっちゃうので、さすがにそれはご遠慮申し上げたいということで。
これまた予定通り的に1話切り。
ただし思ったほどひどいとも思わなかったので、ネット動画あたりで少し以後をチェックしてみるかもしれません、というかむしろコメント付きで見るのに適した作品なのかなと。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/01/12(金) 21:43:07|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する