アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

ふぁいなるおくとばぁ

★10月ももう今日で終わりですねー(月並感)。
ということは、すっかり忘れてました(汗)が、このブログを別ブログと統合して「アニマン雑記 散」になってから丸4か月経過したということですね。
特にめでたくもないのですがなんか気づいたので(^^ゞ。


★今日は午前中、というか午前9時過ぎ頃ですね、さすがに寒くて。
今シーズン初めてファンヒーターを使っってしまいました。
寒いと言っても気温は二けたはあるので、暑くなってすぐ止めたり、でも止めるとやっぱり寒くてまたつけたりしてましたけど(笑)。
陽が出ると室内はそれなりに暖かくなるんですがね、照らないとちょっと厳しい、もうそんな時期になったという実感、明日からもう11月ですしね。
とはいえギリギリ10月だし、迷ったんですけどねさすがに、ちょっとまだ早いかなファンヒーター使うのはということで。
しかし、実は前シーズンからファンヒーターに入りっぱなしの灯油(大汗)を早めに使っちゃいたいという気もありまして。
しっかりした対策をせずにシーズン越して夏を経験した灯油は劣化してて暖房器具にいい影響を与えないから良い子はマネしないでね!!(滝汗)。


★なぜかは知らねど、例の寒くなると調子が悪い外付けHDDは、今朝はいつもの対策も効かずドライヤー攻撃敢行(笑)。
おかしいなぁ、昨シーズンは真冬でも効果があった対策だったのですが。
とはいえ、昨晩もすでに不調だったので、寒さに対する耐性が落ちているすなわち症状が悪化しているのかもしれません、まぁ良い方向にはいきませんわな。
しかし、おかげでドライヤー攻撃がかなり効果があることが判明、これが今回の怪我の功名というか収穫でしょうかね(^^ゞ。


★前に書いた不調FDDの件。
連続で使わず、1枚1枚ちょっと間隔をあけて、休ませつつ使うと調子いいみたいです。
あるいは、閲覧ソフトによる差もあるかもしれない雰囲気が。
私はファイル閲覧をするときは、スタートメニューのアクセサリーの中にある「ファイルエクスプローラ」を常用しているのですが、ちょいとばかりプラグインを入れてカスタムしてあるので、もしかしたらですがそれが何か影響をしているのかもしれません。
というのも、それでダメでも「マイコンピュータ」や「マイドキュメント」だと大丈夫というケースがあったりしたので。
もちろん「マイコンピュータ」や「マイドキュメント」でも万全ではないのですが、「ファイルエクスプローラ」を使い続けるより復旧が早い感じになってました。
なぜでしょうね、どれも同じプログラムを使ってると思うんですが。
でもプラグインが有効になってるのは「ファイルエクスプローラ」だけで、他のは効いてないんだよなぁ、何かがちょっと違うのでしょうね。


★東京モーターショー(以下TMS)、始まったのかそろそろ始まるのか、そんなタイミングですが。
実はTMSには、私は過去に2度、10年に1度の頻度で行っており(1995年と2005年)、今年がちょうど当たり年なんですが。
偶然とはいえそんなサイクルは自覚していたので、出来れば今年は行きたいなと思っていましたが、どう考えても今年は無理っぽいのであきらめて引きこもってます(涙)。
そういえば、TMSがあるということは、仙台MSもあるのかなぁ、あったらそっちだけは行きたいですけどね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/31(土) 14:29:38|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012022101 相馬

ある程度の頻度ではやっておきたい「写真晒し」ネタを今回は上げるとしましょう。
折を見てやっておかないと、わりかしネタが溜まってたりするので、また機会を逸してしまいかねませんので。
ネタが溜まっているとは言っても、内容的にはいつものごとく箸にも棒にもかからない程度のくだらないものですし、言うほどたくさん溜まっているわけでもないのですけどね。



サムネイル


毎度おなじみ(?)知人のA氏に誘われて、目的もなく福島の相馬方面に行ってみたときの画像です。
目的がないと言いますか、表題からわかるとおり3.11から1年経過直前の時期で、海沿いの地域がどうなっているのか知りたいという、仙台出身ではあるものの現在(当時も)別の地域に住んでいるA氏の希望があったと記憶してますし、私自身もそれに賛同したというのはあります。
あまり明確に記憶に残ってはいませんが、確かまだ高速が無料だったので(この頃は罹災証明ではなくETC対応だったかな?)、まずは仙台東部道路を南下、ただし乗り口は東北道のICだったと思います。
当時最南端の山元ICだと思うんですがそこで高速を降り、あとはひたすら国道6号を南下。
だったのですが、どこかの地点から、6号よりさらに海寄りの道に入って、とにかくひたすら南下(汗)。
途中相馬の港などに寄ったりして、それでもひたすら南下、順番としては6号→相馬港→さらに海側の道路南下、だったかもしれません、まもなく5年前のことになりますのでちょっと詳細は不明。
最終目的といいますか、行けるところまで南下しようということでして、結局のところその目的地というのは。



進入禁止区域


まぁこれですわな(汗)。
ニュースでは目にしていたものの、リアルでは目にしていなかったので、実際に確認したということです。
この画像は前にもどこかで使った気がしますがまぁいい、使ったとしてもmixiだろうし(謎)。
当然のことではあるのですが、本当に立入禁止になってたという、でもこの目で確認したいという欲求は満たされたということです。
この場所が今現在どうなっているのかは不明です。

これを見たかったというか、この地点まで到達できるのかということにチャレンジしたと言った方が正確なのかもしれません
とりあえず、目的は達してしまったので。
あとは引き返すだけなのですが。
ただ引き返すというのも味気ないので。



道の駅のラーメン


国道6号沿いにあった道の駅で食事をして帰りました。
その時に食したラーメンの図を載せて今回はおしまいにします(汗)。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/29(木) 22:15:41|
  2. 過去の写真を晒す_2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもとつぜん

★普段は基本的に全く使ってない古いVAIOのノートPCがあるんですがね。
どうやら、そのVAIOのHDDが逝ったようでございますorz。
もちろんブート用の、メインシステムが入っているHDDですよ。
ちょっとここ何日か、つまらないいたずらをしていて、今日もその続きをしようと思って電源入れたら反応なし、というかNO SYSTEMだそうで、どう考えてもHDDお亡くなりになってます本当にありがとうございました(汗)。
いやぁ~、昨日まで普通に動いてたのにね、とはいえPCがダメになるときってこんな感じに突然ですよね経験上。
古くて買ったそのままで何もいじってないノートPCなのでメモリーも256しかなくて、何をするにもHDDカリカリ全開で頑張ってたので、あまり使っていなかったとはいえ負荷は大きかったのかもしれません、それとノートPCって冷却の問題とかもあるのですかね、HDD逝った経験はいずれもノートPCでですな。
まぁ先述のとおり普段は使っておらず、使うとしてもFDDとしてしか使ってなかった(メインPCのFDDが不調で、ネットワークでつないでFDDだけ活用していた)ので、普段のPCライフ(笑)に何か多大な影響を及ぼすものではありません。
しかし、腐れとはいえ一応でも、メインPCが不調をきたした時のサブ機ではあったので、いざというときVAIOを失うと厳しいのは事実かもしれませんけど、古いマシンだしまぁしゃーない。
やむを得ないときだけ使ってましたが、メモリの問題もあるしそもそもCPUもたいした性能なさそうだし、とにかく遅くてストレスマッハだったのでね。
ネットを見るだけならスマホで出来ちゃったりしますし、実際VAIOのBIOS起動の方法をスマホで調べたりしましたんで、便利な時代になったなぁとしか(汗)。


★そんな感じでVAIOが死んでも、いたずら自体はやめない愚か者です(大汗)。
お察しのとおり、いたずらというのはFDDを使ったモノです、いやホントたいしたことはない、単にFDに無用にデータを移動させるだけなんです。
しかたがないので、絶不調のメインPCのFDDを何年かぶりに復活させました。
BIOSで無効にしてたのでそこから設定直して。
はたしてまともに動くのか!?(笑)。
結果は。
あーやっぱり、機械が勝手に直るわけもなく、不調であることは変わりないですね。
最初は大丈夫でも使っているうちにどんどん状態が悪くなっていきます。
しかし、少し休ませるとまた戻る感じです、特に緊急にやらねばならないことでもありませんし、だましだまし少しずつやっていくことにするとしましょうか。
なんかね、最後の手段で、98SEが乗ってるさらに古い、捨てずに不良債権になってたノートPCまで久しぶりに電源入れてみたのですが、動くは動くんですがどうもダメっぽいのであきらめました(笑)。
というか、それらのノートPCのFDDだけ、メインPCに移植できないのかな?(汗)。


★んでね。
そのくだらないいたずら作業(FDへのデータ移動)を、VAIOからメインPCに替えたら。
作業効率が上がる上がる(爆)。
なんということはない、普段使っているメインPCはマウスで作業してて、VAIOはノートPC付属のなんていうんですか?、指で動かすパッドあるじゃないですか、それでの作業なので、完全に慣れの差が出ただけのことなんですけど。
もちろんPC自体の性能差というのもあるかもしれませんけど、やっぱり自分はマウス派ですかね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/27(火) 20:19:06|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ときのながれにみをまかせすぎ

★昨日は宮城県議会選挙の投票日でした。
何日か前の記事で、
『某候補は期間中2度も近所で名前連呼していきやがりましてすっかり名前を覚えたので絶対に入れん』
と書きましたところ。
まさかマジでその候補落選するとは(爆)。
あーなるほど、だからあんなに必死だったんだ、きっと危ないという情勢分析してたんだなー、と思う一方。
本心ではやはり、ざまぁ!! m9(^Д^)プギャー 、なのであります(^^ゞ。


★某Yが10月からXPでは一部機能が使えなくなるという話だったのですが、いやいまだにポータルには表示されたりするのですが。
もう10月末なのにいまだに使えてるんですけど、いつになったら使えなくなるんですかね?(汗)。
もちろん使えなくなることを期待しているわけではありません。
ただ、使えなくなるというからいろいろ対策したので、もし単なる脅しだったのならその労力分を返してほしいと思わないこともなかったりします。


★自分が年を取ったなぁと感じる節目ってありますよね。
たぶん第1回目のポイントって、高校野球の選手が年下になったタイミング(汗)だと思うんです。
次がアイドルが年下になった時、かな。
その次くらいに、横綱が年下になった時(大汗)でしょうかね。
私のような特定ジャンルの趣味を持っていると、アニメの主役(主にヒロイン)の中の人が気づいたらほぼ年下(笑)というタイミングもあるかもしれません。
そして。
例の大正義球団の次期監督が決まったり、その他チームも合わせ技で、気づいたら来期のセ・リーグの監督が全員年下になったという件はかなりダメージが大きいですorz。
ではそろそろ辞世の句でも詠んでおきましょうかね(白目)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/26(月) 22:47:28|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落第騎士3話&VDM2話

表題で独自の略称を使いましたのでわかりにくいですが、今回は「落第騎士の英雄譚」第3話と「VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」第2話の感想を手短に。


落第騎士の英雄譚」3話、つまらなくはないのですがもう一歩盛り上がりに欠ける感じがしたのは、もしかしたらステラが強くないから、ダイレクトに強い描写が少ないからなのかなと感じました。
新入生ではあるけど伐刀者(ブレイザー)ランクではAを誇るステラは充分に強いはず。
しかし彼女の今までの戦績は、1話では一輝に完全に負け、3話では正式な試合ではないし人質ありの状況とはいえ負けてはいないけど勝ってもいない、しかも相手を見誤りカウンターまで喰らっている始末。
2戦して1度も勝ってないのです。
この作品は最弱といわれた主人公が強い連中に勝っていくところにカタルシスがあると思うんですが、ならば強い連中は強いところを見せておかねばならないと思うんですよ。
ステラの強さが表現されないと、1話の一輝の勝利もかすんでしまうと思うのですが。
そして今回の手柄をかすめ取った桐原静矢って伐刀者ランクはCなんですよね強そうに見えましたが、ということで完全にかませ確定(笑)なので、それも含めて次回以降に期待したいところです。


VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」2話でもいい感じで百合百合してましたなぁ(^^ゞ。
やっぱり百合<<エロになっちゃってるところは、出来れば改善してほしいところなんですが無理でしょう(汗)、まぁエロはエロでも基本男出てこないし百合レズエロだから問題ないな!!(白目)。
勢いはある作品ですな、加えてバカアニメテイストもあるので、よろしいと思います。
エクスターがフュージョントランスする仕組み上しかたがないのですが、ちょっとイチャイチャしすぎじゃないですかね全体的に、というかレディ・レディはもうちょっとTPOをわきまえてイチャイチャすべきだと思うんですが、まぁそれもまたよし(マテ)。
てっきりフェステ(城)の中での話になるのかと思ったら脱出しましたか、まぁ確かに、そうじゃないと17歳さんのキャラとか出て来ようがないですしね。
とりあえず今期の百合枠なんで土曜夜は楽しみにしています(^^ゞ。
ところで、1話での冴島のパートナーのM娘ちゃんの中の人がアリスかと思ったら今回のトレーナーの中の人が猪熊陽子だった件、さて次はだれがきんモザから参戦するのかな?(大汗)。
それ以上にシャルロットのパートナーっぽい蝶の羽みたいなの(あるいはクシャトリヤ)生やした娘の中の人がイカちゃんだったよ気づかなかったけどorz。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/25(日) 12:03:11|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ときーはにせーんじゅうごねん

★すっかり寒くなってきましたね(時候の挨拶)。
陽が出る日中はともかく、朝晩や午前中でも9時前後くらいまでのまだ部屋が冷たいときは、季節の移り変わりを実感します。
そして外付けHDDの寒さ対策も本格化した模様(汗)。
対策といっても何度も書いている通り、とりあえず電源入れてみて動かないことを確認して、それから配線外してまだ温かさが残る布団の中にブッ込んでから朝食に行くだけなんですけどね(笑)。
しかしこの単純な方法侮れないんです、完全に100%復活しますので(爆)。


★そういえば次の日曜選挙だった、超めんどくせーなぁ(愚民並感)。
まぁ、選挙活動が認められてるのは投票日前日の土曜、すなわち明日までなのでそれまでの我慢ということですかな(笑)。
我慢というのは旧態依然とした選挙カーによる大音量候補者連呼公害の被害ということです。
某候補は期間中2度も近所で名前連呼していきやがりましてすっかり名前を覚えたので絶対に入れん(爆)。


★昨日でしたか、バックトゥーザフューチャーのデロリアンが行った年月日ということがずいぶんと話題になってましたけど。
BTTF見てない私からすればどうでもいいことで。
むしろ2015年といえば、エヴァンゲリオン…でもなく。
ジェッターマルスの生まれた年だろjk(汗)。


★PCに限ったことではなく最近ではスマホでも同様のことがあるかもしれませんが、今回はPCの話。
PCに、新しいソフト(主にアプリ)をインストールしたりあるいはアップデートしたりすることには一生懸命になったり注力したりするのですが。
古いモノ、もっと言えばもはや使わなくなったもの不要になったものを整理する、具体的に言えばアンインストールすることは、ついつい忘れがちになってしまいます。
なんかね、何日か前に不意にね。
5月に解約した以前のスマホ用のドライバとかアプリが入ったままになっているのに気付いた(汗)。
当然もう全く使わないし不要だし、入れておく必要は完全にないのですが、アンインストールするのをすっかり忘れてたんだなぁ(^^ゞ。
削除して領域を解放したところでたいして空きが増えるわけでもなかったのですが、要らんものを入れておくのは主義に反する(笑)ので即座にアンインストール。
PCのHDD容量はさほど軽くはなりませんでしたが気分は軽くなりました。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/23(金) 22:25:09|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメルシ&アリアAA 各3話

表題通り今回は「コメット・ルシファー」と「緋弾のアリアAA」のそれぞれの3話の感想を可能な限り手短に。


2話まではそれなりに見れてた「コメット・ルシファー」ですが3話で突然雲行きが怪しくなってきました。
キャラクター、特に主人公側の行動が完全に低年齢の少年向け作品のフォーマットですね、理屈よりもハラハラドキドキワクワク感優先。
それゆえいい年こいたオッサンが見ると違和感を覚えるのはやむを得ないところです、振り返ってみれば過去のエピソードで部分的に感じてた違和感はその兆候だったということです。
そういった作風を否定はしませんし、むしろそういう作品は必要だとも思います。
ですが問題は、この作品はあくまで深夜アニメであるということ。
年少の者が見てていい時間でも、そういう層向けの作品を放送すべき時間枠でもないということ。
放送時間か視聴ターゲット、どちらかを改めないと厳しいかなと思います。
似たようなことをやった「FンタジスタDール」がどうなったか知らないはずはないでしょう。
ただ、敵側(軍側)の描写に限れば、少年向け作品とは言い難いものになっているのが悩ましいところ。
二兎を追うのはやめた方がいいと思います、特に低年齢層と高年齢層(笑)の双方に訴求可能な作品はそう簡単には成し得ないとしか言いようがありません。
リアルロボットとスーパーロボット両方を狙った「Aルジェボルン」ってどうなりました?。
今すぐ切るというわけではありませんが、要再考ではあるでしょう。
次のタイミングは5話時点ですかね。


緋弾のアリアAA」はなぁ、面白くない(直球)。
前のシリーズ(TBS)もこんなに面白くなかったっけかなぁ、もうちょっと見れたと思うんですが、あまり詳しくは覚えてませんけど(汗)。
アクションものとしてもうちょっとマシだった気がするんですが前シリーズは、覚えてませんけど(大汗)。
今シリーズはそれもなく、完全にギャグアニメと化してるんだよなぁ、元々ギャグアニメでしたけど(笑)。
百合百合してればいいってもんじゃないと思う、そもそもそういう作品じゃないと思うんですが(そういう要素が皆無だったとは言いません)、というよりその系の作品は今期はもう枠が「ヴァルキリードライヴ」で埋まってますので。
違うな、そういう系の作品が複数あっても問題ないのですが、この作品ではあくまで要素の一つにすぎず弱いんですよね、そしてそういう部分を売りにする作品でもないと思いますし。
これも厳しそうな感じになってます、すぐに切ることはないと思いますけど、このままだとあまり先は長くないかもしれません。
水曜はこの作品だけなんでね、切っちゃえば水曜も休みになるのでね。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/22(木) 21:00:37|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012010701 青葉神社他

今日の最大のトピックスは、人間立ってると地震にわりかし気づかない、ということがわかったということですかね!!(笑)。




ちょうど出かけるために外に出て玄関の鍵を閉めてる時だったんですよ。
なんだずいぶん玄関がガタガタいうなぁ、そんなに風強いのかなって(笑)。
自転車乗るために家の裏側行ったら、家全体が何だかガタガタいっててね、おかしいなぁそんなに風強いとも思えないんだけどと考えてた一瞬後ですよ、ようやく、もしかしてこれ地震!?、って気づいたのいや面目ない(^^ゞ。
マジで立ってると分かりませんわ、泉区震度3だったらしいんですけどね(汗)。
いかに人間の二足歩行が不安定なのかということが科学的に証明されたな!!(違)。

さて、ヨタ話はともかく。
昨日一昨日と更新を休んだ理由は大きく三つあって。
一つは意図的に、連続更新を途切れさせたかったからという謎な理由。
二つ目は本当にネタがなかったから。
三つ目は勘違い、まさか2日も更新してないとは思ってなかった(笑)。
まぁ過去の経緯を考えると二日程度どうってことはないですし、ネタ切れというのもちょっとウソですな、そういう時のためのストックはありますしね。
そんな感じで無駄な前置きが長くなりましたが、たぶん1ヶ月ぶりくらいの、久しぶりの「写真晒し」カテゴリ記事です。
当初目論んでいた本年中に2012年分を終わらせるというのはかなり難しくなった感じではありますが、それでもさすがにそろそろ書いておきませんとねということで。
今年中に2012年分を使い切れないというのは嘘ですな、更新頻度を上げればなんとでもなります、しかしその気も予定もありません、あくまで週1ペースが目標です。



サムネイル


ということで今回から2012年撮影分に突入。
毎度おなじみ知人のA氏と連れ立って行った初詣その他で撮った写真です。
あー、さすがに1月7日なので初詣だったかどうかは微妙ですが、しかしほぼ初詣だった気はします。
とはいえそれが目的で行ったわけではなく、あくまでどこかに行こうやと目的もなく出歩いているうちに、その場のノリで行ったような記憶が蘇って来ています。
画像が全部で3つ、うち2枚が青葉神社での撮影分、残る1枚が昼食のラーメンの画像という、相変わらず使いようのない画像ばかり(大汗)でして、もはや選択の余地もないのですが。



青葉神社


まぁメインの表題になっている青葉神社の様子からでしょうなぁチョイスするなら。
特にコメントすることもないのですが、青葉神社ということから二つほど。

ひとつめ、ゲームやアニメなどで伊達政宗公のファンになった皆様、痛絵馬(笑)を奉納するなら青葉城址にある護国神社ではなくこの青葉神社にしましょう。
なぜそんなことを言うのかに関しては、実は過去にも一度取り上げております、重複になりますし過去に書いた以上のこともないので、詳細は過去記事を参照願います

ふたつめ。
青葉神社といえば今や、「WUG」の劇場版ではなくTV版第1話に登場したことで有名です(当社調べ)、そうです島田真夢と林田藍里が参拝してた神社です。
なお劇場版に登場したのかしてないのかは見てないので不明(大汗)。
なにやら聖地巡礼のルートにも組み込まれているとかいないとか。
「WUG」TV版が放送される2年も前にこの地に訪れていた私は先見の明があると言えますな(言えません)。
ま、あれだ、なんだか新しい劇場版が公開になったとかまもなくなるとかいうタイミングなので、ちょうどいま出しておくべきナイスタイミングな話題ということで書いてみました(汗)。
それだけ(大汗)。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/21(水) 22:31:42|
  2. 過去の写真を晒す_2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴァルキリードライヴ

2015年秋新アニメ第1話レビューは、今回の「VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」に関するこの記事で最後になります。
今期は10月下旬一歩手前までかかりましたね、もちろん過去にそういうことは何度もありました、むしろもっと早い時期で終わった前期が特別と言えるかもしれません。

本編が放送になるまでの間、見聞きして集まってくる情報(バレ含む)がどうにも期待していたものとは逆のものばかりで、少々ブルーになっていたのは事実です。
やはりこのアニメは「百合要素<<<<<エロ要素」な作品なのでしょうか。

実際放送が始まって、序盤(アバン部分)を見ているうちに、あれっこれって「クロスアンジュ」だよな舞台設定などといまさら感じました。
主人公たちの置かれた状況はほぼ同一。
しかし中盤終盤の、画像表現やノリからは「キルラキル」的なものも感じまして。
言うなれば、ノーマ隔離施設がアルゼナルではなく本能寺学園で、極制服の代わりにペアの片方が武器になって戦う作品。
と思ってたのですが、どこぞで少女が武器になる様を「エレメンタルジェレイド」と称していたのが妙に納得したので(笑)。
ノーマ隔離施設である本能寺学園でエディルレイドを使って戦うアニメ、という表現の方が正しそうです(笑)。

結局のところ「百合<エロ」であったのは確かですが、不等号の数はあまり多くない感じ。
というより、エロ描写において女性キャラが男や淫獣(笑)や機械などにエロ行為をされるのではなく、少なくとも1話段階では完全に女性同士のエロ行為なので、ものすごく大きな枠で百合と呼べないこともなく、その意味で実際にはどぎついエロシーンが緩和されているのではないかと考えます。
ほら、おぢさんなにぶん百合好きなんで(大汗)。
加えて、バトル要素とバカアニメ要素をそこそこ感じ取れて、それらもエロというマイナス要素の中和には役立っていると思われます。
いや、そもそもエロというよりもはやあそこまで行っちゃうとエロシーンそのものがバカアニメの範疇な気すらします。
どう考えても肩ひじ張って見るアニメではありませんし、しかし単純なエロ特化型のアニメも見る気はしませんし、バカ要素とバトル要素と百合要素が入ってくれているので何とかなりそうです。
ただし、今回は作画がそれなりにいいレベルでしたが、これが崩れたら命取りになるでしょう、「キルラキル」とは違うベクトルで作画で見せるアニメだと思うので、どれだけバカ方面バトル方面で訴求できていても絵が厳しくなったらかなり厳しいんじゃないかなと思います。

結果として、内容に関しては事前の危惧通りでしたが、別方面の要素のフォローがあったのでマイナスが相殺された、そんなところで暫定マークは完全には消しきれないでしょうけどとりあえずでも視聴継続。
EDが久しぶりの電波ソングなのはプラス要素(笑)。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/18(日) 12:04:55|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落第騎士 2話

なにやら巷では「デレマス」最終回の話題で持ちきりのようですが、当ブログではそれにはノータッチで(笑)ある意味今期のダークホース的「落第騎士の英雄譚」第2話のものすごく薄い感想まがいの記事を上げたいと思います。

なにぶんMXでの放送が日曜深夜(月曜未明)、BS11が昨夜ということで、やむを得ず目撃したバレネタで少々不安になっていたのですが、結果としては思ったほど印象は悪くならなかったといったところです。
病弱先生の中の人がもこっちなのはやっぱり狙ったキャスティングなのかな?。
あー新キャラの主人公の妹がダメな人だったかー(笑)。
とはいえ確かにいろいろアレな思考を持ってる珠雫ですが、その根本には兄・一輝と家との関係などがあってただ単にアレなだけではなく理由があるとしたのは意外だったかも、無論私がこのてのアニメではそういう部分の描写が薄いと偏見を持っているというのはあるでしょうけど。
てかギャグアニメだったかー、てっきり熱血バトルアニメかと思ったけどギャグアニメだったかー、ちょっと残念だなー(棒)、でもそれって今期だとひだんn(ry。
いろいろと説明回だった2話、1話で説明が不足していると一部で言われてた、一輝と家との関係とか学園への介入とかが明らかになり、そっち方面での期待は上がったと言えるでしょう。
ただ、折角そういう要素があるのに、ギャグあるいはコメディっぽい部分はともかく、エロ要素はあまり要らないなぁ、個人的にはそういうのなくても問題ないと思います。
というよりステラがすっかり完全にちょろちょろポンコツ姫になってたんですけど(^^ゞ。
そっかー、ステラは姫様らしいけど、姫は姫でも泡姫だったかー(爆)。
なんでもいいけど早くバトルものテイストに戻りませんかね。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/17(土) 12:35:42|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せんきょのわだいとみせかけて

★なにやら我が県の議会選挙が始まったらしく早速うるさいです(笑)。
投票日は25日だった気がします、いい大人なんだからそれまでは我慢しないとね(^^ゞ。
でも旧態依然とした選挙カーでがなり立てる手法は正直疑問でしかありません。
我慢はしますが、もしも明日のG鉄血を見てるときにうるさくした候補がいたら、その人には票を入れない方向で臨みたいと思います(爆)。


★今朝も外付けHDDは不調でした、もう毎朝対策しないとダメですかね。
ま、朝起きて一発、電源入れてみて動かなければ対策とればいいだけなんですけど。
去年はいつ頃だったかなおかしくなり始めたの、こんな早い時期だったかしら。
と思って過去記事の原文を漁ってみたら11月っぽいんだよなぁ、やっぱり今年は早いと思います。
明日以降どうなるかはまだわかりませんけど。


★こんなこと書いても何の得もないし面白くもないのですが。
いつも火曜日に行っているデータのバックアップ作業、次のタイミングは20日の予定だったのですが、様々な都合により前倒しして本日行いました。
最近は月曜に予備作業、火曜に本作業というパターンだったのですが、1日で出来ちゃいましたね、てか出来るんだいやわかってたはずだよ1日で出来るってことは(笑)。
本作業よりむしろ予備作業の方が時間かかるしね、いや予備作業が本作業なのか!?(謎)。
後ろにずらすかなとも思ったのですが、前倒しで敢行。
おかげで次の月火は心置きなく別のことに時間を使えます。


★そういえば柿の収穫は終わったけど洗車をいまだにしてなかったorz。


★「アニマン雑記」、今期の毎話レビュー対象作品をいまだに決められません。
ということを書こうかと思ってたのですが、よく考えてみたら、何のためにブログを統合したのか、本来新アニメの第1話だけが対象の「アニマン雑記」で、そのネタが尽きたときに過疎ってもいいように統合したんじゃなかったのか、という原点とでもいうべき姿勢をいまさら思い出しましてね(汗)。
もしかして、むしろ全エピソードレビューを書く作品を決めない方がいいんじゃないかとすら思うようになってきました(大汗)。
なので、まだどうなるかわかりませんが、もしかしたら今期は全エピソードレビューする作品を設定せず、あくまで是々非々で感想のようなものを書きたいときに書く、という姿勢で臨むことにするかもしれません。


★いくらもともと穴埋め目的で設置したカテゴリとは言え。
「写真晒し」カテゴリの記事もそろそろ書いておかないとね、いつでしたっけ最後に記事書いたの、先月であることは間違いないと思うんですけど。
予定ではもしかしたら今年中に2012年分を使い切れるかな、なんて思ってたのですけど、週1の更新ペースだと間違いなく無理なタイミングになってます。
使い切ってしまう必要はないんですけどね。


★ちょっと話題が前後しますが「アニマン雑記」の今後の予定。
明日夜放送開始になる秋の新アニメの感想を持って、この秋の新アニメの第1話感想ラッシュはおしまいになります。
明日夜放送ですから感想は明後日以降ですね。
最近はとりあえず1話が全部放送終わったくらいの時点で、取捨選択結果のまとめ記事を上げてたりするのですが、今期は無駄に2話まで感想書いた作品が複数あったりしますので、そういう記事はすぐには書かない予定です。
いまのところ、今月末くらい、放送開始1ヶ月経過くらいのタイミングで、そういう取捨選択結果とその後の経過をまとめた感じの記事を上げようと思っています。
なので10月末から11月頭あたりになると思います。


★ところで今月は毎日更新なんてことはしないという宣言はどこへ行ってしまったのだろう、いやもちろん毎日更新にはなってないですけど、なんか意図せず休みがなくなってる件(滝汗)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/16(金) 22:01:11|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あきのぎょうじ

★昨日、毎年この時期恒例の庭の柿の収穫を実行しました。



今年の収量


先に結果を書けば今年の収量は73個。
その他、干し柿にするには適さないレベルにまで熟してしまったなどの理由で選別したのがこのほかに6個、木に生った状態ですでに野鳥に食べられてたものが同程度あったので、生ったまま食べられたのはともかく収穫量自体は80弱というところでしょうか。
去年一昨年の400に比べると4分の1という激減ですが、2012年のおよそ30個に比べればはるかにマシですし、我が家だけで消費するには充分すぎる数です、現実問題現時点で全量を干し柿加工しきれずまだ余らせてます(汗)。
数が減った本当の理由はわかりませんが、天候の影響、柿は収量に年毎に差があるらしいこと(隔年サイクルらしいのでどの程度影響があったのかは不明)、また昨冬はいつも行っていた枝の剪定を疎かにして行わなかったのでその影響もあるのかななど考えています。
それにしても今年は熟するのが早かったです、生ったまま野鳥に喰われてたのも例年以上の数、今までの経験ですとせいぜい1~2個でしたのでそういうのは。
成熟度合いも例年になく進んでいましたしね、干し柿にするにはある程度実が硬くないと向かないのですが、今年ほど干し柿加工に向かないほど熟した実が多かった年は記憶にありません、しかもまだ10月半ばのこのタイミングで。
過去のデータを紐解けば、去年一昨年の柿収穫はいずれも10月21日に行っています。
今年は過去2年より1週間も早いタイミングです、しかも成熟度が増していたというのは、やっぱり何か今年の気候はおかしいのかななどと考えてしまいます。
今年だけで済めばいいのですが(汗)。
なお、さらにデータを紐解くと、収量が30前後の超不作だった2012年の収穫は11月10日のようです、これは以前の恒例だった11月3日という収穫タイミングよりさらに1週間遅い、これまた異例のことだったのですな。
収量はともかく、枝の剪定は今シーズンは行わないとまずそうです。
あまり伸び放題になると隣家の敷地上空にはみ出してしまいますし、なによりBSアンテナの障害になるのが一番怖い(笑)。


★皆様覚えていらっしゃらないでしょうけど。
昨シーズンに発症した外付け120GB・HDDの不調がついに今シーズンも発症しました!!orz。
すなわち、朝方冷えると電源入れても起動しなくなるというアレです。
いやぁ~、もうすぐそういうタイミングだなぁ~、なんて昨今ずいぶん涼しくいや寒くなって来てたので、思ってはいたのですがまさか今朝起こるとは(笑)。
対処方法はわかってるのでなんてことはないのですが、まさか今朝なるとは思ってなかったのでちょっとしてやられた感はあります(^^ゞ。
そんなに冷えたのかなぁ今朝、そんな感じはなかったんですが、まぁ冷えたは冷えたんでしょうけど。
とはいえさすがにまだ本格的にそういうタイミングに入ったとは思えず、たまたまだと思うんですが。
問題はいつから、対策を講じねばならないかの見極めだな。
まぁ対策なんて言っても、朝起きて朝食喰ってる間に、布団の中にHDDをぶち込んでおくだけなんですけどね(爆)。
いや、今はまだ動いてますけど、これどう考えてもさらに不具合が進展する未来しか見えてこないので、出来れば新調したいところ(外付け化ユニットのみ)なのですが、なかなか踏ん切りがつかず。
それ以前に、内蔵の光学ドライブがいよいよダメになった感じがあり、読み書きだけなら以前買った外付けの光学ドライブで何とかなるんですが、焼きチェックが出来ないので出来れば内蔵ドライブも新調したいのですが、いまさらこれ以上10年戦士のPCに投資したくないというのもあってね。
難しいところです。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/15(木) 22:49:01|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリアAA 2話

特にこの作品を今期の毎回感想書き対象にしたわけでもないし、感想の体をなしてないし、1日複数記事にになっちゃうし、他の作品の似たような記事と合わせ技で後日アップしようかとも思ったのですが。
そういう記事が発生するかどうかも怪しいと考えなおしましたので、感想というよりもはや雑ネタレベルの内容で今回も失礼しますが、「緋弾のアリアAA」2話の感想的なモノです。

あかりの声で「シノちゃん」って言われると「チノちゃん」と空耳する罠、しかし視聴環境的にアリアAAの前に見るアニメが「ごちうさ??」なのでやむを得ない!?(違)、というより正確な表記は「志乃ちゃん」なんだけどどうしても鬼畜こけしの方を思い出すという二重の罠(笑)。
それ以上に志乃は中の人的にひっとえーかと思ったら霞ちゃんだった件(爆)、まぁ霞ちゃん(多華宮霞)は対象が実の兄でこっちは同性の友人という差異はありますけどね、というかこれが噂のクレイジーサイコレズかな?、いや似たようなのというよりそれ以上(大汗)なキャラはいくらでも知ってますけど(^^ゞ。
それにしても2話を見て改めてこのアニメはギャグアニメなんだと痛感、私の中でハドラーさんの株が上がりまくってる真っ最中であります(激爆)。
そうか志乃さんは某剣士の子孫ということなのか、いやそれ以前にキャラ名把握してなかったから姓が佐々木だということに気づかんかったわ(汗)。
で、問題のあかりは誰の子孫?。
てかなによ忍者(忍術使い)疑惑って(汗)。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/15(木) 19:46:22|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメルシ 2話 他

今回は新アニメの1話感想ではなく、「コメット・ルシファー」第2話の感想とその他ということになりますが、たぶん感想などとは呼べないシロモノになることをあらかじめ宣言しておきます(汗)。


ということでまずは「コメット・ルシファー」第2話の感想ではなく雑感を少々。
軍の連中が探索の対象(フェリア)のことを「コードネーム・リマ」と呼称してましたがどう考えても「ルシファー(LUCIFER)」の「L」だよね、何言ってるかわからない人は「フォネティックコード」をググってみてください。
小動物(笑)の正体が謎のロボットだということはまったく不思議ではなくむしろそうでなきゃおかしいくらいの展開なのですが、今回ラストでそのネタばらしをやっちゃうならなぜ終盤まで謎の生物みたいな扱いにしていたのか、いやなぜかというともっと引っ張ると思ってたので小動物の正体、まさか今回ばらしてくるとは。
それはともかく、謎のロボットが小動物になっちゃったことで、完全にこの作品はリアルロボット作品ではありませんということが決定したわけです、もちろん当初からロボットアニメというよりロボットが出てくるだけのファンタジー作品というカラーが強かったので今更落胆はしませんが、それにしては敵側というか軍側のメカが妙にリアルロボット寄りなんだよなあ。
てゆーか味方側(主人公側)の描写と敵側(軍側)の描写で温度差あり過ぎだろ(笑)。
個人的には敵側の描写の方が好みだろうな間違いなく。


そして。
ご注文はうさぎですか??」の1話感想は書かないといったな、あれはウソだ!!。
…というネタをやりたかったわけではないですし、以下書くモノはとても感想などと呼べるものではないのでウソは言ってない(笑)。
ようやく昨夜放送されました、良く出来ていると思います、何が良いかといえば1期の雰囲気をしっかり継承再現しているところでしょう、そしてそれこそがこの作品が受けた最大の理由だと思うので。
ただ。
当然ながらあくまで個人的にですけど、高揚感がないんだなぁ、待ちに待った2期が始まったという。
たぶんそんなに待ってはいなかったんだと思う、やるなら見るよ程度といいましょうか。
やっぱりその意味では個人的格付けでは「きんモザ」や「WIXOSS」には劣るんだなぁ「ごちうさ」は。
あるいは「けいおん」や「ひだまり」シリーズあたりより。
まず99%あり得ないけど(汗)万が一「桜Trick」の2期があったとしたら、放送開始になった瞬間に全身から血を吹きだして死ぬ自信があります(爆)、いや2期決定という知らせを見聞きした段階で全身が爆散すると思う(激爆)。
それくらい切望してるんですが、このごちうさはそこまでの作品じゃないということですな。
とはいえそのへんの凡百の作品よりははるかに期待しているので誤解の無いようお願いしたいところです。
そしてやっぱり残念なのはBS11での放送時間、なぜ25時からなのか(血涙)。
元々そういう枠である「ひだまり」シリーズ他BS-TBS放送分ならいざ知らず、ごちうさ1期は24時からだったんですよ、ある意味今回の枠は左遷ですよどういうこと!?、しかも元々放送されてた枠に居座っている作品が「終わセラ」ってのがさらに腹立たしい、ファンには申し訳ないけどむしろそっちがどけろよとしか思えません(「終わセラ」も1期と同じ枠なので)、あらゆる点でごちうさの方が上だろ(当社調べ)。
まぁ同じ枠とまではいかなくとも、曜日が違ったとしてもやっぱり24時から、あるいはさらに譲歩してせめて24時30分からの放送の枠は確保できなかったのでしょうかね、どう考えてもごちうさより劣ってる作品が目白押しなんですが今期のラインナップは(大汗)。
「きんモザ」は同じ枠(木曜24時)でした、「WIXOSS」は曜日は変わりましたが時間は同じ24時からでした、なのになぜごちうさが曜日も時間も違うのか、理解に苦しむ。
ところで。
今回はどんなひどい弾幕(笑)が付くのか楽しみだったのですが、すでに見れると思ったらまだこれから配信なのねニコ動、いやもちろんBS放送よりニコ動配信が先というのも看過しがたい状況ではありますが、すぐに見れないというのもなんだかいやぁ~んだというこの矛盾、なんという身勝手ここに極まれり(切腹)。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/14(水) 20:05:26|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

櫻子さん

2015年秋新アニメ第1話レビュー、今回はBS11月曜深夜放送の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の感想です。

推理モノだという事前情報を目にしていたので、あまり得意なジャンルじゃないなと思っていましたが。
サブタイの「つかみ」は今期随一でしょうな、なんだよ「第○骨」って(爆)。
このての作品内容に関連させた話数表記はたまにありますが、今期は「アリアAA」の「○弾」程度。
前期の「モン娘」の「第○種」や、特に「わかば*ガール」の「○葉」は秀逸だと思っていますが、この作品のインパクトには及びません。
作品序盤、櫻子が骨が好きすぎてコメディタッチな描写になってたので、まさかのギャグアニメかなとも思ったのですが、あくまでそういう雰囲気も内包しているというだけでした。
推理モノ、より普遍的な表現ならミステリー作品、それは間違いないのでしょう、公式でも自称しているようですし。
ですがそういうジャンルの作品になじみのない私の判断としては、確かにミステリー要素はありますが、少なくとも1話に関しては検死アニメとでも呼んだ方がよさそうだと思いました。
そして、その検死シーンの櫻子の薀蓄描写にはかなり興味を引かれました。
骨や死体の状態から様々な推測を行うシーンはむしろお気に入り。
ただ、やはり作品としてはミステリーだそうなので、今後作品の雰囲気が普遍的なミステリーに寄っていくなら、ちょっと興味は持続できないかもしれません。
そんな感じで、1話切り候補ではありましたが、少なくとも1話時点では予想外に面白く見れましたので、あくまで今後の推移を見守りつつ是々非々でという意味での判断保留。
既に放送が始まった作品とまだ始まってない作品、すべての中で唯一深夜3時台に放送の作品となり最も遅い時間の作品なので、もしかしたらその判断は辛めになるかもしれません。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/13(火) 21:13:59|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庶民サンプル

2015年秋新アニメ第1話レビュー、今回はBSフジにて日曜深夜に放送の「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件」の感想です。
なお正式な表題は「ゲッツ」と「された件」の間にハートマークがありますが、表示させるのが面倒なので省略します(汗)。

とっくにブームは去ったかと思ったのにいまだにあるんですな、こういう無駄に長い系のタイトルの作品って。
まさかのホモアニメ…ではなかったようです(笑)。
状況設定やキャラの性格などに無理があり過ぎるのは、もはやこの系の作品のお約束の範疇なのでツッコむ方が野暮というもの、むしろそういう無理やりな部分のバカバカしさを楽しめるかどうかなんだと思います。
思ったよりエロ要素が少なかったのは意外でしたが、予告を見る限り次回からは案の定な感じになりそうなので、どうやら今回だけのようです。
今回メインだった少女(天空橋愛佳)が抱える世間知らずなお嬢様ならではの(しかし庶民でも持ってそうな)悩みを主人公が一緒に解決していく、という作風ならまだ見れないこともないかなとも感じましたが、これを複数の女子キャラで繰り返しやられたら飽きるだけだなとも。
他作品のようなバトル要素はなさそうだし、単純かつ純粋なコメディなのでしょう、こういう系の作品のテンプレから大きく逸脱することはなく、思ってたほど悪くもなかったですが何か響くものもなく。
さすがにこれは要らんだろうということで予定通り視聴終了。
唯一、主人公の「外に出たことない先輩と庶民の俺とどっちの話を信じる」という台詞は意外に名言かもと血迷ったことを感じたりもしましたが、愛佳はじめ相当知識が偏っている学園の女生徒にはその判断すら無理じゃないかなとも。
やりようによってはもうちょっと見れる作品になった気はしてます。

ところで。
「ハッカドール」を切ったのはちょっと失敗だったかなと思っていたりします(笑)、2話がかなりアレな内容だったそうなので(ニコ動にて確認済み)。
ま、10分アニメだしニコ動で見て済ますとしますか、毎回面白いかどうかもわかりませんしね。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/12(月) 16:16:20|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かかなくてもいいのにかく

★本日は秋の新アニメの感想記事はありませんので、本来なら更新が休みになるはずだったのですが、不意にムラムラと更新したくなったので記事を急遽上げます。
内容的には、アニマン雑記関連記事の今後の見通しとか愚痴とか(笑)。


★まず、今日感想記事がない理由。
昨夜BS11で「終物語」第1話が放送されましたししっかり見もしましたが、「化物語」を起点とする一連のシリーズ作品という認識なので、記事を書く作品に該当しないという理由で感想は無しです。
1話に対して思うところがないこともないのですが、昨日が1話だったという件以外のことは愚痴レベルにしかならないのでやめておきます。
なぬっ!?、アリアAAと鉄ガンの記事があっただと!?、あぁ~聞こえんなぁ!!(^^ゞ。


★同様の理由で「ごちうさ??」も記事は書きません。
地上波は昨晩放送されたようですがBSは明後日なのでこれからです。
3日遅れというのはBS頼りの地方民にとっては有って無い差なのですが、注目作品なので出来ればもっと差が少ない方がうれしかったのですけど、こればかりはどうしようもないです。


★そう、「終物語」は1週間遅れなんですよね。
1週間という差は、見れるだけマシという地方の現実を考えるとほとんど差には入らないレベルなのですけど、やっぱりできればもっと縮めてほしかったのも正直なところ。
BS11土曜24時00分放送開始作品は、このところ地上波と同時放送作品、見てなかったけど(笑)Charlotteや、FateのUBWやアルドノアなどが続いてたので、なぜ今期からまた1周遅れになったのか疑問です(2013年放送の「<物語>シリーズ セカンドシーズン」は同様に1週遅れでした)。


★とはいえ、やっぱり1週間程度の遅れは我慢の範囲内なんだなぁ。
ひどいときは、BS-TBSの作品は一時期1ヶ月近く遅れてましたからね(汗)。
記録を見ると、たとえば2012年冬アニメの「キルミーベイベー」は放送開始が2月4日だったようですよ(汗)
そうそう、前にも書いた気がしますがその影響で、「はがない」が終わった1週後に「スマプリ」1話だったなぁ(笑)、とはいえそれを言い出したら、「はがないNETX」と「スマプリ」のラストの佳境の時期って完全にラップしてるんですけどね(^^ゞ。


★その意味ではどうやら5日ほど差があるらしい「落第騎士の英雄譚」は完全に我慢しなきゃない範囲内ではありますが、地上波からの遅れは仕方ないとしてもニコ動より遅いというのは正直勘弁してほしいなぁ(汗)。
まぁ、BSで最新エピソード見た後すぐにニコ動で同じエピソードを見れるというメリット(笑)があるといえばその通りかもしれませんけど。


★愚痴ばかり書いてもどうかなと思いますので。
アニマン雑記関係記事の今後の予定。
気づけば秋アニメの第1話ラッシュも終盤になりまして、予定では残すところ4作品、その中には「ごちうさ??」も含まれての数なので、感想を書く作品に絞れば3作品になりました。
今回もまた早かったですね、始まったころは長い道のりだといつも思うのですが、終盤になるともう終わっちゃうのかというこの矛盾は、何回やっても変わりません。
感想記事のアップ予定は、とりあえず明日明後日と続いて、その後ちょっと間が空いて最後の1作品の感想が18日にアップ予定となっております。
あっ一応予防線張っておこう、あくまで更新タイミングは予定です、いろんな都合により遅れる場合もあります。


★で、今期の取捨選択状況はといえば。
新アニメ4作品を残した現時点で、保留も含め生き残っている作品数が6作品と、なんとまぁ予想以上に順調ですこと(笑)。
さすがにこれから放送開始の4作品が全部生き残るとは考えていないので、通期作品除いて10作品という目標は達成できそうな感じです、というかすでに達成してるのか(笑)。
ま、出来れば通期含めて10作品、しかも正確には10作品以下なので、保留扱いした作品は基本今後の状況によっては切る可能性はまだまだ残っていますけど。
全部で10作品くらいなら、モノは試しで見続けてもいいかなとも思ったり(汗)。


★その他アニメ関係以外の個人的な話題に関しても少しは書こうかと思ったのですが、なんだか思ったより長くなったのでこれくらいで今回はやめておきます。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/11(日) 23:17:17|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落第騎士&対魔35小隊

2015年秋新アニメ第1話レビュー、表題が独自の略称になりわかりづらかと存じますが、今回はBS11金曜深夜枠「落第騎士の英雄譚」と「対魔導学園35試験小隊」の感想をまとめて。


落第騎士の英雄譚」。

BS11なので(?)当然地上波より放送が遅く、先行視聴組が発するいろんな噂は目にしていました、核心的ネタバレを避けるために表面上だけですけどね。
確かに噂どおり、ヒロインのキャラ造形や設定、序盤のストーリー展開など、ちょっと前に見た「アスタリスク」と重複する部分があったのは事実です。
しかし作品全体を俯瞰してみれば、アスタリスクをコピーしたかのごとく似ているとまでは思えず、むしろこの系のラノベ原作アニメにありがちなテンプレートだというべきなのではないかと感じました。
たいしたことない作品だと予想していたし、実際何か突出して面白い部分があったわけではありません。
しかし、迷いました。
迷いに迷って、判断保留、1話切りの判断が出来ずもうちょっとだけ確認のために継続視聴することにしました。
1話切りしたアスタリスクとの差は何か、明確な答えはあまりないのですが。
なんとか理由をひねり出せば、こちらの方は主人公とヒロインの模擬戦に決着がついたこと(アスタリスクは中断でした)。
そして、天才は努力なしにはあり得ないという姿勢を明示していること、主人公が弱いなりに努力と工夫をして強いこと、評価基準に合致しないだけで実は強いこと、あたりでしょうかね。
通常この作品のような、作品名が「○○の△△」で△△部分が漢字にカタカナのルビというある意味一つのジャンルと化しているラノベ原作アニメは、面白いと思えたのは皆無なのですが…迷った末に1話切りした「魔弾の王と戦姫」を除いては。
この作品も面白いとまでは思っていませんが、ちょっと気になったので様子見。
ただし、これまたテンプレのコミカルやエロいシーンはノーサンキューですし。
あくまで判断保留であり、最後まで見続けると決めたわけではありません。


対魔導学園35試験小隊」。

魔法モノなのにメカ(ロボットっぽいモノ)や実銃(と思われるもの)が出てきたりで、それが悪いとは言わないしそういう作品が過去になかったわけでもありませんが、なんだか焦点がぼやけている印象。
それに引きずられてかストーリー自体も何を目指しているのかピンボケ気味に感じます。
コミカルシーンエロシーンは邪魔でしかないですし。
あれだけ魔女を憎悪しているメインヒロインの感情が、主人公の一言で治まるというのもなんか違和感。
ヒロインは主人公の隊長という立場に従うほど優等生でもなさそうだったし、彼の言葉一つで自分の感情をコントロールできるほど信頼を寄せていたようでもなかったですし。
迷わなかったわけではありませんが、やはり上記「落第騎士の英雄譚」に比べれば興味の度合いも低く。
1話でこの作品のウリはこれだ、というものが魅せられなかった差ということでしょうか、こちらは今回にて視聴終了。
シリアス度合いを高めれば面白くなった作品かもしれません。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/10(土) 22:55:31|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべF

2015年秋新アニメ第1話レビュー、今回は木曜深夜に放送の数少ない(笑)地上波TV放送作品、ノイタミナ枠の新アニメ「すべてがFになる」の感想です。

結論を先に書けば視聴終了1話切り。
感想を書くのも苦労するくらい、何も感じなかった1話。
いや不満はあったかな、不満というかキャラクターへの不快感というか。
それはともかく、何をする作品なのか、何を目指す作品なのか、何を描く作品なのかが皆目見当つかなかったのはもはや作品の体をなしていないとしか。
会話劇を楽しむ作品なのか(楽しめるとは思えないけど)、あるいは推理モノになるのか、どうしたいのかさっぱり、むしろそういうわけのわからなさが作風なのかとすら。
波長が合わなかったといえばそれまでですが、申し訳ないけどこの作品と波長が合う人種とはあまりお近づきになりたくないというのが正直なところ。
ノイタミナという枠の当初のコンセプトがどんなものか、私は詳しくは知りませんが、仮にもしもこういう作品がノイタミナらしい作品だというなら、むしろ変質してしまった昨今の傾向を歓迎したい。
もはやアニメである必要があるのかとすら、この内容なら実写で充分じゃないかとすら思う。
木戸ちゃん出演作品なので応援はしたかったし、気付かなかったけど(恥)桑島ほーちゃんもご出演なさっていたのでその2点だけですなプラス要素は、さすがにそれだけで見続けたいとは思えません。
まぁ考えてみればそもそもノイタミナ枠って当たり外れ大きいし、単にハズレ側への振れ幅が大きかっただけかもしれません。
木曜日はアニメ視聴完全休養日としましょう。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/09(金) 21:30:09|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緋弾のアリアAA

2015年秋新アニメ第1話レビュー、今回はBS11水曜深夜放送「緋弾のアリアAA」を単独でとりあげます。
あくまで単独記事になったのはタイミングの問題です(笑)。
なんでもいいけど「AA」の読みって「ダブルエー」だったのね、単純に「エーエー」って読んでましたわ(笑)。
もっとどうでもいいことですが、考えてみたらアリアとあかりってウリスと遊月なんだよなー(WIXOSS脳)。

なにやらこの作品はスピンオフという位置づけらしいですが、大きい意味で続編と考えると本来純粋な新作ではないのでレビュー対象外でもおかしくないのですが、いやむしろその方が正しいのですが、そこはそれ臨機応変にお願いいたします、それを言い出したら30年以上シリーズ続いているガンダムシリーズは一切書けなくなりますし。
それから以下では、以前TBS系列で放送された方を「本編」、今回始まった新アニメを「AA」と呼称することにいたします。

えーっと、ですね。
このアニメ、こんなにつまらなかったっけ!?(大汗)。
つまらない、というのは言葉が強すぎるかもしれません、しかしやっぱり簡単に言うとそんな表現にしかなりようがないと思います。
とはいえよくよく考えてみたら。
本編の方も、はたして面白かったのかと言えば疑問符が乱舞するし(笑)、そもそもどんな内容だったかあんまり覚えていないという事実に気づいた(爆)。
スポットでは覚えているんですけどね、白雪の「星伽がなんだー!!」発言とか、ジャンヌダルク編がグダグダだったこととか(笑)、1話のセグウェイに装備されてたのをはじめ無駄に登場機会が多いUZIとか、滑走距離を稼ぐために対角線に使うとか、ガバメントをフルオートにするとか正気か!?(爆)とか、レキの下着姿とか(汗)。
そういえば最終回ってどんなだったっけと、本気で思い出せなかったのでよぉーく考えてみたら、なんか変な巨大な狼あるいは人狼のイメージが浮かんできて、本能的にそれ以上思い出してはいけない気がしてきた(激爆)。
まぁあれだ、まだBS11のアニメ枠が乱発する前だったし、どうやら「電波女と青春男」と連続で放送だったようで、そっちに引きずられてついでに見てたのかな?、などと思ってもいないことを口走ってみたり。
そもそもなぜ、本編が面白いアニメだったと錯覚(笑)していたのか、考えてみたらやっぱりあのハドラーさんのネタ漫画が原因かもしれないという結論に至りました(^^ゞ。

ともかく、特に期待してはいないつもりだったのですが、ちょっとがっかり感があるということは、それなりの期待はしていたのかもしれませんAAに。
もっと冷静に対処するべきでしたね(^^ゞ。
作画はそこそこ良かったようですが、ストーリー方面ではあまりのテンプレート展開に、ですよねー(棒)という言葉しか出てきません。
意外だったのは本編でメインだったキャラがわずかでも出てきたことくらいでしょうか、でもこれは1話のサービスと考えるべきなのでしょうね、きっと次回以降ぱったりと出てこなくなるんだと思います、アリア以外は。
AAのアニメを見ただけではわかりませんでしたが、なにやら時間軸的には本編のちょっと前の出来事らしいですね、そう考えると実は思っている以上に本編のキャラが出てくる可能性はあるのかな?。
いや、本編のキャラが出てくるどうのを論じている場合ではありません、AA単体でどうなのかということです、たとえスピンオフだとしても。
1話段階では作画はそこそこ、ストーリーは論外、銃器描写は微妙といったところでしょうか。

正直に言えば、「緋弾のアリア」の名前がなければ1話切りですな間違いなく。
でもそこはそれ、やっぱり天下のギャグアニメ(マテ)「緋弾のアリア」の関連作品であるという下駄はとてつもなく高いのでありまして。
良いと思った点はほぼ皆無の1話でしたが、まぁもうちょっと見てみようかねと思えるのは、水曜深夜枠がAAのみということと、総数もそんなに多くならなそうな見込みであるということとの合わせ技での判断です。
ですから、総数が予想を超える数になって、どれか減らしたいなとなったら切ってしまう可能性は残しての、暫定での視聴継続です。
まぁ主人公の間宮あかりが誰の末裔か気になるし(笑)。
なんか予告が不穏で私好み、友人が裏切る?、いや裏切るというか実力の世界だからね、友人との対立エピソード?、もしかして次からが本番なのかな?。
無論本来1話の出来を重視すべきで、2話からが本番ですなんてのは評価に値しないのですが。
そこはそれ、なんといっても「緋弾のアリア」だし(^^ゞ。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/08(木) 20:49:39|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメルシ&コンレボ

2015年秋新アニメ第1話レビュー、今回はBS11火曜深夜枠「コメット・ルシファー」と「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」の感想をまとめて。


コメット・ルシファー」。

確かにロボット的なものは出てきますが、作品のフォーマットはファンタジーですよね、ある程度予想の範囲内ではありましたけど。
事前の印象はほぼ最悪でした、なにより90秒のCMを乱発してたので、なんだか壮大にコケそうだなという印象しかなかったです。
そういうネガティブな印象もあってか、本編を見たら意外に悪くない。
さすがに序盤中盤の冒険活劇的なシーンはちょっと怠いなあんまりこういうのは要らないなとは思いましたけど。
ロボシーンはわりかし好きかも知れない(笑)。
ベースはファンタジーですけど、広義ではやっぱりロボットアニメに入るのでしょうね。
適切な表現かどうかは疑問がありますが、ロボットが獣の形をしていない「ゾイド」みたいなものとでも言いますか。
主役メカ、やっぱり設定画だけじゃなく実際に動いてる絵を見ないと正確な判断はできないねと、何十年も前にレイズナーで経験した思いをいまさら繰り返すこの愚行、全く成長してません猛省しないとね。
ところで主役メカ、見てて何かに似てるな、そうそう「ダイショーグン」に似てね?、と血迷ったことを思ったのは私だけ?(汗)。
敵対するメカがイマドキ多脚メカ(人型にもなるようだけど)というのはかなりポイント高い、しかし多脚メカで士郎正宗作品ではなくクラブガンナー、いや六脚だからデザートガンナーか、そっちを思い出しちゃうあたりで年齢がモロバレ(激汗)。
説明不足という指摘は確かにその通りかもしれませんが、この作品に関してはあまり気にならなかったし(今後わかっていけばいいと思う)、専門用語連発だった部分も同様。
大枠で作品の雰囲気はわかりましたしね、現段階ではそれで充分ではないかと。
マイナスだったのがゼロになっただけかもしれませんが、だとしても予想外の出来だったので、様子見も兼ねてしばらく視聴継続。
ロボ作画がCGなのはもうあきらめるしかない、その意味ではG鉄血は貴重な作品と言えるのかな。
そういえば、「ヘヴィーオブジェクト」の感想で書き忘れたのでここで書きますが。
HOもメカ作画はCG、それはいいとして、爆炎のCGがなんか違和感があるんだよなあ、もうちょっと上手く表現できないのでしょうか。


コンクリート・レボルティオ~超人幻想~

いろいろ狙い過ぎ。
熱血系作品かと思ったらスタイリッシュサブカル系だったでござる、といったところでしょうか。
なんか表現が違う気もしますが、上手い言葉は見つかりません。
魔法少女というより魔女っ娘、変身巨大ヒーロー、ロボットアニメ、その他昔隆盛を極めたジャンルをごった煮にして、受けるかと思ったらそんなことはなかったぜ!!、としか言いようが。
むしろそういうのをネタやパロディとして使ってたなら違ったのかもしれませんが、直球勝負してきちゃったら寒いだけだったという。
こういう懐古ネタ的なもので喜ぶのってオッサン層でしょ、はたしてそういう層がこの作品を喜ぶだろうか、私は疑問でしかありません。
では若年層は?、受けるとは思えないんですけどね、私は若年層じゃないからわかりませんけど。
時系列シャッフルはあまり気になりませんでした、そうなっていると事前に知っていたからか、時代転換したことはだいたいわかりましたし。
どっちもどっちでしたが、事前の感じでは幾分コメルシ<コンレボだったのですが、結果として完全に逆転することに。
むしろコメルシと連続でこれが放送されて、コメルシの引き立て役にしかならなかったといった状況です。
火曜深夜枠は次週からこの後にごちうさ2期があり、全部見るとなると1時間半連続になります、それはさすがに厳しいのでそういう事態を避けたいという感情が全く影響していなかったとは言いません。
しかし、ではこのコンレボが独立して放送されていたとして、それでも見続けようと思ったかと考えると、たぶんそれはないとしか言えないと思います。
コメルシがこけるかと思っ手たらむしろこっちが壮大にコケちゃった感じに。
迷いがないとは言いませんが、どうにも見続けたいという気が湧いてこなかったので、1話切り。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/07(水) 22:27:29|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やすむべきだがやすまないあほ

★昨夜は私が見る秋の新アニメがなかったので、イコール本日のアニメ感想系記事の更新予定もありません。
明日以降当面の間は連日更新することになるでしょうから、今日くらいは更新休みにするべきであることは火を見るより明らかなのですが。
なんかちょっとネタが溜まったので書きます(笑)。


★そんな感じで今夜は「コメルシ」と「コンレボ」の2作品が連続放送開始という、今期唯一にして最大の難関が待ち受けています。
どういうことかと言うと、「コメルシ」が24時からの放送、その直後24時30分から「コンレボ」が放送と、全く間が空きません。
BS11のアニメのフォーマットを考えれば、ほとんどの場合27分で後提供まで終わります、たとえば「コメルシ」は24時27分までに番組が終わって、3分CMが入った後24時30分から「コンレボ」放送開始になると推測されます。
すなわち、リアルタイムで「コメルシ」を見ると、メモ書き程度とはいえ感想をまとめるのには3分間の余裕しかないということです。
作品の種類や内容にもよりますが3分というのは正直厳しいですな。
もちろんそういう事態は今回が初めてではなく、過去に似たようなケースは幾度とありました、けれども何度経験しても厳しいことには変わりません。
いや、厳しいとかはではなくむしろ話題にすべきは、今期のこういったケースが今回限りであるというラッキーを語るべきでしょうかな。
期によってはこのようなパターンが何度もある場合もあります、むしろ複数回ある方が普通とすら言えるのですが、非常に珍しいことに今期は今夜の1回のみ。
たとえば、一昨日日曜は作品数は多かったものの、「G鉄血」は他とは相当離れた時間に孤立して放送されてましたし。
「HO」から「USAT」までの間も30分の余裕がありましたし、「USAT」内でも「ハッカドール」と「影鰐」の間には10分ほどの余裕があったので、感想をまとめるには何とかなる時間が確保できてました。
また土曜深夜の「アスタリスク」と「ランマス」間は1時間あったので、感想メモをまとめてなおかつ時間が余りごろ寝したくらいです(笑)。
明日の夜以降も、同日に複数放送される日はあるものの、いずれも時間的には離れての放送だったり、あるいは複数作品のうち1作品はリアルタイム視聴でも別な方は録画対応だったりで、そういう問題は発生せず。
実に珍しいことに、今期唯一の勝負が今夜だったりします。
なので、今のうちにスタミナを蓄えておきたいと思っています(笑)。


★昨今はずいぶんと気温が下がり、特に朝夕や夜間などは寒いくらいです。
日中も気温の上がり方がゆるくなりましたが、それは屋外の話。
自宅2階にある自室は、陽が出れば直射日光の直撃を受けそれなりに室内温度が上がります。
暖かい、程度で済めばいいのですが場合によっては25℃前後まで達するので、むしろ暑いの領域に。
朝夕は長袖で問題なくても日中はそうはいかず、こまめに服装で対応しないといけないのが少々面倒、という単なる愚痴でした。


★いまだにXPを使っているPCではYのかなりの機能が使えなくなるらしいという例の件。
10月からというアナウンスだったので、てっきり10月1日からスパッと使えなくなるのかと思ってたら。
どうやら「順次」だったようで、いまだに使えている件(笑)。
う~む、NGになる具体的な日程は教えてもらえないのでしょうかね。
まぁ一応対処済みなので、突然使えなくなっても基本問題はないのですけど。


★ところで皆さん!!。
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の略称ってなんですか!?(笑)。
公式には「鉄血」だという噂は目にしたのですが裏をとった情報ではないようだし自分で裏をとる気もないし。
そもそも、ガンダムなんだから「○○ガン」みたいに略したくないですか!?(笑)。
確かに「○○ガン」という略称って考えてみたら少数派のようです、せいぜいVガンGガンくらい、νガンはあくまでMS名で作品名ではないですしね。
自分の中での略称をTV、OVA、映画ごちゃまぜで羅列してみますと。
初代orファースト、Z、ZZ、逆シャアorCCA、0080、0083、F91、Vガン、Gガン、W、X、∀、SEEDor種、種デスor種死他様々、00、AGE、Gレコ、そしてガンダムBFやBFT等々。
確かに少数派です、でもやっぱり「○○ガン」って呼びたい!!(爆)。
ではなんとすればいいのか?。
正式タイトルが「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」なので。
「鉄ガン」か!?、なんか違うけど「ガン鉄」だと車のスチールホイールになっちゃうしなぁ(^^ゞ。
ちなみに私のHDDレコーダー上の略称は「G鉄血」になってますけど(汗)。
ならば「オルフェンズ」から「ガンオル」…も違う気がするけど「オルガン」じゃ楽器になっちゃうしもっと違うよなぁ(爆)。
MS名が「バルバトス」だから「バルガン」か!?、いやバルカン砲みたいじゃん、いくらガンダム=バルカン砲だと言ってもさすがになぁ。
おっそうだ!!、「ガンダムバルバトス」だから「ガンバル」だ、元気もあってこれでいいな!!(激爆)。
などというネタを考えていたのですが、第1話の感想記事の時にすっかり書き忘れたので改めてここで書きました(白目)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/06(火) 22:42:56|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HO&USAT

2015年秋新アニメ第1話レビュー、今回はいずれもBS11日曜深夜枠、「ヘヴィーオブジェクト」とウルトラスーパーアニメタイム(USAT)から新作の「ハッカドール THE あにめ~しょん」と「影鰐-KAGEWANI-」の感想を一気に。


ヘヴィーオブジェクト」。

ロボットアニメだという噂を目にしてたのですがガセネタでしたな、戦争アニメではあっても私の定義ではロボットアニメではありません。
いくつも残念な部分が目に付いた1話。
たぶんこの作品のキモは、同種の兵器でしか対抗できない超兵器オブジェクトに、それを使わずに挑んでどうやって勝つかだと思うんですが、1話でそこまで至らなかったのはとても残念。
とはいえ、そういう状況説明を初見でもわかるように丁寧に行っていたともいえるのは確かです。
さらに、変にコミカルな描写が多かったり、無駄なセクシー描写があったりするのは、作品に対する興味を削ぐ存在でしかなかったのもかなり残念な部分。
そういうの一切いらないのでひたすらシリアスのみでお願いしたいところなのですが。
コメディやエロシーンをなくせば1話である程度のところまで話を進められたのではとも思いますし。
決して印象は良くなかった1話ですが、作品の核であろうオブジェクトに対しどう挑んで勝つのかという部分が気になるのも確か、その意味では興味は持たせられたのだからまんまと釣られたというべきなのでしょう。
かなり迷いましたが、いや実は今でも迷ってますが。
たぶんこの後、敵対するオブジェクトが1機のみということはないでしょうから、少なくとも最初の敵にどうやって勝利するかは見極めてから、継続か否かの判断をしたいと思います。
ただし、その後も見続けるかどうかは、その結果次第。


USAT枠作品、まずは「ハッカドール THE あにめ~しょん」。

タイトルの元ネタはミントの「ハッカ」だと思ったら「捗る」だったのね(笑)。
なんということはないタダのコメディアニメ。
10分枠で正解だったと思います、正直10分ですら長いと感じました。
メインのハッカドールの3人ばかりかゲストキャラ(?)まで中の人がWUGメンバーでしたが、興味があるのはその点くらいで他はほぼ皆無。
種類としてはナンセンスギャグだろうし、それは嫌いではないんですが、積極的に見たいと思えるほどの出来でもないし。
日曜はそれなりに見る作品がありそうなので、そういうめぐりあわせも含めて、視聴終了。


影鰐-KAGEWANI-」。

広義では間違いなくアニメーションなのですが、個人的定義の狭義ではこれはアニメーションではありません。
むしろ紙芝居と言いたいほどです。
こういうのをありがたいと思う趣味や思考は持っていません。
ストーリーに関しても個人的にはほぼ食指は動きませんでした、嫌いというほどではないし、こういうのが好きな人もいるだろうということはわかります、だとしても絵的なマイナスを覆すには到底至らず。
特に迷いもなく視聴終了。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/05(月) 21:31:31|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

G鉄血のオルフェンズ

緊急更新、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第1話感想です。

ガンダム系作品と言えばちょっと前まで「Gレコ」見てたので久しぶりではないし、GレコはGレコで実にお禿様らしい作品で楽しめてたし(思うところがないわけではないけど)、原理主義者的にはむしろUCシリーズにより近いGレコの方が完全にアナザー作品であるこの鉄血よりも支持すべきところなのでしょうけど。
なんだろうこの、ワクワク感は。
ついつい見入ってしまいましたよ、これがガノタの性なのか!?(笑)。
従来の誰でも操縦できるMSではなく、神経直結のシステムを埋め込んだ人間でないと操縦できないとか、MSはほとんど出てこずモビルワーカーなる一つ下位の機動兵器の戦いがメインとか、泥臭いにもほどがあるがまたそれがいい(^^ゞ。
既存のガンダム系作品とどこか似ているような気がするけど、でも似ていない独自の作品だとも思うし。
主人公が少年兵であるという部分は00との共通性を感じないこともないけど、00のCBという組織は突き詰めれば金持ちの道楽であるのに対し、鉄血はレジスタンスであり単純に自分たちが生き延びようとしているだけなので、泥臭さが極まってますがそれもいい(笑)。
むしろガンダム系作品というよりボトムズに近いのかなとすら。
難点があるとすれば、やはり戦闘シーンがMS主体になりにくそうという点だけど、そのへんは今後の推移を見守るということで。
AGEのようにキャラデザが無駄に子供向けでないし。
00のようにスタイリッシュ(笑)ではないし。
種シリーズのようなカッコいいおにーちゃんはあまり出てこないし(爆)。
ホント、久しぶりに見たいものが見れたという、少なくとも1話時点では合格点。
気になるのは舞台が地球圏ではなく火星であること、なんだか地球に直訴しに来るとかなってますけど、火星で生まれ育った人間は地球には来れない(重力の関係で)というSF的考察の問題があるんですが、まぁアナザーシリーズなので目をつぶるとしましょう(汗)。
いや、最大の問題は。
オッサンには受けそうだけど子供には受けなさそうという点だろうな!!(激爆)。
さて、今後半年は日曜日は外出禁止だな(超爆)。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/04(日) 19:29:20|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスタリスク&ランマス

さて始めましょう2015年秋新アニメ1話レビューラッシュ。
いつものことですが今期で言えば、ノイタミナ作品と鉄血ガンダム以外はすべてBS放送分の視聴になります、それゆえ地上波最速とは放送日が異なりますのでご注意ください。
今回は土曜深夜枠、BS11放送「学戦都市アスタリスク」とBS-TBS放送「ランス・アンド・マスクス」の2作品に関して合同で掲載。


学戦都市アスタリスク」。

地球外からの外的要因で現在と価値観が大きく変わった世界、という設定は悪くないとしても。
命のやり取りをする戦いがエンターテイメントに、しかも裏社会の存在ではなく表側の存在になっているようなのはさすがにいかがなものかと言わざるを得ません。
価値観が大きく変わったという設定が、エンターテイメントで命をやり取りするという行為を正当化させるためだけに使われている気がして、もったいなかったりがっかりだったり。
序盤の主人公・天霧綾斗とヒロイン・ユリスの「決闘」の描写も、妙にゲームじみてて、ゲームに興味がない者からすれば命がけの戦いがこんな遊び感覚でいいのかという感想しか(生命に危機があるとは明言されてはいなかったですが)。
正直エロ要素は足枷にしかなってません、完全に不要、なぜこんな無駄なものを入れるのか、いやそういうので釣れる層に向けて作っているのだと思えば腹も立たないと思うしかないのでしょうな。
世界設定の説明が冒頭のナレーションのみで、リアルタイムかつノンストップで見ると少々わかりにくいのに、劇中では専門用語の羅列台詞が多くこれも興味を削ぐ一因にしかなってません。
いろいろ謎をばらまいて興味喚起になるよう仕組んでいるようですが、基本は単純な能力バトルアニメだと思うし、作画は悪くなかったようですがストーリーそのものはワルブレとあまり変わり映えしない印象。
いや、ネタとして見れる(そうとしか見れないけど)ワルブレの方がまだ面白かった!?(笑)。
ユリスの中の人が加隈氏でしたが、それだけで回復できるほどマイナスポイントは少なくはなかったし。
土曜夜は来週から始まる「終物語」は必須だし、2週後に始まる「ヴァルキリードライヴ」も是々非々ではありますが現時点での期待値は○なので、多少迷わないことはなかったですがよほど面白い興味深いと思わなければ、ちょっと見続けるのは厳しいですねということです。
2クールもの期間この作品に付き合う気にはなれなかったので、視聴終了。
中学生高校生程度になら受けがいい作品かもしれません、逆にいい年こいてこの作品を面白がっているようではねとしか言いようが。


ランス・アンド・マスクス」。

OPだけ見ると…えっなにこれロリコンアニメ!?(笑)。
ファンタジーかと思ったら背景風景が現代風で、でも騎士団とか騎士とか出てきてやっぱりファンタジーなのかと思ったらそんなことはなかったぜ現代劇でしたで、これを作品のカラーととらえられれば肯定的に見れるのかもしれませんが、そうでなければ一貫性がないとしか。
そういうピンボケした部分はストーリー方面にもあって、コメディにしたいのかシリアスにしたいのかブレがあって困惑、両方のオイシイところ取りをしたいのかもしれませんが、無理だと思うなぁ。
作品の方向性がかなりわかりづらい、言うなればヒロイックコメディとでも呼称するような作品にしたいのだろうけど、本気でコメディならコメディに、シリアスならシリアスにもっと特化させた方がすっきりするし受け入れられやすいと思うのですが、そうはならないのでしょうねこの1話を出してきたということは。
根幹は孤独な少女と少年騎士との心温まる物語なんでしょうけど、それを描くには少々無駄な要素が多すぎると言いますか、何でもぶっこめばいいというものではないと言いますか。
それ以前にそういう心温まる系の作品に食指が動くかという問題も。
作品が目指す方向性がイマイチ判然としないので、現時点では完全にロリコンアニメという悪口しか言いようがないのはかなり痛いところだと思います。
作ってるのがStudio五組、OPがみもりんEDが竹達、ロリっ娘が小澤亜李であることはプラス要素ですが、それだけではさすがにマイナスを埋められませんということですな。
先述のように土曜深夜枠はある程度見るもの見たいものが他にあり、そこに割って入るほどのモノは感じられなかったということと、放送時間的な不運もあって、視聴終了。
それにしても今年のBS-TBSの深夜アニメ(アニメイズム枠除く)は不作でしたなぁ。
昨年は桜Trick、ろこどる、俺ツイ、甘ブリ(は地上波視聴だったけど一応加えます)と打率5割に達したのですが、今年は冬期の幸腹と春期のレーカン!のみで打率2割5分、去年の半分ですからな、近年稀に見る低打率なんじゃないでしょうか。
なお、このランマスの後に放送された「YBJ」は腐臭がしたので0話切り(汗)。


最後にちょっとお知らせというか告知というか補足というか。
秋アニメ感想更新ラッシュ、以前5日を除いて13日まであると書きました。
それは間違ってないのですが、レビュー対象外の続編作品、すなわち終物語とごちうさ2期も入ってたことを、そしてそれらはその日それしかないということを完全に失念していました(スマソ)。
ですので、13日までは連続して秋の新アニメ見るものあるのですが、感想自体は特に後半ごろに空白日あるいは休止日が出る可能性があります、その点だけご了承ください。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/04(日) 12:05:02|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよあすかららっしゅ

★昨日このブログを更新しなかった理由の半分が、決して意図的なものではなかったとは口が裂けても言えません、明日以降ほぼ間違いなく連日更新になるでしょうから、今のうちに連続を途切れさせておかないと、先月からの続きで今月もまた休まず更新してしまう可能性が増加すると思ったからです。
休まず更新することが悪いことではもちろんないのですが、更新を絶やさないためだけに意味もない記事を上げるのもいかがなものかと思いますのでね。
とはいえ、理由の残り半分が、マジでネタがなかったというのもまた真なりであります(笑)。
要するに、書くことがないときは無理に書かない、当たり前のことを実践しただけです。


★そんな感じでいよいよ私の環境でも、今夜から放送開始になる秋の新アニメ。
繰り返しですが明日以降、怒涛の記事更新ラッシュになる予定なのでひとつよろ!!(白目)。
なお、以前の記事で5日はアニメがないと書きましたが、4日放送開始の作品が結構あるので、もしかしたら本来記事が休みになるはずの6日も更新するかもしれませんので、あらかじめお知らせだけはしておきます。


★今月含めて年4回ある新アニメ放送開始の時期は、アニマン雑記カテゴリの記事にはネタに困らないので助かるは助かります。
逆に言えばその他一般のネタの記事は書けなくなるということでして。
1日1記事を基本にしてますのでね当ブログは。
とは言ってもやっぱりそれは原則であり絶対遵守の掟ではありません。
場合によっては、1日に複数の記事になっても、アニマン雑記以外の記事を上げる可能性がゼロではありませんという、これまた当たり前のことをあえて記しておきます。


★半月ほどはネタには困らないを通り越して必死こいて書き続けなければならない状況になりそうなので。
「わかば*ガール」の原作漫画買ったこととそれに伴うネタは、ちょっとしばらくペンディングですかね。
現実問題今月後半以降ですかなぁアップするにしても。
そんなに旬がある内容の記事とも思えませんけど、とはいえいつまでも引っ張っていいとも思えないので、出来れば早めに上げるべきとは思っているのですが、若干タイミングを逸した気は個人的にはしています。
まぁ原作もアニメも完結してるし、いいか(^^ゞ。


★例の庭の柿、今年は成熟するのが異様に早い気がします。
もうすでにかなりの割合で黄色くなってます。
そろそろ収穫できそうなほどに。



本日撮影した庭の柿


10年くらい前は、毎年日付固定で11月3日に収穫してました、近年はそれがずれ込んで、それでも10月下旬だったのに、今年はもはや現段階で収穫できそうというのはやっぱり異常と言っていいくらい早いと思います。
あまり成ったまま放置すると熟しすぎてしまうので、ある程度の段階で収穫しないといけないのですが、はたして今年はいつになることやら、というより相当早い時期になりそうな予感がしているのですが、結果はいかに!?。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/03(土) 19:44:29|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゅうがつになりました

★先月はめでたく目標達成、全日更新コンプリートとなりましたm(__)m。
…9月は30日しかないのに記事数がちょっと多いのは内緒だゾ!!(笑)。
で、達成したー!!、というような内容の記事を先月最終日に上げようかと思っていたところ、予想外に記事がというかネタが充足してまして、結局書けなかったので今日改めて書かせていただいております。
何回目だろ、いくつかブログは持ってたことあるんですが、1ヵ月間1日も休まず記事を投稿し続けた経験なんて過去に1回あるかないかくらいだと思います。
そんなにパワーを入れようとは思っていませんしね、ブログの記事更新に。
切っ掛けなんて本当に偶然というか気まぐれでしかありません、ある意味気の迷いで始めてしまったことなので(笑)。
そんな感じなので。
今月はそんなものを目指したりはしません、たとえ月の初めに更新が連続して見かけ上連続して更新になっていたとしても、コンプリートを目指したりはしませんので、そういう方向性でお願いいたします。


★さて、当ブログのメインカテゴリである「アニマン雑記」関連の記事の、今後の更新再開予定に関するお知らせです。
秋の新アニメの放送開始が、私の環境では3日夜からとなりますので、記事のアップは早くとも4日以降になります。
視聴予定作品の放送開始日程は、3日夜から始まって5日深夜を除く13日深夜まで連続するという完全にラッシュ状態になっておりますので、およそ半月くらいはほぼ休みなく更新になるものと思われます(汗)。
その後ちょっと間隔があいて、最後の作品が17日深夜枠ですな。
今期は日によってまちまちではありますが、それほど集中する日もなく、連続ではあるものの1日当たりの数は少数という、楽と言えば楽ですが休みがない分じわじわとジャブのように効いてくるタイプ?(笑)。
1日1記事にしたいということは常々書いておりますが、その日の作品数によっては複数に分割する場合もありますのであらかじめご了承ください。


★そうなんだよね、以前と違ってブログを統合したから過疎らないで済むんだよね。
前のようにアニメネタとその他ネタを別のブログにしてたら、こういうアニメ開始ラッシュの時期はその他ネタの方が過疎っちゃうし。
逆に開始ラッシュ時以外は、アニメネタ専用の方が過疎っちゃうし。
やはりブログ統合の判断は正しかったな!!…まぁあまりにも当たり前の判断だけどな!!(大汗)。


★再度書きます、もう今月は全日記事更新コンプリートを目指したりしないゾ!!(笑)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2015/10/01(木) 20:24:03|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する