アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

2016夏アニメ1ヶ月雑感

1ヶ月と言うには若干尚早ではございますが定期(汗)、7月末ですし2016年夏アニメもすべて出そろい大半の作品が3話4話程度までは放送済みとなっておりますので定期(大汗)、いつもの1ヶ月時点でのその後の推移とか感想とかそういった雑然とした話題を垂れ流す定期記事です本当に(ry。
そしてこれも定期、現時点での視聴作品リスト、曜日ごと、全視聴作品(前期からの継続作品等含む)、略称アリ。

月:あまんちゅ、SB69しょ~と
火:甘々と稲妻
水:NEW GAME
木:けいおん!!、クロムクロ
金:(なし)
土:ラブライブサンシャイン、この美
日:UC、レガリア、アルデラミン

うむ、少数精鋭(?)を維持できているな、よしよし(笑)。
今期は珍しく、1話切り突破後にさらに切った作品は、現時点では存在しません。
なのでというのもアレですが、視聴中の夏アニメに関しての1ヶ月時点での感想を記述していきたいと思います。
長くなるかもしれませんので予防的に以下隠します。

続きを読む

テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/30(土) 17:24:02|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013070701 HDC-1適当撮り

サムネイル


今日も今日とて相変わらずの適当撮り本当に乙です(サーセン)。
今回は、車でどこかへ出かけた際に撮ったものですね。
たとえ適当撮りでも、いや明確な目的や被写体がない適当撮りだからこそ、徒歩で出かけたときの方が撮りやすいです、片手にカメラを持ちながら歩いて気になったモノを発見したら即撮る、ということが可能ですので。
自転車だとそうはいきません、車ならなおさらです、いやそうでもないかな、でも車だと走行中には撮れませんし、急に止まってということもなかなか難しいです、おいそれ似たような画像ばかりになってしまいさすがにそろそろ面白みに欠けてきてます(^^ゞ。
まぁそういう話はともかく。
今回は、誰かに何かをアピールするというものはありません。
あくまで自分用の備忘録的な。
この日どこに何しに行ったのか。



日付けとこの場所がヒント


答えは、撮影日付を見れば一発でわかります。
あるいはこの場所。
何の変哲もない街角の風景なので、ちょっとわかりにくいと思いますが、あくまで自分用なので。
この近くに住んでる人ならわかるかなって感じの画像ですね。
てかさ。
どこに何しに行ったのかは分かった(思い出した)けど。
それならそれで、現地(目的地)で何かもっと撮れば良かったのにといまさら思う。
どうせ適当撮りなんだから、意味もなくパシャパシャ撮ればいいんだよ(笑)。
そういう、この時の反省もあってか、翌年以降はいろいろ撮っているとかいないとか。
そうです毎年同じ場所に行く日なのです。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/28(木) 21:24:51|
  2. 過去の写真を晒す_2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画やアニメの小ネタ

★この記事は当初日記カテゴリで書こうと思ってたものですが、内容が漫画やアニメに関するものだけであることに気づいたので、急遽アニマン雑記カテゴリでアップします。
でも中身的にはよもやま話的な日記記事的なアレ(汗)。
まずは。
昨日の記事だと思うんですが、その中で書いた漫画単行本の通常版か特装版かという話題。
結局特装版にしちゃったてへぺろ(大汗)。
もはや理由は書くまい、というよりお察しください。
それにしても。
密林は先般送料が有料になったが(2,000円以上買えば無料だけど)、本は相変わらず金額関係なく送料無料なので助かるなぁ、たぶん一般書店的には本も有料にしろって思ってるだろうけど。
自分は特段の事情がない限り、可能な限り一般書店で買うようにしてるので許してつかーさい。


★どうでもいいアニメ関係画像ネタいくつか。
まずは、アニメ「ばくおん!!」放送中に使おうと思ってたんだけど結局使えなかった、拾った画像。

けいおんばくおんキャラ対比図

ばくおん!!のパクリ元がオマージュしている「けいおん!」との、単行本の表紙の比較画像なのですが、何ともまぁ見事なものですなぁ(笑)。
ここまで行くといっそ清々しい。
ただ、この画像を見て我思う。
確かに羽音=唯、千雨=梓というのはその通りだと思う、羽音はいろんな点で唯そのものだし、千雨は性格面はともかくキャラ造形、1年後輩というポジションのみならず苗字まで中野とあずにゃんそのまますぎますし、もうちょっと捻れとすら言いたくなるほど。
聖に関しては、性格はずいぶんと違うけれど超金持ちお嬢様キャラという点で紬ポジだってのはわかるんですが。
凛が澪、モジャ(恩紗)が律ちゃんポジというのはいまだに納得いかない、正直この図を見るまでどっちがどっちなんだろうと判断出来てなかったので。
キャラが違い過ぎると思うんだよね凛と澪、モジャと律ちゃんって。
ま、あまり全部似せすぎても丸パクリにしかならんので、そういう意味からもあえて変えてあるという可能性もあるのかもしれません。


★もいっこ画像ネタ。
某所で拾った、当ブログ的表現で言う、きらら閥アニメ一覧、現時点での。

きらら閥アニメ一覧

元画像が1033×1024サイズでしたのでブログ用に小さくしてます、ただ見やすさ考慮で画像クリックすれば元画像表示されます。
以下この画像を見て思うことを乱雑に垂れ流し。

最初に書いておきますと、図の中でかなめも、ドージンワーク、GA、Aチャンネル、ハナヤマタは見れてないので、以下それらは抜いた話ということをご了承ください。

まずは、きらら系の5誌それぞれに、下世話な言葉で言うところの「神アニメ」が存在するのはすごいと思った、無論客観的な評価のみならず個人の主観も入ってのことではありますが。
ちょっとだけ劣るのがフォワードの「あんハピ」だけで、上からけいおん!、きんいろモザイク、ひだまりスケッチ、桜Trickと、列挙すると失禁しそうなほどの神々しいラインナップ、もはや文字を見ただけで威光で目がつぶれるレベル。

雑誌ごとの勝率(笑)に注目しますと、まずはなんと言ってもMAXの戦闘力の高さ。
先述のとおりかなめもは見れてませんので何とも言えませんが、きんモザ&ごちうさという全体の中でも主力戦艦を擁するMAXの戦闘力は53万です(笑)。

下から行きますと、ミラクは先頭の桜Trickをピークにどんどん戦闘力が下がっているのが気になる(当社比)、次のアニメ化作品でどれだけ回復できるかってところでしょうか。
なお個人の評価では桜Trick=キマ神、幸腹=ふつう、城ダン=1話切り。

フォワードは小粒感は否めません、ただこちらはむしろ上昇傾向というべきでしょうか。
個人評価、メリー=途中で切り、ハナヤマタ=未見、がっこうぐらし=ふつう、あんハピ=かなり良い。

キャラットはひだまりの一人勝ちといった感じ、たぶんもっとも早くアニメ化作品が出た誌でしょうから、それゆえ見れてないアニメも多く、数は多いもの均しちゃうとそうでもない感じ。
個人評価、ひだまり=神、ドージンGAAチャン=未見、キルミー=スルメ(笑)、ぞい=放送中判断保留。

MAXは先に書いたので飛ばして。
きらら本体もけいおんのみの印象、というより均しちゃうとけいおんで稼いだものが他作品で全部消費されちゃって下手するとそれでも足りない印象があって、均してはいけない気すら(大汗)。
けいおんとその他の格差が天地ぐらいある印象。
個人評価、けいおん=神OF神、あっちこっち=ゴミクズう○こ、ゆゆ式=全部見たけど眠くなった信者がウザいアニメ、三者三葉=1話切り。

最後に、アニメは面白かったのは結構な数あるんですが、この中で原作漫画を持ってる(購入中)なのは、ひだまりスケッチときんいろモザイクのみ。
けいおん、ごちうさ、桜Trickは原作読んだことあるんですが買うには至らなかった、そゆことです。

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/26(火) 21:30:23|
  2. アニマン雑記【アニメ&漫画混在】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかみがわからないとねっきもさめる

★ものすごくどうでもいいご報告。
前回だったかに賞味期限が迫っていると書いた、アニメ「だがしかし」コラボのブタメン、昨夜ようやく消費しました(笑)。
賞味期限は7月24日だったけど、食ったのは日付が変わって今日になってからだったんだが、まぁそのくらい誤差範囲だな問題ないな(白目)。

アリバイ

証拠画像、てか何を撮っているのやら(^^ゞ。
昨夜喰ったブタメンと、その前に食したやはりコラボ消品のベビースターラーメンの残骸の図。
ベビースターはもう一袋残っているので適切な時期に食すとしましょう、賞味期限もまだずいぶんと先なので当面安心安心。
なおこれらの残骸はしばらくとっておく模様(大汗)。
一応アニメグッズだし(^^ゞ。


★明後日27日に同時に発売になる、購入予定の漫画単行本2冊のうち、1冊に特装版があることが今日になって判明しました。
おっと特装版あるのか、価格も通常版と比べてそんなに高価ではないし、そっちを買わないとイカンかと一時思ったのは事実です。
しかし、よく考えてみたらその漫画、特装版買ったのは過去に1回だけだし、通常版で済ませたのも多いし、何より現時点でもなお特装版の中身が不明という状態。
通常版との差がわからないということね、何かオマケがプラスアルファになるはずなんだけど、その詳細が調べても出てこないのです。
それもあってか、なんか一気に熱して一気に冷めちゃってね。
過去にオマケがトランプという個人的にどうでもいい特装版があったりした本なので。
まぁいいやと思い直せました、冷静になったよかったよ(笑)、基本通常版で行きましょう。
いやさ、特装版って一般書店だと基本事前予約した分しか入荷しないので、もうこの段階だとネット通販に頼るしかないはずなんですよ。
まだ一部ネット通販では予約可能みたいですが、よほどのことがない限り通常版で行きたい所存。
ま、27日に買い物に出かける前に、特装版の詳細を調べてからがベターな選択だとは思いますが。


★それにしても庭の雑草伸びるのはえ~よいい加減にしろ!!(大汗)。
先週の水曜に刈ったばかりなのに、もうちらほら伸び始めてるってどういうことですかぁ~っ!!。
まいったなぁ、こりゃお盆前にもう一度やる必要あるかなぁ、天候次第だとは思うんですけど。
まぁ気にしなきゃどうってことはないんだが(笑)。
そうだそうしよう、いいじゃないか雑草ぐらい生えてても、それが自然だ!!(違)。
ところで今年のお盆休みって一般的にいつからいつの期間なの?(汗)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2016/07/25(月) 21:56:22|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013070601 HDC-1適当撮り

サムネイル


記事を書かなければという思いは持ちつつも、書く気力が乱高下しており、高い状態の時に無理にでも書いてしまおうということで更新です。
久しぶりの写真晒し記事。
しかし相変わらず適当撮りシリーズ、前に書いた通り当面の間続きます(陳謝)。
適当撮りシリーズはチョイスする画像に苦慮することが基本なのですが、今回はまったく迷わなかったという稀有な例です。
もう今回はこれしかないでしょう、ということで。



宮城県警上等


これを発見したのは撮影するずっと前、それこそ10年かそれ以上前です、前々から気になっていて、ようやくこの時に撮影にこぎつけたという次第です、まぁわざわざこれを撮影するためだけにこの場所に赴くのもいかがなものかとも思いますしね、それほど遠い場所ではないのですが。
フィルムカメラで撮ろうとは思いませんけどね(笑)。
順番逆になりましたが、この画像大きさは元のままですが色調を補正しています、今回は手動です、自動補正もしてみたのですが思ったようにはならなかったので、手動でいろいろいじってみました、元画像よりは見やすくなったかと思われます。

ありがちな、やんちゃなライダー(笑)の方々の落書きなんですが、どうにも私はコレが気になって気になって仕方がなかったのです。
それはもちろん、文字の並び順に関して。
無論主旨としては「宮城県警上等」であることは疑う余地はないのですが。
なぜ。

宮城上
県警等

の並び順になってしまったのか(爆)。
考えると夜も寝られません(激爆)。
一つの推定としては、本来は

宮城
県警
上等

と書きたかったところ、「県警」まで書いたらその下に「上等」を書くスペースがないことに気づき、やむなく右側に書き加えたのかな、なんて思ってます。
まぁどう考えてもこれ書いたのは夜の暗闇の中でしょうし、悠長に書いている暇もないでしょうから、察するに余りあると言えなくもないことではありますが(^^ゞ。
ただ、横3文字縦2文字にこの文言を収めるとするなら、確かに切りどころは難しいです(笑)。
たとえば、

宮城県
警上等

だとやっぱりなんだかマヌケだしセンスが感じられません。
なので出来うれば、

宮県上
城警等

か、あるいは左右逆順が本来は正しい日本語の縦書き配置ですが、そういった配置に出来ればある種関心すらしたのでしょうけれど、無理だったみたいですね(爆)。
しかし、苦肉の策とはいえ右側に文字を書きこんで3×2のフォーマットに収めたのは評価に値するかもしれないと思わなくもない(激爆)ですし。
なにより「上等」という表現はセンスを感じるかもしれません。
もちろんこれは褒めているのではなく「上等だゴルァァァァァァァ!!」ってことなんでしょうけれど、これが昭和だったら「打倒!!」とか「滅殺!!」とかいう文言だったかもしれないと考えると、平成という時代を感じます(謎)。
いや、むしろああいう方々にとっては「上等」の方が標準語なのかな?(^^ゞ。
ちなみにこの落書き、今でもあります(超爆)。
たぶんこの建物の所有者の人、消す気ないんだと思います。
そこそこ交通量の多い道路沿いの場所なんですが、基本通過するだけの場所ですし、仙台市内とはいえ辺境部分(爆)なので放置でも問題ないのは確かだと思います(^^ゞ。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/22(金) 21:36:06|
  2. 過去の写真を晒す_2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろとかったこと

★庭の雑草刈り終了すますた。
ま、さすがに放置というわけにはいきませんし。
しかしなぜ今日か?、というのは実は理由があったりします。
ウチの方では月曜と木曜がゴミの日で、刈った雑草をあまり長い間庭に保管しておきたくないのでどうせやるならゴミの日の前日が最適なのです、以前はそんなの無視してたこともありますし、今でも場合によってはその限りではないのですが、可能な限りね。
んで、日曜には雑草刈りしたくない(笑)のと、そりゃそうだよね。
お盆時期の伸び具合を考慮すると来週あたりがベターな気もするのですが、なんと来週の水曜は欲しい漫画単行本の発売日でしかも同時に2冊、それらを買いに行かんといかんから(爆)今週しちゃうべとなった次第。
どうです、ちゃんと論理的かつ合理的な理由でしょ?(白目)。


★その雑草刈り作業中にカエルさんに遭遇しました。
カエルさんが我が家の庭に生息していることは、それこそ何十年も前から既知のことではありますが、今まではたいてい夕方~夜間の遭遇で、今日のように真昼間に遭遇というのは珍しいです。
それにしても、本気で何十年もの間出没しているので、カエルの寿命は知りませんがどう考えても何世代にもわたって生息していると推定されるのですが。
一体全体、我が家の庭のどこで繁殖しているのか(汗)、そしてなにを食って生き延びているのか(大汗)、これが七不思議マジわからん。
アレだな、蚊を食ってくれているなら助かるのですがね、でもミミズも結構いるようだしそういうのかな。


★そんな感じで午前中いっぱいは雑草刈りに忙殺されたので。
いつも午前中にチェックする、その日のネットのあれこれが今日は午後からだったので。
いろいろえらいことに、ツイッターの未読とか(笑)。
しかしRSSフィードはそうでもなかった(^^ゞ。


★視聴継続中の夏アニメの2話以降の感想、いくつかあるのですがアップするタイミングを少々逸した感もあり、月末あたりに書こうと思っている1ヶ月経過時点での報告記事にインクルードする形で載せたいと考えていますが、あくまで予定です。


★一昨日の月曜18日のことなんですが。
近くのスーパーでお菓子コーナーを何の気なしに物色していたら。

ベビースターだがしかしバージョン

放送が終わって今月末で1ヶ月になろうというこのタイミングで…と思ったら1ヶ月どころじゃない、よく考えたら今年の冬アニメじゃないか!!(汗)、つまり放送終了して1クール以上経ったこの段階で(その間常にチェックしてたわけではないですが)、なぜか放送中には置いてなかったのにいまさら入荷しててなんでやねん!!、状態の「だがしかし」コラボのベビースターラーメンを発見、ついカッとなって買った後悔はしてない(爆)。
いやマジなんで今頃!?、まさか在庫が余りまくって処分品!?(笑)。
まぁなんにせよ、あれば買いたいと思ってたので、これ幸いと2個も買っちまったよ。
なんでもいいけど画像はブログ掲載用にリサイズ&自動色調補正、次の画像も同様です。
記事を書いてる今気づきましたが、これほたるさんのセリフが違うのね、マジ全く気付かなかったもっと違うバージョンもあったのかな失敗した、まぁどうでもいいですけど(^^ゞ。
ともかく、1クール越しの念願(笑)が達成されたので。

コラボ商品一覧

過日買ったコラボブタメンと合わせて撮ってみました(爆)。
ってブタメンまだ食べずに残ってたのかよ!!、買ったの3月末なんだけど!!(激爆)。
まあね、ブタメンはこのままでは食べられず、お湯を入れないとイカンという手間があるので、延び延びになっていたのですが。
そのブタメン確か賞味期限がそろそろヤバい(大汗)。
うむ、近日中に食すとしよう(^^ゞ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2016/07/20(水) 21:59:07|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あといっしゅうではんせいき

★更新実績作りのやっつけ記事失礼します。
庭の雑草がヤバいです(笑)。
確認してませんが、どう考えても前回の雑草刈り作業から1ヶ月以上経ってるので、当然ではありますが、しかしちょっと前まではそんなでもなく、なんだか最近急にびょんっと伸びた感じです。
きっとここ数日の雨のせいかな?、とか考えています。
刈らんといかん状況ではありますが、今やるとお盆休みごろまたヤバそうなんですよね、出来ればお盆期間中には雑草刈りしたくないし、しかしならば今月末まで作業をせずにやり過ごせるかといえばそれも難しい感じ。
さて困ったぞい、タイミング的にも、刈るにしても天気的にも困った(笑)。


★先月中ごろだったと思うのですが、行ったやっつけニセモノでっち上げ洗車。
その時使った腐れケミカル剤△URIですが、意外や意外なぜかまだワックスが効いてる感じでマジかよなんでまだ効果発揮しているの状態(爆)。
おかしいっ、ワックス効果長持ちしなかった印象があったのに、なぜ効いているっ!?(^^ゞ。
ま、△URIには洗浄効果もあって、GW前のワックスがけの時にザラザラしてた車体が多少なりとも綺麗になった、それゆえ効果が長持ちしていると肯定的に考えてみましょう。
しかしおかげで、なんとか梅雨の期間は再度の洗車をせずとも凌げそう(笑)。
次回は梅雨明けしてからでしょうな、次の時はまた固形ワックスかな、さすがに△URI使って車体表面(ルーフとボンネットのみだけど)のざらつきを落としたので、次回はもうちょっとワックス効果持続するだろうと楽観的に考えてみる。


★なんでもいいけど次の月曜は休日で、特に気にしてなかったのですが「海の日」なのね。
あれ、確か「海の日」って20日か21日じゃなかったっけと一瞬思いましたが、例のハッピーマンデーとかいう法律で月日固定じゃなく第何月曜日ってやつなのね。
なんかわかりにくいなぁ、ハッピーマンデーの趣旨はわからんでもないですが、結局それで休みが増えるのって元々休みがしっかりある人たちで、休めない人たちは休めないままだと思うんですけど。
なんでもいいけどね(マテ)。


★今年で50年なもの。
ビートルズが来日してから。
ウルトラマンが始まってから。
カローラが発売されて。
そして…以下略orz。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2016/07/16(土) 17:44:53|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔装学園H×H

2016年夏期新アニメ第1話レビューは今回の、BS11月曜深夜枠アニメ「魔装学園H×H」第1話感想ですべて終了となります。
よりによってラストがこれかよ、だからまとめてアップしたかったんだが仕方がない。

アバンからエロシーン全開でお察しください状態、しかし考えようによってはこのアニメはこういう方向性だ!!、という明示であり嫌なら見るな!!、という宣言でもあるのである意味潔いと言えるかもしれません、それが正しいかどうかは別として…いや正しいのか、はなっからエロ嫌いは相手にしないってことなんだから。
エロ分は濃いものの内容的にはイマドキのありきたりなラノベアニメ、むしろエロ分がもう少し薄かったらいわゆる石鹸枠アニメだよなこれ。
というかアバンが一番エロ濃度が高いというトンデモ仕様はもはやあっぱれとしか(笑)。
気にしてもしょうがないけど、細かい設定などの説明は後回しの模様、敵はいったい何なのかなどは不明のまま、それが1話でわかる必要もないですし、あくまでインパクトと興味喚起重視の構成なんだと肯定的に解釈。
あまりにも内容がアレすぎてむしろ笑ってしまったので、もしかしたらギャグと割り切って見れれば意外にも面白いかもしれないですが、放送時間が時間なだけにリアルタイム視聴はもとより録画してまで見たいとも思えず。
むしろ見るならニコ動でツッコミコメント読み書きしながら見るのが適切というかそういう系の作品ではないかと。
ニコ動で見るかどうかはともかく、少なくともTV放送分はある意味予定通り今回にて視聴終了。
ところで。
ここまで露骨にエロに振ったアニメも久しぶりな気がしますな、前期は該当するの何かあったっけ?、「ハンドレッド」がそうなのかな?、でもエロ度が比較にならないくらい濃いんですがこっちは(笑)。
その前2016年冬もね、「最弱無敗」はやっぱり同様だし。
さらにその前2015年秋には「ヴァルキリードライヴ」という金字塔があったんだがな(^^ゞ。

そんな感じで。
冒頭でも書きましたが、これにて2016年夏期新アニメ第1話レビューはすべて終了となります。
今期はまだ毎話レビュー作品を決めてませんが、あくまでそれはイレギュラーなので是々非々で。
ある程度の段階でその後の経過報告めいたものはやりたいと思ってますが詳細は未定です。
それから、月頭から今までわりかし更新頻度高かったので、もしかしたらちょっと過疎るかもしれません。

テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/13(水) 21:38:39|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまんちゅ!

2016年夏期新アニメ第1話レビュー、今回はBS11月曜深夜枠の「あまんちゅ!」第1話感想です。
なお、当初はもう一作品と同時アップで2016年夏期新アニメ第1話レビューの最終記事にする予定でしたが、都合により分割します、残る最後の一作品の記事はまだ未定なるも後日アップの予定です。

一週前に「ARIA」の特番を放送しててなぜ?、と思ったらどうやら原作者が同じ人らしいですね、それ以上に「ARIA」に原作があったことの方が驚き、まぁ驚く以前に「ARIA」は見てない(環境の問題で見られなかった)ので知識ゼロなんですが。
そんなあらゆる意味で当作品初心者の私からすると。
どうにもストーリーの展開速度が遅いとしか思えなかった1話。
事前のCMでも公式HPでも、あれだけ海orスキューバダイビングの絵を前面に押し出して展開してたのに、Aパートこそ海&スキューバ要素はあったもののBパートは完全にガールミーツガールのみ、きっとこれから海&スキューバに触れて変わっていくだろう双葉が第1話でほぼそれらにノータッチというのは、さすがにいかがなものかと。
言うなれば、ロボットアニメで主人公が主役メカに全く接触しないで終わったと同じレベル、それはイカンでしょ、まぁ過去にそういうロボットアニメがなかったわけではないですが(笑)。
これ、1クール作品でしょ?、いやたとえ2クール作品だとしても遅いと思うこの展開速度は。
あるいは、もしも原作ファンがこの1話で大満足だとしたら、私とは決定的に波長が合わない作品なのかもしれないです。
なにやら「癒し系アニメ」にカテゴライズされるらしいですが、展開速度の遅さに癒されるどころかストレス溜まりまくって逆効果でしたが。
いやストレスの原因は展開速度だけじゃない。
ダブルヒロイン(主人公)の、元気な方の光は悪くなかったのですが、双葉の病的なまでのコミュ障やネガ思考加減がどうにもイライラの元にしかならず、シンパシーゼロを通り越してマイナス。
小学生とか幼児ならまだしも、高校生にもなって新たな環境に馴染めず過去にすがってばかりのキャラは決して好きな部類ではありません。
それから蚊取りマット先生がなんだかいいこと言った風になってますが一つもいいこと言ってません。
義務教育じゃないんですよ高校は、勉強が嫌なら通う必要ないんです、まず第一は勉強だろ常識的に考えて、とても教師の言葉とは思えませんたとえフィクションだとしても。
それに、教科書配ってましたね、そうか今は無償化でしたっけ?、授業料も無料なのか?、その授業料や教科書代は税金なんですよ、勉強する気もないボンクラに無駄な税金使われたくないから勉強する気がないならとっとと退学して働いてください。
とまあ、粗ばかり目立ってある意味印象最悪の第1話。
なぜだろう、総監督のサトジュンはその名を知らねばモグリなほどにヲタ界隈ではビッグネームだし、監督のカサヰケンイチといえば「青い花」の監督でもあって問題ないはずなのに、この二人がそろってなぜこんな出来に、サトジュン+海といえば思い出す「うみものがたり」では1話できっちり変身して戦闘してこういう作風ですよと提示したいい出来だったのに、その差はなんだろう原作があるかないかくらいしか思いつきません。
となると、そもそも私が見ても面白いと思えない作品であるという可能性が。
以上ネガティブなこと羅列しましたが、しかし1話切りにはしません、様子見でもうちょっと視聴継続。
今期はそもそも視聴作品が少なめなので、見極めに時間を割けるラッキーはあります、もしも作品数が多かったり、あるいは今回のように終盤ではなく夏期の序盤に放送開始になっていてシビアな取捨選択に迫られていたら、1話切りだったかもしれません。
多少なりとも期待していた反動、というのはあるかもしれませんが、ここまで思ってたのと違うとも想像してませんでした。
もはや切り候補といっても過言ではありません。

テーマ:あまんちゅ! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/12(火) 21:20:21|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レガリア&アンジュ&アルデラミン

あっという間に終盤戦の2016年夏期新アニメ第1話レビュー、今回はBSフジ日曜深夜に、3作品90分連続で放送という怒涛のアニメタイム(笑)の様相を呈した、「レガリア The Three Sacred Stars」と「アンジュ・ヴィエルジュ」と「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」それぞれの第1話の感想を一気に。
3作品分まとめてなので可能な限り短めに。


レガリア The Three Sacred Stars」。

噂通りロボットアニメ。
スーパーロボット作品なのかリアルロボット作品なのかといえば、個人的にはどちらとも分類しがたく、もちろんどちらかといえばスーパーロボットとしての要素が大きいのでしょうけれど、むしろ昭和の末期に隆盛を極めたOVA黄金期に散見されたような、マニア向けのロボットアニメといった印象。
そんな印象なので、主役メカの搭乗者が少女二人という点からも、若干の百合成分からも、「イクサー1」をなんだかイメージしてしまいました。
だが面白い!!(謎の日本語)。
やはりロボットアニメというだけで評価が甘くなってしまうのは、ロボットアニメ大好きおぢさんの宿命と言ってももはや過言ではない!!(過言です)。
もちろん、さっぱりわかりませんでした(笑)、いや状況や世界設定やその他諸々の、本来説明があって然るべきものをほとんどすっ飛ばして、とにかくまずこういう作品だよということを見せることに終始した第1話であったことは間違いないです。
大雑把なことはわかったというか、あくまで推測レベルですがなんとなくはわかりましたけどね。
ですが、まぁいろいろわからない部分は、べつに1話で全部説明しなくても、追々わかっていけばいいことだし、と思えてしまうのはひとえにロボットアニメだからなんだなぁ、もしもこれでロボットアニメじゃなかったらきっと批判していたにちまいなひ(大汗)。
まったくこれだからロボットアニメ大好きおぢさんはイカンな(^^ゞ。
そんな感じで、むしろ結構大好きだったりしました、もはや期待は高まるばかりです状態、下世話な表現で言えばヤベェ面白れぇってところで、視聴継続。
もうロボアニメ脳は治らない模様(爆)。


アンジュ・ヴィエルジュ」。

一瞬ラノベアニメかなと思いましたがやっぱりTCGベースのアニメでしたな。
まさか噂通り、本当に戦闘と銭湯シーンのみだとは(笑)。
こちらは一応世界設定が語られてはいましたが、初見&リアルタイム視聴でべらべら述べられただけだと、どのキャラがどの世界のキャラなのか把握できないし、そもそもどんな種類の世界があったかもよほど気合を入れてみてなければ覚えきれません。
説明すればいいというものではないの典型としか。
お話としては目新しさはなさそうだし、描くのはキャラの成長なのでしょうか、今回見る限りではそういう部分にもあまり興味を持てず。
さすがにこれはなくてよさそう。
TCGを元にしたアニメでも、WIXOSSくらいのものを見せてくれるならまだしも、ラクロジレベルではちょっとねとしか言いようがありません。
視聴終了。


ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」。

今期アニメの中でも一番正体不明だった作品と言えるかもしれません。
ファンタジーなのかなとも思いましたがちょっと違う感じ、いやファンタジーではあるのでしょうけど。
序盤、どこぞへの入学前のシーンから始まって、おいおいそこから始めるのかよと思ったのは事実ですが、終盤にかけ尻上がりに面白くなっていきました。
ちょっと前にあった「対魔35小隊」的な作品なのかと思ったらどうやら違うようで、意外にも知略で難局を打開していく系の作品なのかな?。
今回、そして少なくとも次回まではイントロダクションで出会いを描くのはやむを得ないとして、早いところ本筋に移行していただきたいところ、いやまさかすでに本筋なのかな?。
意外性による加点もあり、様子見状態ではあるものの、とりあえず今しばらく視聴継続。


そんな感じで2残1捨になりました。
どうしよう、出来れば「レガリア」だけはリアルタイム視聴したいところですが、その日の体調次第でしょうかな、同様に「アルデラミン」は基本録画対応にする予定ですけど気が向けばリアルタイムでって感じで。

テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/11(月) 21:44:15|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この美

録画した分見たし、ついでに選挙も行ってきたし(ォィ)ということで、2016年夏期新アニメ第1話レビュー本日2回目の更新は「この美」こと「この美術部には問題がある!」第1話感想です。
なお選挙ですが、初めて出口調査らしきものに遭遇しました、これ幸いとアンケートに答えて来ましたよ、年齢はもちろん「40代」に○を付けました(笑)、調査員の人にもうすぐ誕生日で代が変わっちゃうんですけどって確認したところ現在の年齢で、若い方でOKって言われたので問題ないぞ!!(爆)。

ラブコメ、ですな、いやどう考えてもそれ以外ないですけどね。
常々言っているようにラブコメは少々守備範囲外なんですが。
ヤバいなんか釣られた、妙に面白い。
なんだろう、なにがどうということもないんですが、展開のテンポは自分の波長に合ってる感じです、内巻が重度の二次コンというのもさることながら、宇佐美みずきがかわいい、なんだかそれだけで充分な気がしてきた(白目)。
まぁ内巻の二次コンはもう末期レベルだけどな、何だよ結婚式って(爆)。
予想以上の拾い物感。
アバンから、内巻の持つ大きな夢で絵が映し出された時点であっ(察し)ってなったわ、この時点ですでに術中にはまっていたと言っても過言ではないかもしれん(ちょろい)。
OPは水樹奈々でしたがあまり水樹っぽくない印象、しかしそれほど水樹歌が好きではない私からするとむしろプラス要素。
EDはなんだかさっぱりイマドキの歌っぽくない、むしろうる星的な雰囲気すら(笑)。
偏見丸出しで書けば、美術部員なんて大半はヲタだという印象だし、最高の二次嫁を自分で描くというのは確かに究極の目標ではある、理解できます(錯乱)。
宇佐美みずきがリンゴしか描かないのは、リンゴ→アダムとイブ→エロいことのメタファーなのかと思ったらそんなことはなかったようですな(^^ゞ。
なぜか、見ていて「究極超人あ~る」を思い出しちゃった、本当になぜだろう。
やってることはベタベタコテコテのラブコメなんだけどなぜか面白かった。
しかし返す返すも内巻の入部を許可した部長がGJなんだよなぁ、そのへんもあ~るっぽいと言えるのか?。
そんな感じで、「クオリディア・コード」が散々だったのでこっちもダメかなと期待を下げていた影響もあるかもしれませんが、本気で拾い物感満載、これはちょっと注目して見ていきたい、視聴継続。
ただし放送時間の都合でリアルタイム視聴は基本回避でしょう、あくまで録画対応で。
何かの都合で放送時間まで起きてた場合はリアルタイムで見たいとは思いますけど。

テーマ:この美術部には問題がある! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/10(日) 17:08:36|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブライブ! サンシャイン!! 2話 & クオリディア・コード 1話

2016年夏期新アニメ第1話レビュー、本日更新分は変則的に、まずは「ラブライブ! サンシャイン!!」第2話の感想を軽く書いてから、「クオリディア・コード」の第1話感想を書きます。
本日書くべき感想は他にもう一作品分あるのですが、それはまた後程別記事で、出来るだけ今日中にあげたいと思ってますし可能だと思うのですが、もしかしたら明日以降になるかもしれません。


まずは「ラブライブ! サンシャイン!!」第2話に関して。

どうにもμ’sを引きずりすぎな気がします、もちろん作品名が「ラブライブ」なのである程度はやむを得ませんが、さすがに前作リスペクトしすぎな気がします、前作に過剰に頼らずこの作品ならではのオリジナリティをもっと前面に出していくべきではないかと。
会長がラブライバーレベルなのは少し引きました、嘘です爆笑しましたが(笑)、会長はにこにーのようにスクールアイドルを目指してたキャラというだけで良かったはずで、μ’sに詳しい必要はなかった気がします。
もちろん、現時点で劇中ではまだ新ユニット(アクア)は結成もされてないしユニット名もメンバーも決まってない、曲もないのでμ’sを引用するのはやむを得ない部分はあるでしょうけど、ちょっと目につきすぎ感。
μ’s信者向けのファンディスクじゃないんだから、と思ってしまいます。


さて、新アニメ「クオリディア・コード」第1話感想。

放送時間が重複する他の2作品を捨てて視聴することにした当作品。
ラノベアニメかと思ったらなんとアニメオリジナル作品だそうで。
メディアミックス作品で、作品世界を共有するラノベ作品は既出ではあるものの、このアニメはそれらを原作としたものではなく、完全にアニメ専用のストーリーになっている、ということを以前「アニゲーイレブン」で見てはいたのですが。
蓋を開けてみれば、オリジナル作品でも脚本とかシリーズ構成を担当しているのがラノベ作家なので、結局はラノベアニメの域を脱していなかったという結論にしかならなかった残念な作品。
どこかで見たことがある以上にもはや使い古された感がある状況設定。
人類の存亡がかかっている戦いのはずなのに皆無な緊張感。
主人公は完全に俺TUEEEEEE系。
実は原作ラノベがあるのですと言われた方があだ納得できる出来。
加えてまたしても並以下の作画、30年前だったら超絶美麗作画だったでしょう、しかし今は昭和でも20世紀でもない、平成20年代後半で21世紀なのですよ。
今期1話を見て視聴継続した作品にはそんなことは思わなかったので、やはり作画のレベルは高くはないです、そして今や一定水準以上の作画レベルがないと厳しい、そんな時代なのです。
内容的にも絵的にも良いと思った部分なし。
こんな事だったら時間がかぶった「タブー・タトゥー」の方を見ればよかったと思ったりしますが、結果論でしかないしあちらもあちらであまり期待しない方がよさそうな感じ(笑)だし、まぁいいです。
まさか、どこかで目にした「はいふりって面白かったんだ」という書き込みがこんなに腑に落ちることになるとは思ってもみなかったよ(白目)。
結論、今回にて視聴終了1話切り。
土曜夜は、今しばらくは「ラブライブ! サンシャイン!!」をリアルタイム視聴して、これから見る結果如何で変わりますが「この美」は録画対応でいい感じですね、早寝しましょう(^^ゞ。

テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/10(日) 11:49:09|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なにかいいものないだろか

★書く必要はないと自覚しつつも書きます、まずは今後の更新予定に関して。
2016年夏期新アニメ第1話レビュー記事、次回アップは10日の日曜以降の予定です。
今期は、昨日木曜はアニメ自体はあるものの、すべて前期からの引き継ぎ作品(けいおん&クロムクロ)のみ、そして本日金曜はすでにアニメ休日となることが決定しておりますので、そのような予定になります。
ですから本来今日明日は記事がなく、更新休んでも良かったというかむしろそうすべきだったのかもしれませんが、まぁこまけぇこたぁいいんだよ(笑)。


★そういえば次の日曜10日は選挙でしたな。
まいったなぁ、前日の土曜夜は、新アニメが今期で最も多く一度に放送開始になる日なんですよ、しかもそのすべてをリアルタイムでは見ずに一部録画対応にして、日曜に見てそしてそれらの感想記事を書こうと思ってたので、けっこう忙しい予定なのになぁ怠いなぁ(笑)。
と思ったら超絶勘違い、最多はその選挙の日の10日の日曜夜だった、いやはやお恥ずかしい。
まぁいずれにせよ怠いよなぁ(マテ)。
一応行きますけどね選挙、行かんとまずいでしょいいオッサンが。


★元々今日は、記事を上げるにしても写真晒し記事にしようかと一時思ってたのですが。
先日上げたばかりだし、そんなに焦らなくてもいいかと思い直し中止、そもそもネタ切れ対策記事ですしね。
写真晒しといえば、以前設定した例のデジカメの撮影目標、今月は現時点でとりあえず目標がクリアできた感じになってます、内容的にはかなり強引なものですが達成してるには変わらないということで。
達成はしたものの、でももうちょっと何か撮りたいところでもあります、先月がかなり少なかったので今月は少しね、相変わらずめぼしい被写体はないのですが。
来月はやはり、その目標クリアのためにも、七夕見に行かんといかんかね。
たぶん見に行くと思いますけどね。
去年も行ってるし、連続で毎年見に行くとなると近年ではレアケースになると思います。
ま、年に一度の地元のメインイベントですしね、行っておいて損はないでしょう。
秋のきんモザ映画に向けて、パルコ2の事前偵察もしておきたいしね(笑)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2016/07/08(金) 21:30:16|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW GAME!

2016年夏期新アニメ第1話レビュー、今回はBS11水曜深夜放送の「NEW GAME!」の第1話感想だぞい(笑)。
ところでいきなり小ネタで恐縮ですが、今や「ぞい」といえばこの作品になっちゃってますが、おぢさんの世代だと「ぞい」といえばセラムンのゾイサイトなんだが(爆)。

ネットでの話題先行の感があり、正直まさかアニメ化するとは思ってなかった、当ブログ的表現で言うところのきらら閥アニメ。
きらら作品のみならず、昨今のアニメ特に日常系作品においては、主人公たちは中高生であり舞台は学校であることがもはや鉄板の中、この作品は社会人が主人公&主要キャラであり舞台は会社。
無論少数派ではあるもののそういう作品も皆無ではなく、逆に希少さゆえなのか好評を博す作品も多い印象はあります、けれども個人的に珍しいと思ってしまうのは、もしかしたら守備範囲外のジャンルだからなのかもしれません。
さて、もしかしたら個人的に相性がよろしくない職業モノアニメ、どんなものかと思いましたが。
意外に悪くない。
何か突出して面白かったとか、インパクトがあったとかいう部分はありませんでしたが、対して失点もなし、しかし失点がないというのはとても大事だと思います、結局のところ素性のよくわからない作品を評価するには、まずはいかにマイナス部分が少ないかで印象が違ってくると思いますので。
プラス分は見続けているうちに蓄積されるものによって醸成されるという部分もあるでしょう、しかしマイナスは蓄積関係なく一発アウトになる可能性もありますので。
ただし、マイナスとまではいかなくとも、疑問に思った部分はあり。
やはり高卒新人への初日の対応としてはいかがなものかと思う部分が、重箱の隅をつつくような細かい指摘は省きますが、リアルだと本来あって然るべきな各種プロセスをいろいろすっ飛ばしている印象で、その意味でリアリティというものには少々欠けるのかなと。
言うなれば、実社会を知らない未成年向けの、夢のある社会人生活を描いたファンタジーという印象でしょうか。
とはいえ、新入社員が主人公・涼風青葉一人だけという規模の会社だし、業界的な風習もあるかもしれません、もしかしたら高卒新人にいきなりOJTめいたことをさせるというのは逆にリアルなのかもしれません。
ただしこれだけはきっと間違いない、現実はあんなに和気あいあいとはしてないと思います(汗)。
プラスというほどではありませんがいい意味で気になった点は、申し訳程度のお色気要素と、謎のキマシ分(笑)にはちょっと心惹かれました、そのへんは是非とも追っていきたいですな(大汗)。
作画はさすがの動画工房文句のつけようがない、いや、最近の動画工房って若干アレなのを連発してた気がするのですが、気のせいだったかな?、え~と確かアリアAA…うっ頭が(滝汗)。
以上総合して、様子見からは脱せてはいませんが、でも別に悪い印象もないですよ、ということで今しばらく視聴継続。
はたして今後どう展開していくのか、今回の雰囲気継承で社会人ファンタジーのまま行くのか、逆にリアルシリアス方向に振るのか、個人的にはこの作品にシリアスは求めてないので、リアリティに欠けても前者のままで行ってほしいと思うところです。

テーマ:NEW GAME! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/07(木) 22:15:05|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘々と稲妻

2016年夏期新アニメ第1話レビュー、今回はBS11火曜深夜放送の「甘々と稲妻」の第1話感想です。
今気づきましたが前回「ラブライブ! サンシャイン!! & Rewrite」でタイプミスありましたな、まぁあるだろタイプミスぐらい、一応はチェック(推敲)はしてるんですが漏れはありますご容赦ください、いまさら面倒なので気づいたけど直しません(汗)。

以前放送されてた原作のTVCMは知ってますし、その時点で父子ドラマ(父娘モノ)であることはおぼろげにでも知っていたような気はします。
父子ドラマ(アニメor漫画)といえばまず「うさぎドロップ」を思い出します、しかし1話を見る直前に、むしろ「よつばと」に近いという意見を目にしていました。
はたしてどんなものかなと思っていましたが。
「うさドロ」でも「よつばと」でもない、「甘々と稲妻」としてのオリジナリティを確保し、差別化は図られていると感じました。
ただ、強いてどちらに近しいかといえば、やはり「うさドロ」でしょうね、現実の父子家庭が抱える諸問題を逃げずに描いていましたので、むしろ「よつばと」がそういうネガティブな部分をあえてオミットして、とにかく明るく楽しい作品に仕上げてあると言うべきでしょうか、私が知る限りにおいては。
(注:「よつばと」は購入対象外ですし好きな作品ではありませんが、「電撃大王」を購読していた頃に載っていた初期の部分は知っているといった感じです)
オリジナリティはやはり「食」を一つのテーマにしていると思われる部分、なので個人的イメージは「うさドロ」と「幸腹グラフィティ」を足して割ったようなと言ってもいいかもしれません。
最も安心したのが娘のつむぎがウザくなかったこと(汗)。
ファンには申し訳ないのですが「よつばと」が好きじゃない理由がそこなのです、どうにもよつばというキャラが好きになれなくて、でもこのアニメの幼女は大丈夫でした(^^ゞ。
望まず父子家庭になってしまった父子ドラマというのは、やはり思うところがあり、後半あたりはついつい見入ってしまいました。
懸念はありましたが払拭された模様、様子見ではありますがひとまず1話切り回避で視聴継続。
細かいこと。
主人公(でいいのか?)犬塚公平は副担任でありながら自分のクラスの生徒を覚えてなかったのはやはりいかがなものかと、妻を失ってまだ半年だそうで、察するに余りあるとはいえさすがにね。
メインヒロイン(なのか?)飯田小鳥は発言に注意すべきだろう、「私とごはん食べませんか!?」ってそれ普通にプロポーズと取られてもおかしくないですから!!(爆)、というかそういう勘違いネタの薄い本が乱立する悪寒、いや原作はとっくの前からあるので既にかな?(汗)。
つーか1話が飯食って終わったんですけど、やはり幸腹系統の作品なの!?。
ところで作品名の「甘々と稲妻」ってどういう意味?、そういう名のキャラがいるわけでもなさそうだし、いずれわかる仕様になってるのでしょうか?。

テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/06(水) 21:27:07|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013062901 HDC-1適当撮り

2016年夏期新アニメ第1話レビューの次回記事は明日以降アップ予定です。
昨夜放送された「SHOW BY ROCK!! しょ~と!!」、もちろん見ましたし当初は感想書くかと思ってたのですが、よく考えたらSB69のスピンオフであり当ブログ基準での純粋な新規アニメではないので、記事は無しにします。
面白かったとだけは書いておきます。



サムネイル


アニメ感想記事がない間隙をついて(笑)、停滞している写真晒し記事をゲリラ的にアップ。
しかしまたしても適当撮り、本当に申し訳ありませんが、今後相当しばらくの間適当撮りシリーズが続きます。
今回の適当撮りは本当に適当に撮ったもの、いやいつも同じなんですけどね、使える画像がマジでないという点から真の適当撮り(汗)。
どうやら漫画の単行本を買いに出た際についでに撮ったもののようですが、適当撮りの本道であるとも言えると同時に適当すぎてどの画像を使えばいいのか判断に苦慮するというこの矛盾。
なので、選択も適当に(大汗)。



ぐにゃり…じゃない、だと!?


サイズはそのまま、色調補正(たぶん手動)と一部修正をしてあります、確か元画像はもっと暗かったと思います。
注目すべきはやはり、画像左側の道路標識。
う~ん見事にぐにゃってま…えっ、ぐにゃり画像じゃない、だと!?。
一瞬いつものぐにゃり画像と勘違いしますが違いますね、リアルで道路標識が支柱ごと傾いてるんですね、もしもぐにゃり画像だったら奥のファミレス(ま○まつ)の看板も曲がってるはずですが、そうはなってませんので。
支柱が途中で斜めになってるのはそういう仕様だと思うので、そのことではなく支柱全体が右に傾いてますよね、そういう指摘です。
広角レンズだと画面の端が歪むことはありますが、これはその影響ではないと思います。
リアルでこういう状態だとして、問題はなぜこのように傾いているのかということですかね。
たとえば車が衝突したら、むしろ逆側に傾くような気がします、ただ支柱のかなり下部に局所的にダメージを喰らったらこんなふうになるかもしれませんけど。
とはいえ生垣もあるし車がぶつかったせいなのかかなり疑問、しかしそれ以外の原因も思いつかないですね。
人間が蹴っ飛ばして傾きますかね?、相当な回数を長期間にわたってやって傾くかどうかって感じだと思うんですけど。
強風の影響とは考えにくいですけどね。
あるいは、今流行(違)の熊か!?(汗)。
そりゃこの場所は元々山だったし、熊くらい出てもおかしくはないですが、可能性は低いと思いますけどね。
謎の傾きの原因は何ぞや!?。
この場所、近くまではだいたい三週間に一回は行くので、暇があったら実況見分でもしてきますかね(笑)。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/05(火) 21:42:15|
  2. 過去の写真を晒す_2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブライブ! サンシャイン!! & Rewrite

2016年夏期新アニメ第1話レビュー、今回は土曜夜BS11放送の「ラブライブ! サンシャイン!!」と「Rewrite」そそれぞれ1話の感想をまとめて。


ラブライブ! サンシャイン!!」。

注目したのは、キャラクターの差別化が出来ているか?、とスクールアイドルになる明確な理由があるか?、の2点。

キャラクターの差別化、これはサンシャイン内のことではなく旧作との、という意味です。
なにせ新ユニットアクアのメンバーが総勢9人、しかも各学年3人ずつと完全にμ’sと同じ構成なので、どこまでオリジナリティを出せるのかと思っていましたが。
差別化はわりかし出来ていたなと感じました、それは放送直前SPを見た段階でも感じたことです。
もちろん旧作のキャラそのまま引き継ぎというキャラもいましたが、意外にこのキャラは旧作のこのキャラのこの要素と別のキャラのこの要素をミックスさせたという感じの、上手い具合に再構成は出来ていた印象です。
主人公の千歌が穂乃果ポジであることは言うまでもありませんが、その他のキャラは意外に完全にイコールというのはなかなか難しい印象、独自性は出ているようです。
いや、千歌は穂乃果というよりなんだか平沢唯感があったんだがなぜ!?(笑)。
個人的注目キャラはヨハネ(笑)かな、う~んこのステレオタイプな中二病キャラ嫌いじゃない、なんだかカラコンでオッドアイにして腕に包帯巻いて中の人がまれいたそな感じしかしませんが(爆)、残念ながらこのアニメは京アニ作品ではなくサンライズなんだなぁ(^^ゞ。
あと生徒会長ですかね、エリーチカよりポンコツ感を醸し出しているんですがそれは(爆)。
というより生徒会長ということでエリーチカポジかと思ったら、なんだか妙にスクールアイドル嫌ってるわりに詳しかったりで、まさかのにこにーポジのキャラなのか!?。
その他のキャラは追々、とりあえず1話で全員顔見せだけはしてましたが、9人一気にキャラ紹介だけされても困ります、旧作の時も徐々に明らかになって行ったのでそれでいいと思うしそうすべきだと思います。

スクールアイドルになる明確な理由があるか?、に関しては、現時点では千歌の憧れだけの模様。
旧作が廃校危機を救うために思いついた「手段」だったのに対し、その意味でこちらの方はスクールアイドルをやる理由が弱いとも言えます。
それゆえスクールアイドルをやって行けるかどうかが、ひとえに千歌のモチベーションにかかっているということになるのですが。
旧作の場合、当初の理由だった廃校危機が回避され、加えてその後目標になったラブライブ出場も辞退し、穂乃果新しいモチベーション探しという展開を入れなければならなかったのに対し(その展開自体は嫌いじゃないです)、こちらはその必要はなさそうと言えるのかもしれません。
ただ、あくまで本人がやりたいだけという理由なら、何かを賭けて失敗できない状況という緊迫感は生まれないでしょうから、そのへんがどう影響しますか。

その他細かいこと。
OPには必ずことりちゃん的変顔をするキャラを出すのは必須事項らしい(笑)。
千歌がスクールアイドル(μ’s)と出会うシーン、「START:DASH」を使うのは卑怯だよ俺に厳しい、しかも1期13話のシーンじゃないですか一番盛り上がってた頃の絵じゃないですか(当社調べ)、これはヤバいわ2期はともかくやっぱり1期は神だったんだよなぁ旧作は、そしてやはり「START:DASH」 is GOD。

以上、思ったよりは悪くなかったというかよかった感じです。
前にも書きましたが最低3話までは見ます、旧作も3話で化けたのでね。
ただ、結局のところメインのメンバーを愛でるだけの作品になってしまうという危惧は払拭できませんので、あくまで是々非々で。
監督も変わったし、旧作との差別化もしなきゃないし、旧作では描いてくれなかった部分をやってくれるなら評価は好転するでしょう。


Rewrite」。

最初に謝っておきますごめんなさい(汗)。
個人的にKeyゲーム原作アニメとの相性は最悪というのはあるし、上の「ラブライブ! サンシャイン!!」と連続で放送だった影響もあるかもしれませんが。
どうにも最初から怠くてね(^^ゞ。
さっぱりのめり込めず。
1時間SPなんだからせめて30分は見ようと思っていたのですが、17分(Aパート)で挫折しました。
2話以降見る予定はありません。
1話も完走出来てないので何も書くべきではないのですが、恥を忍んで見た分だけの印象を書かせていただければ。
なんだろうこの、ライターが「お前らこういうの好きだろ面白いだろ?」とドヤ顔したり顔で独りよがりの物語を押し付けて悦に入ってる感があるのは、さすがに斜めに見過ぎですかね。
作画もあまりレベル高くないですね、作画崩壊などとアホなことは言いませんが、いまどきのアニメにしてはしかも1時間SPの第1話にしては、もうちょっと何とかならなかったのかという感想のみ。
ま、ある意味予定通りなんで。

テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/03(日) 11:37:12|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ももくり

2016年夏期新アニメ第1話レビュー、開始の一発目は「ももくり」の第1話感想です。

確かずいぶん終盤になってから、見れるとわかった作品だったと記憶しています。
加えて公式HPを見るに、詳細は不明なるも(調べる気にもならん)どこかですでに公開済みの作品のようで、TV放送としては初なのかもしれませんが純粋に夏の新アニメなのかと考えると少々疑問も。
さらには、15分枠×2で30分という構成らしいですが、まぁそれらはどうでもよくて。
作品的にはありふれたラブコメ。
既に使い古されたジャンルであり、既存の数多の過去作品と比して、当作品が何か秀でたもの光るものこの作品ならではというものがあったかといえば、否としか言いようがないです。
強いて言えば、ヒロイン(主人公?)がストーカー気質のヤバい系キャラであるという点ですが、悪くはないんですがもう一歩はっちゃけてない、もっとぶっとんだキャラだったらまだその点のみで興味喚起もされたかもしれませんが、インパクトに欠けるとしか。
ラブコメというジャンルがそもそも好みではないというのはありますが、それも結局は出来次第。
なにがなんでも見続けたいと思う部分はありませんでした。
0時30分放送開始の作品をリアルタイムで見るために起きている気も、録画予約をする労力を割く気も起こらなかったので、今回にて視聴終了。
昨日今日アニメに興味を持ち出した中学生ならいざ知らず、何十年もアニメを見続けているスレたオッサンに訴求するものはなかったですね。
たとえ30分でも、これを見るために費やす時間や労力その他諸々、別のことに使った方がはるかにマシだとしか思わせられなかったのは厳しいとこと。
ま、今期の金曜日は無事、アニメ休日が確定したのが唯一の朗報ですかな(笑)。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/02(土) 12:25:54|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「散」1周年と今後の予定

★なんと本日2016年7月1日は、この「アニマン雑記 散」開始から一周年なのです。
う~んめでたい(笑)。
いやもちろん言うほどのことでもないのですよ、確かに「散」になってからは区切りの丸一年ですが、このブログそのものはレンタルして一番最初の記事を上げたのが2006年の5月ですし…えっ2006年!?、いつの間にか10年過ぎてた!?、そっちの方がびっくりだよ(大汗)。
無論実際には4年半ほど閉鎖してた時期がありますので、純粋な活動期間としては10年には及んでないのですが、一番最初の記事のアップ日がそうである事実は変わりませんのでね。
ともかく、ちんたら更新してたり過疎ってたり、突然休止したりかと思えばいきなり復活したりで本当にいろいろ紆余曲折ありましたが、さらに大きな「アニマン雑記」という枠で括ってしまうとそれこそまさかの10年以上になりかねない(汗)のでとりあえず、「散」として1年やって来れましたことには感謝の言葉もありません。
で、この報告のどこが「アニマン雑記」カテゴリの記事なのか?。
ええやろ「アニマン雑記」やぞ、(一応)アニメや漫画の話題メインのブログに仕様変更して1年やぞ、何の問題もないやろ!?(^^ゞ。
まぁとにもかくにも、今後いつまで続けられるか完全に不透明ですが、続く限りはごひいきいただけますと幸いに存じます。


★さて7月といえば、言わずもがな2016年夏アニメの放送開始であります。
2012年10月、衝動的に再開させた「宮城え~はち の アニマン雑記 Ver.2.6」の再開時の挨拶文でも申し上げている通り、各期の新アニメの第1話のレビューを書くのが現在の「アニマン雑記」の基本方針でありかつ主題であります、すなわち2話以降の感想記事はあくまで余禄、オマケでしかありません。
そしてその方針は「散」になった現在でも変わらず継承しております、つまりこれから何日かの新アニメのレビュー記事こそが「アニマン雑記」の本分なのであります!!(^^ゞ。
というどうでもいい意気込みをゲロった上で、今後の更新予定。
なんと今期は早速今夜から新アニメの放送があるじゃないですかヤダー!!。
えっ、ヤダ!?(謎)。
そして最も遅く放送開始になる作品の放送日時は11日深夜、今期の放送開始ラッシュ期間はあまり長くなさそうですね。
なおそれら予定は以前上げた夏アニメ期待値表において△以上の期待値を付けた作品限定の話です、▲以下の作品はその限りではないのですが、ほとんど見る気はしないのでまぁいいだろ(^^ゞ。
幸運にも今期は、同日にあまりにも数多くの新アニメの放送が開始になることや、連続放送になることも少なく、わりかし平穏な新アニメラッシュを迎えられそうです、まぁアニメ作品数自体は結構あるのですが、その中で見たいと思える作品があまりないというのはあります。
そんな感じでとりあえず、予定としては明日から12日くらいまで、途中放送がなくて更新休止日もあるかと思いますが、お付き合いくださいますととっても嬉しく思います。


★新アニメ放送開始を見込んでレコーダーのHDDの初期化作業も終了しましたし準備万端です(笑)。
もう、我がポンコツレコーダーは、いずれエラーを起こしてHDD初期化しないとダメになるということがわかりきっているので、区切りがいいタイミングを見計らって先手を打って対策を講じるようにしてます。
ま、夏アニメの迎撃態勢は整ったということで。


★そうだよ、「アニマン雑記」カテゴリ記事が目白押しになるので、他のカテゴリの記事の更新が過疎るな、年4回のお約束ではありますが。
しまった、「写真晒し」カテゴリの記事をもっとまじめに更新しておくんだった(汗)。
でもまあいいか、そもそも穴埋め記事だし、あまり使いきってもマジネタ切れになるしな(^^ゞ。


★そして今日7月1日は、なにやら「仙台パルコ2」なるものがオープンしたらしいです。
この話題がアニメとどう関係があるのかといえば。
関係あるだろう「きんいろモザイク」劇場版の上映予定劇場やぞ!!(笑)。
以下、公開される劇場のリストのツイートを載せて、今回はおしまいにいたします。



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2016/07/01(金) 21:18:39|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する