アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

下セカ 第12話

下ネタという概念が存在しない退屈な世界」最終回第12話の感想です。

作品としての最終回はもちろん今回です、しかしストーリー的な最終回はやっぱりひとつ前の11話だったねという、前回終了時点の懸念が的中してしまったと言わざるを得ません。
原作が継続していてその途中までをアニメ化する作品で、アニメなりの最終回を原作と乖離させずにどうまとめるか、という観点からすれば評価すべきでしょう、ですがストーリー的な蛇足感も否めません。
至極主観的かつ曖昧な表現で感想を書かせてもらえば、ノリもテンポも下セカらしくない最終回だった、と言ったところでしょうか。
キャラの行動も腑に落ちない部分があったり。具体的に書けばソフィア・錦ノ宮が安易に策に引っかかり過ぎじゃないのかと。
原作未読なので推測でしかありませんが、もしかして今回はアニメオリジナルのエピソードなんじゃないですかね、少なくとも私はそう考えています。
これまでのエピソード構成を考えれば、1話から5話までが原作準拠、6話はアニメオリジナル(原作者はかかわっているらしいけど)、7話から11話までが原作準拠だとすれば、今回がオリジナルでも特に不思議でもないですし。
繰り返しになりますが、原作がまだ続いている中、アニメはアニメなりの結末を描かなければならないという制約の上においては、及第点は充分に上回っていると考えます。
とはいえやはり違和感はありますし、ならばなぜ前回のエピソードを最終回にしなかったのかと思わなくもないのですが、変に間延びしたストーリー展開になるくらいなら今回取った手法を選択するのもアリなのかなと思ったり。
そんな中、アンナ先輩は平常運転でありがとうございました…と言えるかどうか、なんかこう、やはりアンナ先輩も今までと比べ狂気が足りないと思うのは、さすがに考えすぎでしょうか。
まぁ今回も充分におかしかったですけどね(^^ゞ。
秘宝館ネタもなぁ、それ自体はどうということはないのですが、いままでは作中でリアルに存在するそういうモノをネタ元として使ったという記憶がほぼないので、その点も違和感と言えばそうなりますか。
前回で綺麗に区切りはつけているし、今回は構成の都合でのオマケエピソードと考えるべきなのでしょう。

最後に少しだけ、総括もどきを。
この作品の基本構造が下ネタ連呼のバカなアニメであることは疑う余地はありません。
しかし、作中にちりばめられたリアルの現状に対するメッセージめいたものは受け取れたし、たとえそれがうわべだけのものだったとしても素直に評価したいところです。
そういう要素がなければ、全話見続けることはなかったでしょうし。
諸手を挙げて他人に薦めるような作品ではありませんが、少なくとも2015年夏期アニメの中にあっては、印象に残る一作になったことは確かだと思います。
今期随一のダークホース作品であったことは間違いないと言えます。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/09/22(火) 21:53:14|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どっちもひのこと | ホーム | きづいてよかった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/1012-d5f39bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する