アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

ヴァルキリードライヴ 12話

VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」第12話、スーパーウルトラハイパーミラクルな最終回の感想です。

まずは結末について。
有り体に申せば予想、いや妄想してたのとは違う結末でした。
なぜなら、ヴァルキリードライヴはいわばメディアミックス作品であり、しかもメインはゲームの方でこのマーメイドを舞台にしたアニメは販促ビデオ的ポジションである、というのをどこかで見た記憶があります。
ならば、シリーズの核である少女が武器になるというギミックは維持したまま終わるのではないか、すなわち一連の騒動が終息し、マーメイドの住人達は自分たちが置かれた状況を再認識し、如何にすれば自分たちがマーメイドから解放されるかを問い直す、再出発エンドになるんじゃないのかなと思っていました。
しかし実際には、ほぼ新生命体(笑)と化したまもり魅零ペアによるウイルス吸収によって常人に戻った住民たちが、何の憂いもなくマーメイドから解放されるというエンド。
なるほど、確かにこの方が最善の結末ですし、考えうる最良のハッピーエンドです。
ただ、ちょっと残念だと思うのは。
仮に続編を考えた場合、もはや今回のマーメイドの面子での続編はあり得なくなったということ。
別の人工島を舞台にしたものや、そこでのまもり魅零ペアの活躍を描くものならまだ可能性はゼロとは言えないのですが、ウイルスが除去されたほとんどのマーメイド住人にはもはや出番はないでしょう。
なかなか魅力的なキャラ揃いだっただけに、残念といえば残念です、もちろんその前に続編自体がまぁ無理だろうなという大問題があるのですがね(笑)。
とはいえ、島からの解放が最終目的だったので、予想以上のハッピーエンドではあります。
ウイルスを持っているばかりかそれを吸収して感染した少女たちを解放するという新たな使命を帯びたまもり魅零ペア、特に処女ちゃんにとってはハッピーエンドとは言い難いかもしれませんが、なんか精神方面まで神に近づいたっぽい雰囲気すらあるので、まぁバッドエンドではなさそうなのでよかろう(汗)。
あれだな、魅零さんとイチャイチャできるからいいのか(爆)。

続きまして12話の展開について。
めまぐるしかったですね(^^ゞ。
Aパートはほぼ超展開、いやBもか!?(汗)。
展開の都合とはいえ、過去キャラの総出演は良かったです、台詞がなかったのは残念ですがやむなし。
しかしBパート、処女ちゃんのフィールドに取り込まれてのエロ描写はさすがにいかがかと、なんか昭和のエロアニメでこんなの見たぞ、リヨン伝説フレアとかうろつき童子とか(爆)。
そしてまもり魅零ペアのファイナルフュージョン…じゃなかった究極ドライヴは、これはあれだ、美少女戦士というか、プリキュアというご意見が多数派のようですが個人的にはむしろパワードスーツ系だと思うので、見たことないけどシンフォギアとかのほうが近くね?、なんて思いました。
性別が違っていいならむしろ聖闘士星矢とかサムライトルーパーに近いんだろうな(笑)。
そして巨大ロボットモノですか、11話でE9単体(シャルがドライヴ)だとMAっぽかったですが今回A3とD5も加えてMSってことでいいのかな?(謎)。
しまいにゃまもり魅零ペアがなんだか概念になっちゃったのかと思ったよ(爆)。
しかも何やら進化生命体とは恐れ入りました。
まぁ飽きさせない展開でよかったと思います、定番の共闘もあったしね、例のエロ描写以外は(汗)。
まもり魅零ペアの最終ドライヴシーン以降は謎の感動すら(^^ゞ。

そして各キャラ等の個別の感想。
若干順不同になりますが、まずは柊晶、シュリが復活して一時的な活躍の場はありましたが総じて出番少なめでちょっと残念、正体バレするまではメイン扱いだったのにね、というか美鳳やにみちゃんまで活躍してたのにちょっと扱い悪くないですかね(涙)。
霞ちゃん&ひびき、ついにドライヴしましたな、実に霞ちゃんに合った形態のアームで素晴らしいですひびき、というかドライヴシーンはこのくらいでいいんだよ、キス程度でいいんだよ、毎度乳繰り合って修正入るような描写は個人的にあまり必要としてなかったんで、ホント最後の最後で素晴らしいドライヴシーンでした、まさしくあら^~でしたわ(笑)。
シャルロットはただの傍観者と化す(涙)、とはいえ前回11話から強制的にマーメイドに隔離された感染少女の心情を代弁する役割を持たされた感があり、今回もそのまま継続という感じだったので、変に更なる悪堕ちとかせずにしかも最終的にウイルスなくなって解放されて、ある意味一番この展開の恩恵を受けている一人でした。
とりのさんは監視者だったかー、そういう予想は前からあったし、そうなんだという感想しかないと言えばそれまでなんですが、ちょっと違和感も。
だって、監視者ということは基本的にウイルスには感染してないはずですよね、でも感染の有無って基本的にフェステによって全員チェックされてるはずだし、それでばれてないってのはちょっと変な気がします。
もっとも、実はその事実を柊晶が当初から知ってて、特別扱いしてた可能性はあります、だからこそとりのタウンという特例も認めてたのかもしれないし、物資の横流しも晶が関与していた可能性も消えてませんしね。
百華他ソルジャー連中、機関の命令無視で独断行動ですかそうですか、しかもまもり魅零ペアに浄化されちゃうし、でも結局は逮捕されちゃってたな(笑)。
というかさ、AAA機関の立ち位置がイマイチわかりづらい、マーメイドのバリアを解除したり、衛星兵器を使う権限があったりするけど、でも人工アームやソルジャー作ったりしてるんだから裏の組織だよね、そのへんはもう一つ疑問符なポイントだったかもしれません。
そして今回一番活躍してたのは、なんとレディ・レディだったというね(笑)。
おかしいなぁ、前回ダメージ大で参戦不能みたいに描かれてたけどそんなことはなかったぜ、しかもファイナルモードに2回くらいなってませんでした!?、都合よすぎぃ!!(爆)。
しかしその自由さがレディ・レディよ!!、で解決しちゃうところが怖い(激爆)。
つーかさ、まもり魅零ペアの浄化の旅に、金に目ざとい美鳳が同行するのはまだわかるけど、ウイルスなくなって力も失ったレディ・レディが同行するのはちょっと意味が分からないのですが、まぁいいやこまけこたぁ!!(^^ゞ。
ところで百華、処女ちゃんをマモちゃんって呼ぶのやめろ、押井守と混同する(超爆)。

最後に総評。
さすがにアレな描写が多すぎるので人に薦める気はありません。
でも、個人で楽しむ分にはとても面白かった作品だと思います。
という以上に正直、2015年アニメのトップを争うポジションの作品だと思ってます、個人的には。
事前にある程度の期待はしていたのでダークホースではありません、2015秋アニメのダークホースは間違いなく落キャバです、しかしこのVDMもダークホースではないものの期待以上の面白さだったことは間違いないところです。
百合モノかと思ったらエロがメインでその時点で期待値下がったのですが、それを補って余りある面白さ。
続編はどう考えても無理っぽいのは残念ですが、しかしこの1クール分だけでも充分に楽しめるので、よろしいかと思います。
とても他人に薦められないというのが返す返すも残念です(^^ゞ。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/01/03(日) 15:52:43|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012050601 雹 | ホーム | ひまなので>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/1090-c062352d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する