アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

劇場版WIXOSS

予言(?)どおり見てまいりました、「劇場版 selector destructed WIXOSS」。
なので早速その感想っぽいものを書きたいと思います。
たとえ外付けHDDが使えなくとも感想は書ける、書けるのだ!!(笑)。
ただ、どう考えてもネタバレ阻止が無理っぽいので、もちろん可能な限り努力はしますが、ネタバレされると困るという人は以下は読まないでください、本文は隠しますので。
努力は、します(努力するとは言ってない)。




まずは劇場の様子から。
公開後最初の木曜(平日)メンズデー、上映開始もともに午後2時台と、何もかもがほぼ同条件だった「ガルパン」が空席の方が少なかった(あくまで印象)のに対し、「WIXOSS」は残念ながら客の方が少なかった状態でした、客の人数を数えた方が早かったかもしれません、それほど大きなシアターではなかったのに、埋まってた席が3分の1から4分の1程度といったところでしょうか、もっと少なかったかも。
残念ですがネームバリューの差なので仕方ないですな、というかさすガル(笑)。
てゆーか夢限おじさんもっと頑張れ、ガルパンおじさんに負けてるぞ!!(爆)。
そんな状況を如実に物語ってるのが。



1週目入場者プレゼント


入場者プレゼントもらえちゃったんですけど(^^ゞ。
ガルパンの時もあったんですよこういうの、けどまったくもらえませんでしたね、木曜日といえばほぼ公開から1週間が経過した段階、とうに品切れてたのでしょうね。
だから今回もあまり期待はしてなかったのですが。
嘘です少しは期待してました(汗)、「WIXOSS」ですしそんなに客入らないだろうしもしかしてと思ってたら案の定のこの有り様だよ!!(^^ゞ。
ついでにパンフレットも余裕で買えたよ!!(爆)。

まぁそういうネタ的なことはともかく、本編の感想。
公式HPの文章をそのまま引用すると、
『今回の劇場版ではTVスタッフが再集結。TVシリーズをベースにしつつもストーリーが進むにつれ、流れが変わっていき最終的には別のストーリーが展開していくという、言うなれば “新解釈版「selector」”として制作』
という解説文があったので、そのつもりでいたのですが。
結果として、この説明にはちょっと疑問符しかありません。
もちろん違う展開といえなくもないのですが、違わないともいえる内容。
個人的には「新解釈版」というよりは、「TVシリーズの補完版」と表現した方が適切だと感じました。
ただし、補完されてるのは主にウリスです。

再度警告、以下ネタバレ注意。
しかも、TV版では繭が情状酌量の余地を持ってしまったのですべてのネガティブな部分を引き受けて消滅したウリスが、劇場版ではラストで「ある意味」救済されます。
なので、絶対悪としてのウリスでないとイカンという御仁には、不評かもしれません。
個人的にも、うーんこうやってウリスまで救う必要があったのかな、とは思います。
ただ、それがないと劇場版用の新キャラを登場させた意味までなくなってしまうし…新キャラ登場させた意味はどの辺にあるのかなと、本気でラストまで思ってました。
それに、見たかったのが見れたのでプラスマイナス相殺して良い方に余りある出来と言っておきましょう。
見たかったもの、それは「spread」最終回ラストシーンの、灰色の髪のタマらしき少女のその後。
その後というか、そこを指して「新解釈版」と言ってるのかもしれませんが、その少女…まぁネタバレすると完全にタマなんですけど(汗)、タマとるう子再会します!!。
その他、人間に戻った花代さんと緑子さんが例の図書館の庭で出会ったり、人間に戻ったルリグが元セレクターと一緒にいる描写があったり…具体的に書くとあきらっきーとピルルク(清衣)、ちよりとエルドラ、ふたせとアン等々。
そういった描写がラストにあって、持ち直した感じです。

持ち直したというのはですね。
構成として、まず冒頭にウリス(留未)やるう子の過去描写があって、それが終わると基本TV版の駆け足のダイジェストなんですよ、もちろん途中途中にウリスのモノローグなどの追加描写はあるし、新規書き起こしカットもあっただろうしたぶん声は収録しなおしてると思うんですが、基本は「infected」と「spread」の完全なるダイジェスト、という言い方が良くないのなら要点のみの再構成。
このダイジェスト部分がね、全編90分の作品中の、たぶん60分~70分くらいに2クール全24話分を詰め込んでいるので、正直言いますと初見では理解できないと思います、最低でもTV版を予習しておかないと、しかもただ漠然と見てるだけじゃだめだと思います、食い入るように(笑)見ておかないと、TV版の展開を完全に理解しておかないとちょっとちんぷんかんぷんかもしれません。
というより、あんな駆け足のダイジェストにするなら、どうせTV版予習必須なら、もういっそのことダイジェスト部分もなしにして新参置いてけぼり上等で新規部分のみでも良かった気がしますが、まぁそれはいいです。
そんな感じだったので、うむむぅこれは新解釈版と言いつつ完全なるTV版のダイジェストでしかないんじゃないかな、とラスト直前まで思ってましたが、なんとかラストで持ち直したということです。

終わりよければすべてよしという言葉もあるように、結果として個人的には良かったというか悪くなかったと思いますが、評価は分かれそうな気もしますというより分かれるでしょうね。
もうちょっと、序盤はともかく中盤終盤で劇的な変化があって、完全なる「if」ルートに入るのかと思ったら、マイナーチェンジのようなもので大きな流れには何の変更もないという体なので。
それでも、繰り返しになりますがある意味「新解釈」のエンドは個人的に評価高いし、及第点は確保できたんじゃないかと思います。
ただ、この劇場版をもって、続編につながる展開が出来ていたとは考えづらいし(全く無理とも言わないけど)、むしろ「selector」のシリーズはこの劇場版をもって完結したとすら思えます。
なので、「selector」のキャラを使っての続編の目は無くなったのではないかと、もし「WIXOSS」の続編があったとしても、それは「selector」とは別のキャラでのことになるのではないかと思いました。
そんなところで、以上です。
ネタバレ失礼いたしました。
なお、オマケのカードの中身はピルルクVer.と紆余曲折Ver.でした、というかこれピルルクなのか!?(笑)、ただのモブかと思ったわい、ちょっと作画適当じゃないですかね(^^ゞ、まぁピルルク好きだから結果オーライですけどね。
今気づきましたが入場者プレゼントの1週目のミニ色紙、何気にネタバレになってる(爆)。

テーマ:selector infected WIXOSS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/02/18(木) 19:50:09|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふっかつふっかつ | ホーム | 2013010301 新年雪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/1123-92dad1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する