アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

あらたにきづいたこととか

★今日の記事はアニメとか全く関係ない個人的日記記事ですよー!!。
そうだいいこと思いついた、日常生活で感じたストレスやたまった鬱憤を、ここで垂れ流すことで解消すればいいんだ、それはいいなそうしよう!!。
なお、解消されない模様(汗)。


★アホなことはともかく。
もうすぐお彼岸でして、すなわちお墓参りに行かねばならないのですが。
台風のせいで日程が確定しません、雨降りの中墓参りはしたくないのでね(不信心者並感)。
17の土曜日から19の祝日までの間で、天気予報とにらめっこかつその日の空模様で即断即決しないとならない感じです、非常に面倒です。
そんな風に思っていたのですが、あまり当たらない天気予報を信じて、とりあえず17日は曇り晴の予報なので、しかも18日以降は雨マークがあるので、当日の天気にもよりますが一応17日に決行の予定としました。
早めに済ませてしまえば楽になりますしね。
今回は当たれ天気予報、無理かな(^^ゞ。


★いまさらなお話。
LINEってありますよね。
んで、自分で撮った画像も送れますよね。
の前に、LINEってスマホが基本みたいですがPCでも使えますよね、別記ない限り以下PC版のアプリでこと、という方向でお願いします。
話し戻して、LINEで画像送れますよね。
お盆休みくらいに知人から送られてきた画像を保存していなかったことに気づいたのは、今月の初めころだったですかね。
私、他人から送られてきたモノとか、結構ほぼ全量保存してあるのです、もう何年いや十何年前の分から、性格なのでしょうがないですが人によってはオカルトに思えるかもしれませんが、そういう人間も世の中にはいるのです。
そんな感じで、おおあの画像も保存しておかなきゃ忘れてた、と思って保存しようとしたら。
なにやら保存期間が過ぎたとかいうメッセージが表示されて、保存できませんでしたという、核心としてはそれだけの話なんですが。
そうなのか、LINEで送られてきた画像データには、保存期間があるのか。
また一つ賢くなったな(笑)。
それはそれで、さほど重要な画像でもなかったし、そういうことがあるのがわかったということでやむを得ないかと思ったのですが。
念のため試しにと思い、スマホの方で同じ画像を保存してみたら、なぜか保存できた件(笑)。
いや、LINEはスマホがメインってことは知ってましたけど、そこまで差が出るのか。
完全に、PC版のはオマケ扱いなのかな。
いや別にスマホオンリーでもいいんですが、文章打つスピードがダンチなのでな、スマホとPCでは。
もちろんPCの方が圧倒的に速いです。


★これもものすごくどうでもいいことなのですが。
ウェブブラウザのchrome(以下ちょろめ)ってさ。
ページの表示倍率を変えられるじゃないですか、他のブラウザでも大抵はできると思いますけど。
とあるサイト、ぶっちゃけ贔屓にしている、新アニメ情報をまとめてくれてる個人サイトがあって。
そこはテキストでのまとめサイトなのですが、新番組情報の部分が、自分が使っているモニタだと幅が足りずに横方向が全部表示されないのですよ、100%表示だと。
横スクロールしないと情報がすべて表示されないというのは少々不便でして。
この際やむを得ない、表示倍率変えて全部表示されるようにしようとなったのが今月頭くらいでしょうか、今まで何年も利用しているのにまったくいまさら感ハンパないのですが。
いや昔は表示されてたんですよ、いつからか表示仕様が変わって表示しきれなくなったのね、そうなってどのくらいになるかは覚えてないのですが。
それはともかく、90%表示にして、横方向全部表示されるようになって、これは楽になったねと思って、見終えて倍率を元に戻すのをすっかり忘れてたのね。
何日か後に、再度そのサイトを見て、ふと気づけば横方向が全部表示されてて、おや表示パターン変わったのかななんて一瞬ボケて、そういえば倍率変えたことを思い出して、しまった小さいままだったと焦ったのですが。
確認したところ、その該当するページ(サイト)のみ表示倍率が変わってて、他のページは変わってなかったのでちょっとビックリ。
自分の感覚だと、ブラウザの表示倍率設定なんぞはブラウザ単位の設定で、すなわちすべてのページがその倍率で表示されちゃう仕様だとばかり思ってたので、まさかページ単位で記憶しているとはこれぞまさしく青天の霹靂。
ちょっとだけちょろめを見直しました(^^ゞ。


★ついにイクスカ買いました!!(笑)。
しかたないんや、11月に上映される絶対見たいきんモザ劇場版の上映館が最悪の仙台駅前TOHOシネマズ仙台、メンズデーがないのはともかく契約駐車場等も一切なし、公共交通機関を使って来いという、完全に近隣の高級市民or普段地下鉄かバスを利用している上級市民向けの仕様、辺境外縁部に住む下層市民なんて相手にしてねぇってかへーんだチクショーめ!!(爆)。
まぁ、もちろんMOVIXもしくは109で上映してくれた方が助かったのは事実ですが、しかし仙台では上映されないという可能性もあったわけで、それに比べればまだ万倍どころか億倍マシなので我慢するとす。
そして、イクスカ導入に伴い旧式の磁気カード式乗車券は間もなく使用中止になるらしいし、それゆえ新規の販売はすでに終了済み。
さらにはバス乗り継ぎ割引(というのがあるのです)対応がすでにイクスカのみで、旧磁気カード式乗車券&現金では割引なしときた、等々の理由でイクスカ導入不可避だったわけです。
そうか、乗り継ぎ割引なしだったのか、どうりで8月に七夕見に行ったとき、磁気カード乗車券の残高の減りが早いなとおもった(^^ゞ。
地下鉄の最寄駅まで自宅から2キロ程度、平地なら歩きで問題ない距離ですが、なにぶん我が家は山の上(笑)、行きはよいよいですが帰りは基本ずっと登りなので、行きはともかく帰りはバスの利用頻度が高いのです、となると乗り継ぎ割引が適用にならないとあまり思わしくないのです。
さて。
導入はやむなしとして、少々疑問点があったので、導入前に窓口で聞いてみた。
あまりにもバカバカしい疑問だったのですが、思いもよらない新事実がわかって、結果としては聞いてよかったという結論になりました。
イクスカには、無記名式と記名式の二種類があります。
無記名式は誰でも使える半面、紛失時に保証されません(再発行されません)。
対して記名式は、記名本人しか使えませんが、紛失しても再発行してもらえる、すなわちチャージ金額が戻ってくるという違いがあります。
私の場合紛失というのはあまり考えにくい事態ではありますが、他人に貸すことも考えられないし、念には念を入れて記名式にしようと思っていたところ。
何と記名式は、半年間(6か月間)使わないと「ふっかつのじゅもん」が必要になるのだそうです(^^ゞ。
その他、双方とも10年間使わないと失効するということもわかりましたが、まぁさすがにそれは10年放置する方も問題あるよなということで。
ともかく、その半年間使わないと復活させるのにワンクッション必要、というのはちょっと予想外のマイナスポイント、なぜなら先述のとおり基本地下鉄&バスは使わない私なので、きんモザ劇場版を見た後半年以上、使う予定がないのですよ現時点で(汗)。
そうかそういう仕様なのか、圧倒的に記名式の方がいいと思いましたが、はてどうするべきか。
正直悩んだのですが。
復旧手続きもそんなに手間ではなく、改札横の窓口でもできるということだったのと、なにしろ紛失時にチャージ金額が保証されるというメリットが大きかったので、記名式を購入。
とりあえず最低額の1,000円分、うち初回は500円がデポジットなのでチャージ金額は現時点で500円。
その額では仙台駅まで間での往復には足りないので(汗)、来月また1,000円分をチャージ予定。
アレだよなぁ、チャージ金額500円単位で出来ると助かるんだけど(貧乏人的思考)。
でも、ICカード式乗車券って、使うの初めてなので。
なんだか今から少しワクワク(小並感)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2016/09/15(木) 22:02:13|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クロムクロ 24話 | ホーム | 2013071301 携帯 ジムMk-2(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/1253-53b1c4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する