アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

【ネタバレ注意】きんいろモザイク Pretty Days【劇場版】

やりたいことだけ有言実行、予定通り見てきました、劇場版「きんいろモザイク Pretty Days」。
早速その感想を書きます。
表題どおりネタバレしますので、それが嫌な人、そしてきんモザアニメに盲信している人は以下を読まないことをおススメします。
いいか、ネタバレするぞ、そして辛口になるぞ、宣言したからな、責任はとらんぞ!!(大汗)。
面倒なので以下可隠さないのでマジその点だけご容赦ご注意を。
では。



さて。
いくら平日とはいえ、メンズデーがないTOHOシネマズで数少ない男性も対象の割引日、しかもまだ封切られて間もないというのに、予想以上に客の入りが少なかったです、いや予想通りなのかもしれません、おかげで入場特典もらえた(笑)のでまぁ良しとしよう。

感想。
総合評価、50点。
もちろん100点満点で。
期待してたからこその50点です、いや期待しすぎたのかもしれない。

まずは作画。
悪いとは言わんけど取り立ててよくもない、言ってしまえばやはりOVAで発売される特別編レベル、劇場の巨大スクリーンで見るには少々物足りない、元々の絵柄という要素を差し引いても素晴らしいと絶賛はとてもできないレベル、局所的にはよく動いてた部分もなかったわけではないですが、結局元々はOVAの特別編として作られたものを劇場に持ってきただけ、という印象。
自宅のTVで見る分にはさほど問題はないのでしょうけどね、やっぱり劇場のスクリーンで見るとね、もうちょっとクオリティ上げられなかったのかと思う、TV版のエピソードの方が作画頑張ってた回もあると思いますよ。

種田さんの演技は問題を感じなかった、休養発表前の「アルデラミン」などは厳しいと感じる部分もあったのでどうかと思ってたら、これは本当に何の問題もなかったので、むしろいったいいつアフレコしたのかと、いやあややのキャラの声の質の問題もあるのかな?。

内容、ストーリー方面、本格的にネタバレするぞ。
キービジュアルやらPVやらで判明していた通り、原作単行本5巻の2年次学校祭&巻末の非4コマのあややの友情再確認エピソードがベース、それはまったくそのとおりという以上に本当にそれだけ。
ただし。
原作では同じ巻に収録されているとはいえ、少し時系列的に乖離している二つのエピソードをどうつなげてくるのかと思っていたら。
学校祭の準備でシノの家に5人が集まる部分に、友情確認エピソードを持ってきたという構成、それ自体はなるほどと感心もしたのだけれど。
50分の上映時間中大半が、シノあやや陽子の中学時代のエピソードしかも原作準拠ではあるけど相当にオリジナルをぶち込んで、悪く言えば水増しした部分で、第1弾キービジュアルで使われた学校祭のシーンはオマケ程度の扱い。
それはイカンでしょ、学校祭と友情確認両方やるなら時間配分も均等にしないと。
よしんば、友情確認がメインなら、第1弾キービジュアルもそっちにするか(第2弾はそれだった)、あるいは学校祭のシーンが公式HPでも劇場版のキービジュアルの使われているはずだけど、別な方にしなきゃ。
友情確認エピソードが不要なわけではないけれど、個人的にはやはり学校祭のエピソードのアニメ化がメインの期待ポイントだったので、なんかものすごく期待はずれ感がハンパない。
友情確認の方はオリジナルぶち込んで相当に盛って微に入り細に入り描かれていたけど、その割りを食って学校祭が大幅カットで、そこそこ分量があった準備段階の描写も相当カット、本当にオマケ扱いだったのはかなり納得がいかない。
きんいろモザイクって、シノ、アリス、あやや、陽子、カレンの5人がメインのお話で、さらに絞り込めばシノとアリスのお話のはずなのに、シノあやや陽子の中学時代の高校受験をメインに据えたせいでカレンはともかく(笑)アリスの出番まで少ないってそれは違うだろとしか。
もちろんよかった部分はある、オリジナルで中学時代の三人が事前に高校を下見に行った際、烏丸先生と遭遇しているというエピソードを追加してた、シノは当初から烏丸先生大好きだったけどその理由の説明になっててそれは良かったんだけど。
さすがにあややが、もっとレベルの高い高校に合格してたのに、シノ陽子と同じ高校に通いたくて今の高校を選んだというのはね、これって他作品でも一番文句言われるポイントなので、もうちょっと合理的な理由が欲しかったところ、というよりこの追加は必要だったか疑問。
なにが一番イカンかってさ。
そんな感じで学校祭のエピソードがマジオマケ扱いだったので。

原作あやや

一番見たかった、どうアニメ化されるのかwktkだった、原作のこの最カワのあややがまるっきりなかったこと、こんなことが許されるわけがなかろうがぁ!!orz。
まぁ元々一抹の不安がなかったわけではないですが、まさか見事にここまで外してくるとは思わなかったよ。
天衝監督と私とで見たい部分描きたい部分が違ってたといえばそれまでですがね。
ちょっと宣伝の仕方にも問題アリかなと思わざるを得ません。
この内容ならどう考えても第2弾キービジュアルを前面に出して展開すべきだったと思う。
期待してた最カワあややが再現されず、しかも劇場版とはいえアニメ化されてしまったので、万が一今後再びアニメ化に恵まれる機会があったとしてももうそのシーンは再現されることが無いと思うと、本当にがっかりだよ。
てかさ、エンディングテロップやらで何度か「see you」的な表現が出てきたんですけど、まさか3期あるのか!?。
あまり期待しないでおこう(^^ゞ。
まぁあれですわ、劇場版はちょっと納得いかない部分が確かにありましたが。

来場者特典

帰宅後に確認した来場者特典がこのバージョンだったので許すとしよう!!(激爆)。
これなんだよ、俺が見たかったのはこれだったんだがな。
てゆーかさ、過去編メインしかもあややメインだったのに、学校祭でのこの最カワあややを再現しないでどうするよと思うんだが。
きんモザ的に言えば。
「コノゲキジョウバン、モットモカワイイアヤヤガデテコナインダケド、ドウシタライイノ?」
「どうしようもないよ」
って感じでしたわマジで。

テーマ:きんいろモザイク - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/11/14(月) 20:53:03|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ろくがしてみてないのがはっせいしてます | ホーム | いよいよまんをじすぞ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/1298-e2738c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する