アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

2017春アニメ1ヶ月雑感

文章コピペのため過去記事を見たところ、どうやら今年の冬アニメの時も遅れ気味だったようですが。
いつもなら、1ヶ月と言いつつ1ヶ月経たない改編月の末に書いていたネタですが、ご存じのとおり先月は意図せず激動の1ヶ月になりましたので、やむを得ず遅め更新になりました。
しかし表題を遵守するなら、むしろ適切なタイミングなのかなとも思ったり。
そんな感じでいつものあの記事です。
まずは恒例の現時点での視聴継続中アニメ一覧。


月:マキャヴェリズム
火:ID-0
水:(なし)
木:冴えカノ♭
金:ひなこのーと
土:レクリエイターズ、神バハVS、恋愛暴君
日:つぐもも


それにしても最新のIMEはすげーなぁ、学習能力高いわ、変換が楽で助かる(^^♪。
それはともかく、全8作品ですかいい感じで絞れました。






いつものように、1話切りは回避したものの、上の視聴中アニメ一覧からは漏れている、2話以降に切った作品についてと、そのあとで注目度の高い作品に関して軽く触れてみたいと思います。
まずは2話以降に切った作品名とその理由。

フレームアームズ・ガール」は2話切り。
萌えアニメ、なんだよねこれ、わかってた気はしますが、改めて痛感させられたというか。
極論すれば嗜好が違うってことなのですが、ミニチュアの美少女フィギュアが可愛いと思う性癖は持ってないようです私は。
もっとこう、データ集めのためのバトルとか、そういう方向性の描写があるのかと思ったら、ひたすら可愛いよで押し通してきた感じだったので、興味が一気に冷めたといった感じでした。
武装神姫ほどではなかったものの、いやあまり変わらないかもね。
見ていて気持ちの良くなる作品ではなかったです、少なくとも私は。

ツインエンジェルBREAK」も2話切り。
決して前のシリーズがずば抜けて面白かったなんてことはありません。
でもそれなりには見れたとは思うんですよ、前のシリーズは。
今回のシリーズはとにかく面白くない。
作画方面もストーリー展開も演出も、とにかくひたすら金がかかってねぇなぁ、としか思えないレベルの出来でしかなく、悪い意味でいつの時代のアニメだよって感じしか受けませんでした。
自分の視聴環境だと、視聴アニメ数今期最多の土曜深夜枠だというハンデはあるかもしれません、しかしそれを差し引いても疑問でしょうね、見続けたいと思えたかどうかは。
先代作品とのリンクもあるようで、くるみハリネズミがどうしてそうなったとか、先代ツインエンジェルは今後出てくるのかとか、気になる点がないわけではないですが、それだけの理由で見続けるのはさすがにきつい、ということで視聴終了。

sin 七つの大罪」は3話切り、むしろ遅きに失した感、もっと早く気づけよ(^^;。
1話の段階で内容がないというのは明白でしたが、以下の点でマイナス要素しかなかったです。
まず、2話から付加されたOPが、曲はともかくアニメーションが、ほぼ本編から抜粋しただけという超手抜きバージョン、いわゆる公式MAD状態。
これはいかんでしょ、制作が間に合ってないのだとしたら問題だし、そうでないならなお悪い。
なぜならそれって結局、監督が意識低い系でOPなんてこの程度でいいだろと考えているということになります、そんな思想は許されません超マイナスポイントです。
そして、わかっていたことではありますが、さすがに内容がなさ過ぎて見るのすら苦痛になるレベル。
例えばヴァルキリードライヴは、メインの筋があってエロ要素はその修飾だったけど、このアニメはエロがメインで筋がおまけ程度というまさしく本末転倒。
こういうのはアダルトOVAなら許されてもTVアニメではダメでしょ。
ダメ押しで、内容がないからこそ作画を頑張らなきゃないのに、1話はそれなりだったものが2話から早速並以下レベルに急落。
普通のアニメならさほど問題にはならない作画レベルではありますが、この作品に限ってはない中身の分も作画で補完しなきゃならないのでこれではNG。
以上の理由で切り。
マジもっと早く気づけって感じですけどね。

アリスと蔵六」は最新の5話時点で視聴終了。
なにやら5話までが第1部らしいので、ちょうど第1部を見て終了になりましょうか。
さすがに次回放送が「第2部放送直前特番」というのはいかがなものかと思いましたが。
作品の名誉のために書いておきますと、決してつまらないとかそういうのではなく、完全に趣味嗜好の問題です。
「アリスの夢」と呼ばれる超能力要素があり、それによるバトル要素もあるのに、どうにもバトル要素は5話がピークで以後登場機会が激減しそうな印象ですし。
そうなると、超能力バトル部分にしかほとんど興味なかった、ほんわか系の要素は求めてなかった自分からすれば訴求力が激減するとしか言いようがないですし。
そういう要素を持っているのだから、もっとシリアスやヴァイオレンス分が強ければ違ったのだろうけど、今後そうなるという判断には至れないし。
だったらまぁいらんわ、という判断にしかなりえません。
というかですね。
紗名を追ってた敵組織(研究所?)は解体ってなってましたが、以前あった政治家みたいな連中への根回し描写はいったい何だったのか。
あの描写があったからこそ、絶対的に大きな組織に対抗していく能力は大きいけど小さな個人という図式が成り立ったし、そこが興味喚起ポイントでもあったのですが、それなくなっちゃいましたよね。
バックについてた連中が今回の件で日和ったってこと?、じゃないとああもあっさり今回の件は解決しないよね、裏の勢力も派閥があって紗名の味方の側(内藤とか一条側)も研究所側と同レベルの勢力だったということなのかもしれませんが、そのへんもうちょっと要説明だった気が。
それとも解体というのは表向きの公式発表ということ?、ほとぼりが冷めるまで鳴りを潜めているだけ?。
紗名を追う勢力がいなくなったら、そもそもアリスの夢という超能力設定無用だよね、最初からそんな設定持ち込まずに普通の老人と幼女の心温まるお話だけでよかったよね。
そう考えると、やっぱり解体というのは方便で、またあとから同じ組織ではなくとも類似したものが再登場する可能性は高いのかもしれませんが。
切ってしまった今更、もうどうでもいいですし、そういう展開に一縷の望みを託して待ち続ける気もありません。


切っちゃった作品に関しては以上です。
今期注目している作品は。
絞りに絞って全8作品だけなので、言ってしまえば少数精鋭、見続けているものはすべて一定以上面白いと思っている作品でして、すべておススメと言えばそのとおりなんですが。
その中でも無理やり順位をつけてみれば。

まずは「つぐもも」ですかね、謎の古さ感が安心感につながっているというおっさんホイホイアニメ(笑)。
しかしエロコメだけかと思ったら意外にストーリー的な見どころもあるようで侮れません。

そしてダークホースの「武装少女マキャヴェリズム」、マジで完全に1話切り候補でしたからね。
ほぼバカアニメですな、しかしそのばかばかしさがこれまたよろしい(^^;。
さらにはなぜかOPが気に入った、今期アニメの中では個人的ナンバーワンかもしれません。

出来ればベスト3をと思ったのですが、3つ目を「ひなこのーと」にするか「恋愛暴君」にするかどうしても決断できませんでしたので、まぁそんなところだ(笑)。

以上で1ヶ月時点の雑感はおしまいです。
今期のアニメ系記事は以前も書いたように是々非々で、何か一つを毎話レビューするという形式は取らずに、気が向いたときに感想を書くというパターンにします。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/05(金) 16:50:44|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014012301 HDC-1適当撮り | ホーム | 一応お知らせですが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/1399-1cbe652e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する