アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

下セカ 第5話

(ヤバい方向での)パワーが増している「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」第5話の感想です。

いい最終回だった(爆)。
明確に、エピソード的に一区切り、偏見かもしれませんが大概このてのアニメってストーリー方面ってオマケのような扱いになっていることが多いので、まっとうに物語的な流れや区切りがあることに驚きすら感じます。
なにやらこれで原作1巻分消費とか(真偽不明)、5話とはずいぶん使ったなという印象、原作がどの程度刊行されているのかは知りませんが、どのあたりまでアニメ化されるのかなという興味と、意外に濃いんだな原作という感想を抱きました。
巻き込まれ自分の意思の外で行動していた狸吉が覚悟を決めるところまでが第一章ですか。
以前からあったように、台詞がというか表現がいちいち面白い(興味深いという意味)のが小憎らしい(笑)。
今回も綾女が狸吉をチーターに例えて表すところなんて感心すらしてしまいましたよ、こんなのに興味喚起されるなんて悔しいっでもビクンビクン(大間違い)。

アンナ先輩が想像以上に終わっていた件(大汗)。
いくらなんでも発情しすぎだろ(^^ゞ。
角○ナなんて久しぶりに見たわ、未遂なら「桜Trick」でもあったけど(違)、本格的なのは「コードギアス」のオ○ニーナさん以来だろうなぁたぶん、本当にありがとうございました(白目)。
まつらいさん本領発揮でうれしい限りですが(マテ)。
以前、アンナがすごいという表現がわりとリアルだ、という趣旨のことを書きました。
それに関しては今でもそう思っているのですが、さすがに今回のは普通に、アニメならではのオーバーな表現になってしまった感があり残念といえば残念。
さすがにハサミで金網切ったり高い木や山から飛び降りたりするのは過剰表現だよなぁ、凡百なギャグアニメならなんてことはないんだけど、比較的にリアル側に振っていただけに。
ま、そもそもアンナ先輩は前回から、ほぼ脱水症状になるだろうというレベルの量の体液(滝汗)を放出しまくってしたので、その時点でお察しくださいともいえるわけですが。

一つ思ったこと。
狸吉は発情したアンナ先輩を拒んでますけど。
確かにアンナ先輩は知識がないが故の暴走ではあるものの、本質的にああいう人でもあるはずなんですよね、程度の差こそあれ。
となれば、結局のところ狸吉だってアンナ先輩の表層の部分、綺麗な部分しか見ていなかった、裏とか本質とか醜悪な部分含めてのアンナ先輩に憧れていたわけではないということなので。
ならばその点においては、汚いものを徹底的に排除して綺麗なものだけを世に蔓延させようとしているソフィアとあまり変わらない気がしますな。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/08/04(火) 21:27:02|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あつさにはかてません | ホーム | 2011091201 大沢橋上より東北道IS03>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/971-6cf3a039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する