アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

2011111213 小山侵攻戦

サムネイル


あまりにも当然ですが本当に「侵攻」したわけではなく、栃木県小山市在住の知人のA師匠のお宅を宿泊場所としてお借りして、小山界隈への小旅行を敢行した際に撮影した写真です。
この小旅行のそもそもの発端が何だったか記憶を掘り起こしてみますと。
やろうと決断した要素の一つとして、例の3.11による無料高速があったというのは確かです、この時期はまだ罹災証明書対応、すなわち発着のいずれかが対象地域内のICならばどこまで行っても無料だった、という事実は間違いなく実行した動機の一つではあります。
ですがより大きな動機は他にありまして。
伏線的なものとして2000年前後の時期、A師匠の伝手で白河近辺にある貸別荘を借りて、仲間内で意味もなく泊りがけで会うということをそれなりの頻度で行っていました。
様々な理由からそれを行わなくなって久しい、この前年の2010年春、私は単独でA師匠のご自宅に泊めてもらい、個人的小旅行をしました。
泊りがけで会うのが久しぶりだったからか、妙に盛り上がった記憶があります。
白河に集合することもなくなって久しいし、またたまにはこういう集まりを持ちたいね、などと話したかもしれません。
そんなことがあって、3.11の影響で高速を無料で使えるようになって、だったらまた久しぶりに会いませんか?、となったような気がします。
ただ、当初は白河あるいは那須あたりで会おうかという計画だったのですが、なんだかんだでそれがとん挫し、だったらもう面倒だからウチでどうですかとA師匠から提案していただき、このようになったと記憶しています。
A師匠にはご自宅に泊めてもらい大変なご苦労をおかけしましたが、A師匠は無料高速非対応者なので、高速代がかからなかった分でプラスマイナスゼロになりますかね?(汗)。
参加者は、私、自宅を提供してくださったA師匠、私と同行した仙台発組で車を提供してくださったB氏、さらにC氏、神奈川在住で小山でA師匠と合流したD氏の計5人。
サムネでお分かりのとおり枚数がそれなりに多く、どれか1枚だけ選択というのが難しかったので、今回は少々枚数使います。
ただし、コメントはたいしたものは書けませんし無駄に枚数だけ多いという状況になりそうなので、久しぶりに以下は隠します。




東北道南下驀進中


1日目。
B氏の車でまず私をピックアップし、後にC氏をピックアップという本来なら無駄なルートなのですが、各種都合によりそんな行程で出発した仙台チーム。
東北自動車道を南下中の車内後部座席より撮影した1枚。
撮影場所は定かではありませんが、撮影時間から類推るるとたぶん福島県に入ったくらいか、福島市近辺かと。
運転は車のオーナーのB氏、助手席にC氏、私は後部座席でふんぞり返っておりました(笑)。
なお念のために書いておきますが、たまたま追い越し車線を走っているときに撮影したものであり、常時この車線を走行していたわけではありません。
いろいろと細かいことを突っ込んでくる暇な輩が多いので、無用と思いますが書いておきます。



大平山神社


現地小山に到着しA師匠およびD氏と合流後、A師匠の案内で小山近辺散策時の1枚。
特に何をすると決めていたわけではないので、A師匠お任せで小観光。
ここに寄る前に別な場所にも行っており、そこで撮った風景画像もあるのですが、場所がどこだったかわからないので今回は不採用。
この場所はどうやら大平山神社というらしく、検索すればそこらしい場所も容易に調べがつくのですが、画像中に神社の名前を発見するまではどこだったかさっぱり失念しておりました(汗)。
まぁ連れられて行く場所なんてそんなもんですよね(^^ゞ。



小山ゆうえんち跡


陽も落ちて食事時。
一時期関東に住んでいたことがあるからなのか、小山といえば「小山ゆうえんち」が有名だと思っておりましたところ。
聞けば、何年か前にそれはもうなくなってしまっていることが発覚、ならばせっかくだからとその跡地に出来たCSで食事をすることになり。
いや、とりあえずCSに行ってみて、タイミング的にその時間になっただけだったかな?、まぁ何でもいいや(笑)。
そのCSで撮影した1枚、このメリーゴーラウンドはもしかしたら遊園地だったころの名残りでしょうか。
というか、夜景モードではなく普通のPモードで撮ったのに、意外にそこそこ撮れててビックリ(笑)。
この頃はまだ、シーンモードを使うという習慣がなかったという残念な状態でしたので。
蛇足ながらあまりにも当然に、これに乗って遊んだりはしませんでしたよ、野郎5人でそんなことはしませんよさすがに(爆)。



くまー


CSで夕食をとったのは間違いないはずなんですが。
ただそれだけというのも味気ないし、とりあえずいろんな店があるので散策して。
そんな中で撮った1枚。
謎の熊、と当時は思っていたのかもしれませんが、今はこれが何の熊かはわかります、背景にしっかり店名も写ってますしね(笑)。
個人的にはこの熊よりキリクマさんか猪熊陽子が好き(爆)。
それはともかく、他に靴屋とかホームセンターとか諸々見回った記憶がありますが、もしかしたら他の時のと記憶が混じってる可能性があるのでなんか怖いです(大汗)。
1日目の画像はここまで。



バンダイミュージアム


2日目、仙台チームのC氏は都合により朝の段階で離脱。
そうそう、いまさらですが表題の「2011111213」とは、2011年11月12日に撮った連番13ではなく、12日から13日にかけて撮ったものという意味でした、説明遅くなって申し訳ありません。
残り4人ではて何をするかね、と当てもなく時間だけが過ぎていき、ならばということでA師匠のご提案で(だったと思います)いかにも集まった面子向け(大汗)のバンダイミュージアムなる場所へまずは行ってみることに。
なおこの日の朝食は「す○家」でした(爆)。
こうやって記事を書くことで蘇る記憶もあります、そういう意味でも一般的には無駄な記事でも私個人にとってはわりかし有用な行為かもしれません。



1/1 RX-78 の上半身


バンダイといえばまずはなんといってもガンダム!!(当社調べ)。
入り口入ってすぐの場所でお出迎えは、1/1スケールRX-78のAパーツ、というより上半身部分、左腕も欠けてますしね。
なんで左腕欠けた状態なんだろう、意味が分かりません、もしかして説明書きがあったのかもしれませんが未確認です。
まさかもしや、TV版最終回というかア・バオア・クー戦の再現なのか?、かなり中途半端ですけど(汗)。
いや、左腕より先に頭部を失ってなかったか?、それともこれでいいんだっけ?、いずれにせよ劇中でも何分も描写がないマニアックな状態ですけどね。
…どうしても気になって確認せざるを得なくなってしまうのはガノタの悲しい性よのぉ(爆)。
劇場版ですが基本TV版と変わりませんので、エアチェックして持ってた「めぐりあい宇宙」にて確認したところ、なんと左腕を失うのが先でした、ただしその直後にかの有名な「たかがメインカメラをやられただけ」と称する頭部を破壊されるまで上映時間にして2分にも満たない、しかもその間にはホワイトベースのア・バオア・クーへの着底などがあってRX-78はあんまり映ってないという、極めて稀な状態ですな、もしも本当にその状態の再現だとしたらなんというマニアックな、さすがバンダイミュージアム侮りがたし!!(激爆)。
どうでもいいことですが1/1 RX-78といえば、お台場の例のアレはまだ生で見れていないという、ガノタにあるまじき状態になっており、なんとしても早いところ見ておきたいのですが、いつになったら実現できるのでしょうか(涙)。



キュアパッション衣装(子供向け)


そしてもう一つ、バンダイといえばプリキュアシリーズ!!(笑)。
中でも、この私をプリキュアを録画保存するまでにさせた「フレッシュプリキュア」、いやキュアパッションを外すわけにはまいりません!!(汗)。
ということで、なんだか展示してあった子供向けキュアパッションのコスチュームを発見してしまったので、撮らずにはいられないということで記念に1枚パチリ。
念のため書いておきますが着てみたいとかは全く思ってませんよ?(滝汗)。
もうちょっと寄って撮れば良かったですよね、別に隣のブッキーはどうでもいいんで(マテ)。



キュアパッションぬいぐるみ


さらにしつこく、キュアパッションぬいぐるみをクローズアップで1枚(大汗)。
ショーケース越しの撮影だったのでガラスに照明が写りこんでしまっているのは残念です。
10年以上のシリーズになったプリキュアですが、やっぱりキュアパッションというかせっちゃん、東せつなは外せないんですなぁ私としては。
イース様も悪くないけどせっちゃんメインなんだなぁ、まぁ同一人物だしイース様時代の苦悩があってのせっちゃんだけどな。
せっちゃんかわいいよせっちゃん(爆汗)。
歴代プリキュアで順位をつけるなら、今のところパッション、ピース、サンシャインの順だしな(滝汗)。
いまさらですがこのぬいぐるみってなんだろう、プライズものなのかこれ単体で売ってるのか、プライズだと取れる自信ないのであきらめますが、これ単体でぬいぐるみ商品として売ってるなら買えばよかったなぁ、買ってペロペロするべきだった(キモイ)。



大きなMS-06


とは言ってもやっぱりバンダイといえばガンダムだろう!!(移り気)。
キュアパッションの衣装&ぬいぐるみが展示してあったショーケースのわりと近くにあった(様な気がするけど記憶違いかもしれない)、それなりの大きさのMS-06の模型を撮影しないわけにはいきません、腐ってもガノタですし(笑)。
どのくらいの大きさだったかな、1メートル前後はあったと思いますけど。
ということは1/18スケールってところでしょうかね。
シャアザクではなく一般兵用ザクというところにセンスを感じますな(笑)。
ザクマシンガンではなくバズーカというところにもセンスを感じます(爆)。
だからなのでしょうか、ザクとかジオンのMSでモノアイに慣れてるからなのか、某モンスター娘アニメの単眼キャラを全く気持ち悪いと思わないばかりかむしろ可愛いとすら思うのですが(^^ゞ。



黄色いカウンタック


バンダイミュージアムを離れ。
またまたA師匠の導きにより、スーパーカーミュージアム的な場所があるということで行った先で撮った1枚。
もし「スーパーカー世代」などという言葉があるなら、たぶん間違いなく私はそこに該当しているはずですので、こういうのは是非とも拝見したいところです。
サムネを見ていただければお分かりのとおり、実はこのミュージアムで撮った画像が全体の半数近くに及び、いろいろな車をいろいろな角度から撮っているのですが、車の写真を晒すのが今回の趣旨ではないので数は控えめにします。
そしてやっぱり、スーパーカーといえばカウンタック、フェラーリでもポルシェでもロータスヨーロッパでもなく、カウンタックなのです、ここは譲れませんし譲りません!!(^^ゞ。
リアルで考えれば、購入金額的な問題は元よりメンテナンス等の問題から、とてもじゃないけど所有なんてできませんが、夢としては今でもずっと持ち続けていますよ、カウンタックを所有し運転する夢は。
ま、現実には、実際に所有し運転したら、たちまち嫌になって手放すさまは容易に想像できるんですけどね(大汗)。



赤いカウンタック


最後の1枚。
やっぱりカウンタックだろjk(汗)。
カウンタックだよ、キングオブスーパーカー、スーパーカーといえばカウンタックだよ、てか使ってるPCのIMEが「かうんたっく」と入力して「カウンタック」と一発変換しなかったのがかなり腹立たしいよ!!(爆)。
たとえ、メンテ性最悪、運転しづらい、などなどネガティブな現実がわかっていても、やっぱり憧れる車ですわ。
高速で、フェラーリに抜かれたら頭にきますが(笑)、カウンタックになら何とも思わないばかりか惚れ直しますよね、やっぱりカウンタックは最高だぜ!!、って感じで、皆さんもそうでしょう!?(^^ゞ。
毎度のことながらなんか意味不明な感じになりましたが、今回はこれにておひらきです。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/27(木) 21:33:16|
  2. 過去の写真を晒す_2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いろいろはれないこと | ホーム | さらにひえました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/tb.php/986-d380e186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する