アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

Lostorage conflated WIXOSS 9話

推定、残り3分の1、ラスト4話に突入の「Lostorage conflated WIXOSS」の第9話感想です。

やろうとしていることはわからんでもないです、こういう状況にした以上、ある意味トーナメント戦的に勝ち残りを決めるバトルにした以上、最終的には避けては通れない事態ではありますが、だからと言ってというのが主な感想になりましょうか。
まずは可能な限り時系列で、小ネタも含めて。

前回8話であきらっきー&ついでにリメンバ(笑)が退場して、なんかもう面白さというか興味が半減したなー、なんて思ってたら。

そういえばOP

考えてみたらOPには毎回出てましたあきらっきー、すっかり忘れてたわ(^^;。
ついでに空いたスペースにリメンバさんも入れておく(爆)。
さらには今回は、清衣ちゃんとひっとえー邂逅時に回想シーンで登場したあきらっきー、なるほどそういう登場のさせ方があったか、やりおるのぉスタッフ(^^;。

鍵穴

タマちゃん拉致られ、鍵穴になっちゃいました、タマとか穴とかいかにも岡田マリーっぽいと思うかもしれませんが、Lostorageには表立っては関わってないんだよなぁマリー(汗)。
鍵穴というか引きで見れば扉だよなこれ、そりゃそうか。
そしてカーニバルを操っていた黒幕が「ムゲン」であることが判明。
表記不明なので判明するまでは「ムゲン」としますが、やっぱり漢字だと「夢限」なんですかね。
そしてムゲンは白窓の部屋そのもので、繭に代わる新たな主を求めており、そのためのバトルであることも判明。
その正体はともかく、額面通りに受け取れば、selectorシリーズからずっと疑問で明かされぬままになっていた、はたして繭の力は何なのか?、に対する公式回答でしょうね。
繭はselectorシリーズのラスボス的ポジションのキャラ、しかしその素性が明らかになるにつれ、はたしてあの超常の力はどういう由来なんだろう、繭がそもそも先天的に持っていたものなのか、あるいは後天的に他者より与えられた力なのだろうか、という未解明の疑問があったのですが、それへの回答と受け取りました。
まぁ言っても繭さんは、元々はただの病弱な少女というイメージしかなかったですけどね、これどう考えても自身の力ではなくさらに元凶がいるだろと、キャラが掘り下げられていくにつれそんな印象しかなくなりましたけどね。
更なるどんでん返しがないとは言えませんが、今のところ真のラスボス、黒幕はムゲン。
そしてムゲンの正体は言うまでもなく夕力ラt(ry。

残り話数的にもクライマックスなんで、基本今シリーズに既出のキャラのみでストーリーが展開していってましたが。

琴葉じゃないよ

ここでまさかのくまみこちゃん改め小柴莉緒登場とは恐れ入った(^^;。
なお、莉緒さんはLostorage1期と2期の間に、知る限りでは某天下五剣で盲目の最強剣士因幡月夜だったり、あるいは上野のカラーズで琴葉だったりした模様(爆)。
というネタを挟みつつ(汗)。

ちーちゃんのためなら

まーアレです、すず子がちーちゃんのことしか眼中になくなっちゃうのはまだわかります、元々そういうキャラという印象ですし。
ただ、今シリーズ冒頭のはんなや清衣ちゃんとのやり取りの印象だと、もっと大局を見て動くんじゃなかったの?、と思わないこともないですが、だとしてもまだすず子はしゃーないと思えるんですよ。
しかし。

タマキチるう子

カーニバル、里見より人心掌握上手くね?、と思う部分もあるものの。
さすがにるう子の視野狭窄っぷりには違和感すら。
そもそもそんなに頓珍漢な思考体系のキャラじゃない気がするんですが、あまりにも周りが見えなくなりすぎててなぁ。
アレだな、一緒にいたのがユヅキというのも一因かな、ユヅキから里見/カーニバルの情報はもたらされたはずですよね、ならばそもそもユヅキは里見が容易に信用してはいかん人物だということに気づかなかったのだろうか、その点わかってればるう子を諭すこともできただろうに、むしろ暴走に加担してたからなぁ、でもユヅキならしゃーないと思っちゃう不思議(笑)。
これで一緒にいたのがひっとえーだったらもうちょっと冷静に対処できた気もするけど、しかし暴走るう子をひっとえーが止められたかという疑問もないわけではない(汗)。
というか経緯は理解できるけどさすがにるう子、タマキチすぎる。

冷静チーム

主人公クラスの二人がかなり私的な理由で動いちゃってるから。
まさかのモブチームが冷静チームになっちゃったよ(爆)。
冷静チームというか、事態解決本命チームというか。
ただ、はんなもひっとえーもセレクターではあるものの、ルリグがないのでバトルには参加できず、頼みの綱はもう一人の冷静チームメンバー清衣ちゃんだけという心もとない状況。

選ばれました

しかも清衣ちゃん、なんだかムゲンにご指名されちゃって、まるで主人公みたいですね清衣ちゃん(リメンバ風)。
カーニバルは鍵穴を持ってくる役目、清衣ちゃんは鍵を持ってくる役目?、なんだよ鍵ってそれが最後の勝ち残りセレクターじゃないの?。
というかもしそうなら、鍵の資格がある清衣ちゃんを任命はせんか、もう一波乱あるのか?。

予想通り

主人公側が策にハマったとはいえいざこざしてると同時進行で。
経緯は違いましたがやっぱりそうなったか、レイラVSカーニバル。
つーかレイラはタマとじゃなくるう子とバトルしたかったんか、でもタマあってのるう子の強さだと思うんですけどねぇ、いやそうでもないのか?(汗)。
今後の展開の予想はまた後程。

一旦横道それて少々小ネタ、BS11で見てたらEDと予告の間のCMで、ひそねとまそたんのブルーレイのがあったんですが、まさかWIXOSSのアニメの間に挟んでくるとはいい度胸だ(^^;。
いや逆なのか?、WIXOSSファンなら中の人つながりで買ってくれるかもしれない!?(爆)。
そして、あきらっきーが退場しちゃって使えなくなったので。

身代わり

だったらセレクターの代わりに元ルリグの君がやりなさい、と言わんばかりに後提供クレジットでの清衣ちゃんいじり発生、スタッフは鬼畜か!!、まぁかわいかったからいいや(マテ)。
よく見たらこの清衣ちゃん、腰から太ももあたりの感じが妙にムチムチ感があって、かなり相当いいと思います!!(かおす先生並感)。

さて。
なんだかんだそんな状況で、最終決戦かと思っていたるう子VSすず子のバトルがもはや実現しそうですが。
上手い感じで引いたので何とも言えないですけどね、WIXOSSだし(汗)。
実現するとして、まだ準決勝段階なのがね、やっぱこれは決勝戦であるべきでしょ。
構成上先述のとおり最後の一人を決めるトーナメント戦になっちゃってるので、最終的にこのバトルは不可避ではあるものの、今やるべきなのかという疑問がないとはとても言えません。
それに、どっちが勝ってもどうでもいい(汗)と思いつつも、同時進行でレイラVSカーニバル戦をやると、そっちが空気化しちゃうんじゃないかという懸念も。
本来重要なバトルなはずなのに、どうしても主人公対決と一緒に描かれると、見劣り感は否めないかなと。
どう考えてもカーニバルが勝つでしょうけどね、いや待て、ムゲン的には鍵穴=タマは手に入ったし、となればカーニバルは用済みともいえるのか、もしかしてレイラ勝ち残りの可能性もある!?。
それ以上にるう子VSすず子が頂上決戦でない以上、いや頂上決戦だったとしても、結果の如何を問わず遺恨を残すことは必至でしょう。
現状このアニメを見てるのはselectorシリーズからのファン=るう子派が多数だとは思うんですが、決してLostorage派=すず子派勢力も侮れないと思うんですよ。
下手なバトル結果にすると、不毛な強弱論争になるのは火を見るよりも明らかなので、是非とも扱いは慎重にお願いしたいところです。

なので。
あくまで、可能性の極めて低い妄想の域を出ませんが、とはいえなんでもありのムゲンさんなので。
もしかしたら、同時バトルオープンで、まさかのるうすずVSカニレイの2対2のタッグ戦の可能性を夢想してみたり。
もちろんバトルをやろうとしている場所が圧倒的に遠いので(遠いよね?)、かなり無理がありますけどしかし、そもそもバトル空間は異空間ですし現実の遠近はさほど問題ではないかなとも。
まぁそれ以上に、チーム組んだとしてもどっちのチームも現状最悪すぎて(^^;。
るうすずチームは、すず子はともかくるう子が頭冷やさんとどうしようもない感ですし。
カニレイチームに関してはもはや問題外、なのでさすがにチーム戦は無いですかね。
ならばいっそのこと、なんでもありなら4人同時のバトルロイヤルはどうだろう!?。
WIXOSSのルール的に無理そうだけど、そこは何でもありなので(^^;。
ま、普通に考えれば普通にバトル2つが行われて、その勝ち残りで決戦なんでしょうけど。

どのような状況になっても、今回バトルからは蚊帳の外の清衣ちゃんに謎の優位感が(笑)。
まぁ清衣ちゃんはムゲンに気に入られちゃったみたいだし、どんなふうに今後の展開に絡んでくるのか絡めるのか、興味がありますね。
というか、最終的に事態を解決するのはるう子かなと思ってましたが、確かに主人公感は当初からあったものの、ここにきて清衣ちゃんが急にピックアップされてきて、これにはさすがのリメンバさんもきっとびっくりしていることでしょう(^^;。

そうそう、書き忘れてましたが。
ムゲンの目的は新たな主を得ること、すなわち繭の代わり。
それって全然嬉しくないよね(汗)、前のバトルを知らんLostorage勢はともかくselector勢はみんなそう思うんじゃないかと考えますが。

今回の締めは。
私はWIXOSSはアニメ&スピンオフ漫画がメインで原典たるTCGはノータッチなのです、故にそちら側からの情報は当ブログにおいても活用すべきではないのかもしれませんが、知ってしまったしなにより結局TCGとアニメは密接に関係しているので。



なんだよユートピアって、新ルリグっぽいけど。
これさ、シルエットだけにしているということは、どう考えてもかなり重要キャラだよね。
たぶん、アニメ的には扉が開いた後に出てくる感じの。
しかも、正体を隠しているということは、パッと出の新キャラではなく、ある程度既出のキャラが名前を変えての再登場の可能性が高いんじゃないかと思うんですよ。
WIXOSSの根幹ポジション、既出、妙に長そうな髪しかもウェーブ気味。
まさかの繭復活あり得るんだろうか!?。

テーマ:selector infected WIXOSS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/06/02(土) 14:41:56|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015031001 HDC-1適当撮り

まずはじめに、新しい椅子はおおむねいい感じです、買ったばかりなので今からトラブっていては目も当てられませんけど、思ったより満足感高いです、あくまで今のところは、あとは耐久性ですかね。



サムネイル


月の頭から写真晒し、しかも適当撮りとは個人的になんだかなぁですが、順番なので。
ただ、ここ最近連発してた感バリバリの適当撮りシリーズも、今回で一旦終息する感じです、
そして今回もまた適当撮りなんで、超なんでもいいんだけど状態、まさにお約束の域に達しております、というか本気でどれでもいいというか、どれを使うべきかワケワカンネ状態なので。
申し訳ないですがお茶濁しで(汗)。



将監トンネル南側入り口


念のためのナンバー修正のみでその他は丸コピー…ではないですなEXIFデータも継承してないし新規保存しているし、まぁそういうことです(謎)。
奥に見えるトンネルが、将監トンネル南側(泉中央方面)入り口。
将監トンネル自体は当ブログ、特に写真晒しカテゴリで何度か取り上げておりますけれども、この構図はあまりないかなと思い採用しました。
というか理由はそれだけ(大汗)。
まぁアレよ、言って車に乗っていないと撮れない構図ではありますので、自画自賛すれば貴重な画像といえなくもないのかなと。
それよりも。
前の2台は何ゆえに、双方とも停止線無視してるんだろう、と思ったのですが。
よく見たら信号が青になってますね、すなわち青になって動き出した瞬間なんですなたぶん(^^;。
いやはや危ないタイミングですな、基本運転中(走行中)は撮らないようにしているので、特に前回のぐにゃり画像と違い今回はフォルダで固定などしておらず手持ち撮影なので、たまたまのイレギュラーと言えばそうなんですが、あくまで「基本は停車中」なので(汗)。
いや滅多には撮りませんよ走行中の手持ちでは、特に腐れHDC-1引退した今では、なおさらに。
そういえば。
もう一つ気づきました、画像右の赤い看板のインターネットカフェ、今では建物ごとなくなっており、つい最近コンビニになりました。
その意味では貴重な画像かもしれませんね、記録映像的観点から。
その他にも、既に存在しない建物とか看板とか写ってるかもしれませんが、それ以上は不明です。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/01(金) 22:21:12|
  2. 過去の写真を晒す_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さつきまつ

★今月もまもなく終わりという恐るべき(笑)タイミングですが。
気づけば今月は、車であまり走ってない感じになってました、距離的な方面で。
なぜでしょう、主に買い物とかで結構頻繁に使った印象があるのですけども。
まぁ普段使いの買い物なので近距離メインですけどね。
そういう使い方だと回数はそれなりでも走行距離は延びないということですね。


★PCがある机で使っている椅子(オフィスチェア)がいよいよダメになった感じで買い替えたいです。
まぁ個人用の机はそれ一つだけなんですけど。
いつ頃買ったかなと思いこのブログを検索してみたら、うまい具合に過去記事を発見したので、出来ましたらそちらもご参照いただいたうえで。
すぐに見つかる記録はもうその記事の記述しかないので、そこから類推するにどうやら2011年後半に買っているみたいですな。
なのでもう6年半も経ったことになるのか(汗)。
同過去記事から、先代の椅子も約7年で替えたようですし、現役椅子もちょうど潮時かもしれないですな。
先代現役ともニ〇リの最も安い品で、双方ともほぼ同じ症状で不調をきたしているので、出来れば次はもう少しまともな品を買いたいところですが、ない袖は振れぬのです。
しかしわずかばかりの抵抗はしたいところ、今回は密林でも漁ってみるとするかなと思っています、というかすでに事前調査中だったり(笑)。


★という感じで記事を書こうと準備したのが一昨日くらいですかね。
その時点でかなりヤバかったのですが、昨日さらに具合が悪化し、もうダメね状態に(大汗)。
高さ調節レバーの手ごたえが、もう完全にお逝きになっている感じしかしなくなり、高さ調節も本格的にブレイク、というか高さ調節が機能せず何をどうしても最低の高さになってしまう、本格的に死亡確認状態。
そんなになってしまったのでやむなく、既に密林の某商品をポチりました(^^;。
昨日の午後、いや夕方近かったですかね、ポチって、そこからなかなか発送完了にならずにやきもきしましたが、今日昼頃発送完了メールが来ましたので、明日中には来るかなと思います。


★ちょっと前にツイートしたWindows10のアップデート。
なんかかっこよくて草(^^;。
言ってそれほど変わったわけではないですが、タスクビューとかいうやつがなんかかっこいいなと思いました(小並感)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/05/30(水) 19:56:11|
  2. 超個人的日記【散その1】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lostorage感想補足他

★まずは表題実行、前回記事Lostorage8話感想の補足的なもの。
改めて、レコーダーに録画してたものを断片的に、編集のために見たところ、次回予告で何となく思いついたり気づいたりした部分があったので。
すなわち。
今回8話ラストでタマ消える、どう考えても拉致ったのはカーニバル。
→強敵のタマとのバトルを熱望していたレイラ、それが出来なくなり当然激おこ(死語)。
→経緯は不明だがタマ消滅にカーニバルが絡んでいるとレイラ知るに至る。
→今回言っていたとおり、レイラ的にはカーニバルとは対等な関係と思っているので怒りの矛先は
 当然そっちに、腹いせにカーニバルにバトルを挑む、すなわち敵側内紛状態。
がありそうな予感。
まーねぇ、残り話数を考えると、打倒すべき敵側キャラが少々多いとは思うので、事前整理が入るのかなと。
レイラを整理してもまだカーニバルと真の黒幕が残ってるので、全く不足してないですよね。


★自分も子供じゃないんで、宣伝担当がそう書かざるを得ないことなど百も承知ではありますけど。



「好評を博した」はさすがに草生えまくりですなぁ。
ゼロとは言わんけど圧倒的少数派でしょ、特番なんぞやらんで本編進めろよが普通でしょ。
作品への興味喚起&持続という観点から、このタイミングで再度特番を入れるメリットが私にはわからないので、完全に制作サイドの都合だとしか思えませんね。
そんなに逼迫してるのかな。
特番を入れるタイミングとしては悪手だと思うんですけどね。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/05/27(日) 11:30:58|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lostorage conflated WIXOSS 8話

Lostorage conflated WIXOSS」の第8話感想です。

期待どおり清衣VS晶リメンバ因縁の対決、selectorシリーズからのファンにとっては、とりわけピーアナ(peeping analyze)信者にとっては待ちに待ったバトル回だったわけですが。
だからこそのバイアスもあってか、どうにも釈然としない、消化不良の内容だったと言わざるを得ないところです。
内容というより展開に関してでしょうかね、結果自体はまぁそうですよね当然そうなりますよね、ではあります。

まず、作画が少々厳しかったのが残念、期待のバトル回だっただけに。
ストーリー展開的には。
清衣ちゃんが抵抗できない状態で一方的にバトルを仕掛ける、というのはまぁあきらっきー&リメンバらしいともいえるので、そこにはさほど異論はないですが、バトルの面白さという点ではどうしても見劣りします、この点に関連してはさらに後述。
拉致られたアミカ、自力で脱出というのはさすがに芸がない。
ストーリー展開の都合としか考えられないですね、肯定的に考えればあきらっきーの詰めの甘さの表現なんでしょうけれど、アミカどんだけパワーキャラなんだよと言われても反論のしようがないし、私自身もわりと同意見。
ここさ、アミカ自力脱出は止む無しとして、もう一工夫できなかったんですかね。
例えば、あきらっきーってすっかり獲物はボールペン(笑)にイメージ固定してますけど、思い出してくださいinfectedではるう子&遊月を普通にナイフで脅してます。
ならば今回も、あくまで脅し用にナイフ持ってて、脅しのためにそのナイフを監禁場所の壁なり床に突き立てて、うっかりそれを忘れてそのまま清衣ちゃんとのバトルに赴き、そのナイフでアミカが縄を切って脱出でもよかったし、その方が説得力あると思うのですが。
それ以上に、アミカも元セレクターなので、そのへんでなんでも願いを叶えちゃう現運営がちょっかい出してくる展開かなと思ったらそんなことはなかったぜ!!。

強制終了ならず

そしてアミカさん、脱出後に清衣ちゃんにエールを送り形勢逆転になるのですが。
なぜバトル強制終了にならなかった、声が届くほどの近距離まで来たのに、アミカ自身も自分はセレクターじゃないと言ってるので完全に部外者ですよね。
WIXOSSアニメシリーズで都合よくルールの変更は今に始まったことではなく、特にLostorageシリーズではそういう傾向は目立つとはいえ、さすがにselectorシリーズからあるバトル強制終了のルールを無視するのはいかがなものかなと、一旦バトル終了させて仕切り直しで何か問題があったのかと。
思っていたのですが、今の今まで。
よく考えてみたら、最初も最初infectedの第1回バトル、遊月が初心者狩り的にるう子にバトル挑んだ時にも、すぐ近くに香月いたし声も届いてたという事実を思い出した、あれれ!?(^^;。
そうなると、これもアリといえばアリなのか、というか逆に強制終了になる条件の方がわからなくなりましたわ、完全な第三者が接近するとNGである程度(このへんが微妙)関係者ならOKなのか?。

さて、繭のバトル時にはなかったコインバトルのルールにより、完全退場となったあきらっきーでしたが。
というかルリグの重要事項説明不備はもはや様式美(^^;。
個人的にはこれはもう、今シリーズのラストですべての決着がついた段階で、incited時点も含め消滅したセレクター全員大復活のフラグでしかないですな。
というより公式があきらっきーの人気を見誤るわけはなかろうと。
selectorシリーズから始まった世界設定を共有するアニメシリーズは今回で終わり、もしくは元々の原作たるTCGのさらなる展開を考慮していないというならともかく。
今、このアニメ見ている層の大半はselectorシリーズからの引継ぎでしょどう考えても、Lostorageシリーズから見始めたという層は少数派だと思いますよ。
ならば、ヒールではあってもselectorシリーズの人気キャラあきらっきーを復活させずに終わらせるというのは悪手以外のなにものでもないです、infectedでも8話くらいで退場したあきらっきー、しかし続編spreadで大復活してシリーズ上位の人気キャラになったのは説明するまでもありません。
もしも、今後もWIXOSSの続編のアニメ化を検討しているのならば、このまま消滅エンドはあり得ない選択ですな。
それに。

もはやお約束

あきらっきーがいなくなったら後提供クレジットでのあきらっきーいじりが見られなくなっちゃうじゃないですかやだー!!(爆)。
リメンバは、まぁどうでもいいや(マテ)。
というかルール上、リメンバは清衣ちゃんの元に行ってるはずなんだけど、どうなったんだろう。
明確な描写がないので何とも、まぁ清衣ちゃんがリメンバを使うとも思え・・・いやそもそもリメンバはセレクター清衣のルリグだったな、可能性はゼロじゃないのか(汗)。
普通に考えれば栞だけどな(笑)。
というかですね。

ピクミン

ここでミルルン使ってきたかそう来ましたか、ここは評価したい。
これさ、元あきらっきーのルリグが結託して仕返ししている図なんだよな何気に(^^;。
なお個人的に、あきらっきーの元ルリグのこの二人、ピルルクとミルルンのコンビのことを「ルル」を抜いてピクミンと呼んでいます(爆)。
それからですね。

鬼に金棒 あきらっきーにボールペン

あきらっきーの象徴がボールペンという部分も個人的には評価したい(笑)。
何か他になかったのかと思わないこともないですが、とはいえ一番しっくりくるとも思いますしね。
さっきも書きましたがinfectedの時は普通にナイフだったのに、やはりボールペンすら武器にするというインパクトなんだろうなぁ(^^;。

返す返すも、清衣VSリメンバという超絶因縁対決だったのに、何だろうこの消化不良感は。
清衣ちゃんもさすがに無策すぎるというのはある、とはいえ頭が切れるキャラという描写もあんまりなかった気もするし、それ以上に今回も言われた通り一人で抱え込んじゃうキャラなので、それはともかく。
キャラ的には納得できるし、そもそもセレクターとして清衣>>>晶なのは明白なので、人質とって無抵抗な状況でいたぶるという行為そのものは、でしょうねとしか言いようがないんだけど。
ならば、今シリーズの序盤にあった、清衣VS晶のバトルで、清衣に晶が強くなったと言わせたのは何だったのかという思いもあります。
それでもセレクターとして清衣>晶は揺るがないでしょう、けれどもルリグがリメンバですよ、清衣ちゃんを夢限少女にしたリメンバですよ、ある程度までは善戦出来たんじゃないのかなと、いやむしろ意外に晶リメンバコンビ強くてギリギリのところで清衣ちゃん勝利する、の方がカタルシスが得られたんじゃないかなとすら思います。
今シリーズを企画した段階で、清衣ちゃんをメインキャラの一人に据えることが決まって、なら清衣ちゃんの見せ場は何かと考えれば当然リメンバ戦だよね、ついでにあきらっきーと組ませるかとなって、結局その決まり事を消化しただけの残念なエピソードという印象を持ってしまったこと自体が残念でなりません。
せっかくピーアナをフィーチャーしてきたのに、最後の最後で詰めを誤った感。
これでは。

あきらメロン

せっかく「あきらメロン」なる新ワードを繰り出してきたものの、さすがに「あきらぶりー」ほどのインパクトは得られずに失敗に終わった模様、というかそもそも「あきらぶりー」に対抗しようなどと思う方が無謀、あの牙城はもう崩せまい(笑)。

ともかく、予想通りこちらの因縁には決着が付き。
かと思えばラストでまたタマちゃん拉致られて、いよいよ終局に向けて動き出した感はあります。
さて、一時的にでもタマを失ったるう子、リルメルが手元にあるすず子、因縁にけりを付けた清衣、対するはカーニバル&レイラ、さらにカーニバルを操っている真の黒幕。
ちょっとどう転がっていくのかわかりませんね、下手に考察して恥をさらすのもアレなんでおとなしく推移を見守ることにしましょう。

最後に小ネタ二つほど。

女子トーク

着替え最中をリルメルに見られWIXOSSらしからぬ(笑)女子トークに花を咲かせるすず子さん。
なんかちーちゃんの下着に興味津々っぽかったすず子さんでしたが、きっとアレだよ、ちーちゃん意外にアレで子供っぽい、バックプリントににゃんこのイラストが入ったぱんつとか履いてるよ、などと榊さん派の自分は言ってみる(^^;。
誰だよ、褌とか言ったの、フンドシスト声優はincitedの時に退場したろ!!(爆)。

いじめかと思った

そしてこれよ(^^;。
これさぁ、前提供クレジットでも使われた絵じゃないですか、てっきり清衣ちゃんがいじめられてた時の思い出か何かと思ったら、まさか自分でチョイスしたクレープだとは完全に予想外だよ!!。
これはない、さすがにこれはないよ清衣ちゃん(偏見)、そんなにパクチー好きなの?、こんなん選んでるからいじめられたりするんじゃないですかね!?(暴論)。
あと個人的にバナナも苦手なんですよね、なのでどうしても美味そうに思えなくて。
えっおまえの嗜好は聞いてない?、ごもっとも(^^;。

テーマ:selector infected WIXOSS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/05/26(土) 12:52:31|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すぐこぉるせんたぁにでんわしちゃうおぢさん

★つい最近、ネット通販したときに。
配送業者がクロネコで、配達時間指定が出来たのでその時点で都合がよかった午前配達に設定したんですが、その後急に都合が合わなくなり配達されそうな日の午前に家に居られるかどうかわからなくなってしまいまして。
そういうことがわかっている以上、再配達などの事態は避けたいと思い。
一つの手段として配達店に留め置きのようなことが可能なのかと思い調べたら出来そうだったのです。
ならば、配達担当店がわかったらそこに連絡しようと思ったのですが、ネットの荷物追跡システムでは県内のベース店までは来ているものの、なかなか配達店に着店表示にならず、すなわちどこに連絡すればいいかわからず。
時間的制約もあってやむなく、コールセンターに電話で問い合わせようかと思い調べたところ、携帯からだと通話料以外の料金がかかるみたいだったのです、固定電話ならフリーダイヤルだったのですが。
その時点で固定電話は使える環境にはあったものの、なんか迷ってしまってさらなる手段を模索して。
多少なりとも手間なので迷ったのですが、メンバーズとか言うのに登録したら、受取先の変更とかができそうだったったので、仕方がないと思い登録したところ。
そのメンバーズ機能でも、配達店留め置きのようには変更出来そうにない感じだったので。
やむなく最終手段、久しぶりに(笑)家電使ってコールセンターにアクセス、目的は達成無事変更できたのですが。
なんか釈然としないですね。
したいことが出来なかったメンバーズ登録は即行削除(解約)。
う~む、この機能使えないよクロネコさん、改善してくだされ、配達店留め置きが出来るようにしてください、そしたら再度登録しますんで(^^;。


★これもちょっと前に、テレビのニュースで見たんですが、完全に他人事だと思っていたら!!。
一昨日夜だったかな?、まさかのマイルームでもすでに蚊の気配がっ!!(^^;。
確かに今年は出足が早いかもしれません、テレビで言っていたとおりです。
というか庭の雑草が伸び放題になってる影響もあるんでしょうねきっと、まずい非常にまずいです、なんとかせないかんですが、もうちょっと先で何とかお願いしたい(大汗)。


★その関連で(蚊関連ね)。
蚊取り線香とその周辺グッズ更新の話なんですが。
通常なら、携帯型の蚊取り線香ケースを、だいたい200円もあれば買えるしある程度で新調しろってなってるので、それに従い定期的に新調して(すでにそのタイミングでもあるし)。
蚊取り線香そのものは、10巻ずつちまちま買ってシーズン内で使い切る感じにしてたんですが。
いろいろと、例えばコストを考えたり(10巻より30巻まとめて買った方が当然安い)。
どうせ燃焼装置(?)も買い替えないといけないタイミングだったので、いっそのことと思い蚊取り線香燃焼台(?)付きの30巻のやつ、買っちった(^^;。
携帯型の蚊取り線香ケース、めったに本来の使い方をすることはないのですが、しかし庭の雑草刈りするときなどには使うので、本来買い替える予定だった古いものを捨てずに流用することにしました、なぁにまだまだ使える使える(笑)。


★先日ネット回線の契約変更をしたんですよ。
今流行りの何年単位で契約の縛りのあるやつ、元々2年だったのを月々の支払いがわずかに安くなる代わりに3年縛りになるのに変更、迷うことはありますがプロバイダを変える気はあまりないのでまぁいいかなと思って。
勧誘の電話が来て、珍しくその場で決断したんですが、後ほど契約書的なもの送ると言いつつ来ないなぁという状態で間もなく1週間。
そんな今日、ようやく送られてきたのですが。
なんか電話口で聞いた料金と違うので、迷ったのですが早速コールセンターに電話して、それにしてもコールセンター好きだなぁ(笑)。
確認したら書面の説明が舌足らずなだけで、電話勧誘のとおりの料金で一安心でしたが。
もう少し考えて文章作ろうよ、天下の庭ともあろう企業がさ、小学生の作文じゃあるまいし。
このブログみたいに素人のクソ文章じゃないんだからさ(笑)。


★あと1週間で5月が終わるという現実に震えています(大汗)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/05/24(木) 21:23:50|
  2. 超個人的日記【散その1】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015022701 HDC-1適当撮り

サムネイル


適当撮りといえば腐れHDC-1、といえば久しぶりのぐにゃり画像いくぞおらぁ!!。
などというノリは我ながらいかがなものかと思うのですが(汗)、下書きの下書き、画像作成時に備忘録的に書いた文章がそんなノリだったので使ってみました(大汗)。
本当に何を考えていたんだろう、そんなに昔のことではないのに理解不能です(白目)。
ともかく、ぐにゃり画像も本気で久しぶりです、失念していたというのは否めませんが、ふさわしい画像もなかったという現実もあります(言い訳)。
ただ今回は期待してください、なにしろ半ば意図的に、ぐにゃり画像を撮るための撮影といっても過言ではないものですので。
撮影方法としては、なんとまさかの車載画像です!!(笑)。
当時のマイカーオデッセイのダッシュボード上に、まずはプラ板的なもの(多分アクリル板)を適当な大きさにカットしたものを両面テープで貼り付け。
そこに、これ以前に購入してあった吸盤式スマホホルダーを流用、それに腐れHDC-1を固定するという何という荒業!!(^^;。
なにぶん安物のスマホホルダーなので、当時使っていた初代スマホIS03ですら激揺れて、本当は車載動画を撮影したかったところを断念したくらいです、まぁIS03は別の問題もありましたが。
そんなシロモノなので、きっとより重い腐れHDC-1なら更なる振動が期待できます、まさにぐにゃり画像を撮るためのセッティングといって大げさではないでしょう。
ま、実際にどの程度揺れたかは、まだ3年ちょっと前のことなのに覚えてませんけどね(汗)。
というか、固有振動数とか共振周波数とかいう概念を、理系なのに今の今まで気づいていなかったことは、絶対に内緒だゾ!!(吐血)。



見事なぐにゃり


HDC-1なので丸コピーです。
数だけはそれなりに撮ったのですが、結果的にめぼしいのもがこれくらいしかないという事実には、甚だいかんともしがたいところであります(汗)。
しかしその分、ぐにゃり度は実にいい感じで、上質の(謎)ぐにゃり画像だと自負しております。
被写体がいいですよね、ぐにゃり対象が人工物の電柱なので、基本まっすぐじゃないですか、ぐにゃってるのが明白だという部分はポイント高いですよね。
対象が街路樹ですとね、ぐにゃりなのかそもそもそういう生え方の木なのか不明、というケースもあるでしょうし、その意味でも実にグッドな絵ですね。
んでまあ、ご覧のとおり画像数も多いし、複数の画像を使おうかと当初思っていたのですが。
あれでもないこれでもないと思案しているうちに、なんか面倒になってしまったので(汗)。
この一枚だけにします、本当にごめんなさいorz。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/22(火) 22:23:36|
  2. 過去の写真を晒す_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろかたづける

★1個前のかな、Lostorage7話感想記事のGIFアニメは、さすがに少々ウザかったと今更ながら反省しているところです(^^;。
一時期、というかたぶんこの記事が上がる前の時点まで、右メニューの「リンク」の位置とほとんど同じになってて、自分で使っていて非常にウザかったです(爆)。
毎朝1回はリンク使うのでね。


★払いたくないけど(汗)自動車税は払い終えました。
思えば、去年はタイミング的に車の購入と重なって、ワゴンRの分は購入代金に入ってたはずなので金額わからず(注:どうやら税の仕組み上課税されなかったみたい(汗))。
一代前のオデッセイの分は、月割り(?)で請求来てそれを払ったはずなんですが、もう金額覚えてないです。
そうじゃない、言いたいことは。
2年前まで、排気量が無駄に2.2リットル+古くて割増しで税額5万超えてたことを考えると、ワゴンRも古いので割増しにはなっているのですが、天国のような税額だなあと(^^;。
改めて思う、自家用車必須の地域で、基本自分一人しか乗らず車にこだわりがなく、日常使いがメインで高速にもほぼ乗らないなら、どう考えても軽自動車一択だわ。
あくまで道具と考える場合の話ですけどね。


★今月のデジカメノルマは一次二次とも達成はしているのです(一次:とにかく撮る、二次:A480で撮る)。
けれども、あまりにもノルマ達成ありきの、しょうもない撮影なので、残る今月中に何かもうちょっと実のあるものを撮りたいとは思うものの、そんなアテも暇もない(汗)。
いや暇がないというのは違うな、撮影のためにどこかに行こうという気が起こらない、と書くのが正しいんでしょうな。


★以前、ランチャーに再起動機能を作ったと書きました(当該記事)。
しかしですね。
結局は再起動させるまでのアクションが減らずに、なんだかんだ手間に感じたので。
癇癪起こして改めて、デスクトップにも設置しました(汗)。
再起動するシチュエーションでは、ほぼ100%すべてのアプリを終わらせた状態で実行しているので、すなわちデスクトップが表示されてるので、デスクトップに置いておいても無問題、むしろもっと早期にこうすべきだったかも。


★Twitter関係の話題というか愚痴。
フォローなんですけどね、私がフォローするということですよ。
ご存じのとおり私は基本、フォロー対象はアニメ公式が大部分なんですけどね。
そういうのって基本的に溜まって増えていくだけなので、時には見直さないとねというお話。
アニメ見ててフォローしたその時は気に入ってても、時の経過とともに冷めるということは往々にしてあり得ることなので。
そんな作品のツイートがいつまで経っても妙に多くて、それでTLが埋まってたりすると、ダメ押しのネガティブな印象にしかならなかったりします。
逆に、フォローし続けるか否か迷うアカウントでも、めったにツイートしないものなら特段問題ないということは、前にも書きました。
一番厄介なのは、どうしようか迷っていても、そこからフォロバされてるものは切りづらくて、実に悩ましいすよね(^^;。
まぁさすがにアニメ公式からフォロバされることはないんですが。
そういうアカウントは、最悪アプリ側でミュートするしかないんだなと思います。
私なんぞをせっかくフォローしてくれているんだから、こちらの都合で切ってしまうのも申し訳ないかなという小心者思考。
というか、そんな偉そうなことを言えるようになったのかと我ながら感心(^^;。
いや自重しろという話しでしかないですな。


★最後に緊急告知。
記事カテゴリ増やしました、新たに「超個人的日記【散の前】」というひねりも何もない名前のカテゴリを設置、再開以後現「散」になる前の期間の記事をこのカテゴリに移しました。
そして現行のを「超個人的日記【散その1】」に名称変更しました。
今まで「超個人的日記」カテゴリ記事が600超えてて、おいおい3年間でそんなに何書いたんだと思ってたら、「散」にする前からあったカテゴリだったんですね、ずっかり忘れてました(アホ)。
今年の7月でというか6月末で「散」になって丸3年、「超個人的日記」カテゴリと「アニマン雑記【アニメ】」カテゴリの記事だけ妙に多いので、その節目をめどに新旧でカテゴリ分けをしたいと思っています。
多くてどうということはないと思うのですが、気分的な問題でね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/05/21(月) 22:05:22|
  2. 超個人的日記【散その1】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lostorage conflated WIXOSS 7話

放送直前とはいえ、公式ツイートがあきらっきー&リメンバ登場ばらしまくってて、普通ならそんなことやると文句言われるところでしょうけれど、逆にやったぜ!!、待ってた!!、むしろ期待は高まるばかりです!!、のような感想しか湧いてこない(当社調べ)、そんな「Lostorage conflated WIXOSS」の第7話感想です。

アバンからあきらっきー登場で出らっきー状態、それだけでもわかってるな公式状態でしたが。
まさかのAパートはリメンバのターン!!(笑)。

清衣ちゃんいぢめ

ピーアナ(peeping analyze)未読者のために、リメンバがいかにカスかどんな人物なのかを説明する必要があるのはそのとおりですが、まさかここまでアニメ化してくれるとは、ありがとう公式、一生ついていきます!!(^^;。
いや、そもそもピーアナでもここまでの描写があったかどうか覚えてないです、なんかオリジナルで付加されたシーンのような気もします、やりおるな公式。

栞の意味

そして当ブログではピーアナ未読者のためにネタバレ回避で濁してきた、リメンバの末路までしっかりアニメ化していただけるなんて、本当に本当に感謝以外の言葉はありません、期待して、視聴死守してよかったよ、なんかもう満たされた気分でいっぱいです!!(爆)。
そればかりかっ!!。

ピーアナのその後

まさかの、ピーアナでは描かれていなかった、リメンバのその後まで描いてくれるとは、サービス良すぎませんか本当にありがとうございました。
selectorシリーズのラストでるう子の願いにより全ルリグが解放されているので、ピーアナ本編では栞で終わったリメンバもいずれは開放されたということはわかってたし、当ブログでも過去にそう言及してたはずです。
それを実際に描いてくれて、当ブログの主張が正しかったことが証明され、かなり満足です(^^;。
ただ、さらにその後のリメンバ(の本体)がどうなったのかまでは考えてなかったので、かなり新鮮だったし興味深かったですね。

ヤンレズ

てゆーかリメンバさん、もはや清衣ちゃんに対するヤンレズになってるじゃないですかやだー(笑)。
なるほど、リメンバ復活には、以後の展開を見るに、というか今シリーズで出てくるルリグのリメンバは、リメンバの形を模したコピーだとばかり思ってて、まさか本人がルリグ化するとは思ってなかったので、すなわちリメンバ本人の「願い」も大きく作用したということなのですね、考えたな。

無視らっきー

一方のあきらっきー、どこから情報を得たのか里見/カーニバルの元へ。
しかし存外あっさり拒否られてて意外、里見/カーニバルってわりと自分が関知していないキャラには冷淡なのね。
まぁあきらっきー、そもそもセレクターとしてあんまり強キャラというイメージないし、そのへんを看破しての行動と解釈すべきなのだろうか。

運営の横やり

と思ったら、心優しい運営さんはあきらっきーに救いの手を差し伸べた!!(激爆)。
ついに出会ってしまった二人、WIXOSS史上、いや清衣ちゃんにとって最凶のコンビ爆誕!!。
まぁOPでもそうなってたし、みんな予想してたし、予定通りなんですけどね。
てか公式すら最凶扱いで大草原ですわ(^^;。

最凶の笑顔

ついに爆誕した最凶コンビの美しくも晴れやかな笑顔をご堪能下さい(白目)。
笑顔はまぶしくても腹の中は真っ黒です、黒というより闇です(爆)。

さて物語は、ここからレイラVSるう子へとシフトしていくのですが、それは後回しにしまして(汗)。
やっぱりね、今回はあきらっきー&リメンバに注目せざるを得ないですな。

やはりリメカスだった

とりあえず、一度清衣ちゃんをとっちめればいいとだけ考えていた感じのあきらっきーに対し。
何度も何度も「遊びたい」と言い放つリメンバ。
当ブログでは今まで、リメンバの坂口に対する行動に関し、確かに発案し実行したのはリメンバですが、それで願いを叶えたと承認したのは繭なので、やはり繭が巨悪だろと言ってきましたしその考えに変わりはないですが。
今回思いました、やっぱリメンバ、カスだわ(今更)。
前述の想いもあって当ブログでは使用を控えてきましたが、今後は「リメカス」という呼称を躊躇なく使用していきたいと存じます(汗)。
というかさ、あきらっきーまたしても小者感、spreadの時もウリスにいいように操られて、今回もまた事実上リメカスに操られてるじゃないですかやだー(笑)。
う~ん、WIXOSS界最凶の小者あきらっきーを、当ブログは今後とも応援していきます(^^;。

まさしくデジャヴ

ぼくしってる!!、これ、すぷれっどでみた!!(激爆)。
やっぱりねとしか言いようのない、恒例のあきらっきーの拉致監禁はもはや伝統芸の域に達しておりますな、というか完全に予想通りの行動で大爆笑でしたわ、安心安定のあきらっきー。
オマージュ、あくまでselectorシリーズのオマージュです、使い回しとかパクリとか言うな!!(汗)。
つーかなぜあきらっきーはこんなに拉致監禁スキルが高いのか(^^;。

ひっしえー

適当な画像はありませんでしたが、せっかくですので前回の、あきらっきーによる拉致監禁の犠牲者の画像を貼っておきますね(大汗)。
ということで、次回はついに因縁の清衣ちゃんVSあきらっきー/リメンバになりそうな予感、1週間が待ち遠しいですね。
しかしタイミング的に今回は7話、そろそろ残り話数との兼ね合いとストーリー配分も考えないといけない頃合いです。
過去の例から今シリーズも全12話の可能性が高く、今回から後半戦で今回含め残り6話。
となれば、今回次回の2話で清衣ちゃん関係の因縁に決着付けて。
いやね、当初は清衣ちゃん関係3話、るう子関係3話で半々かなと思ったのですが、るう子関係ってレイラだけじゃなくて里見/カーニバルもいるし(里見/カーニバルは物語全体の敵だが)、そもそも運営が何者かという話しもあるし。
そう考えるとやっぱり清衣ちゃん関係2話、るう子VSレイラ2話か1.5話くらい、残りで里見/カーニバルと、そもそものバトルの運営との決着って感じですかね。

そうそう、後回しにしたるう子VSレイラ。

ユヅキゲット

るうたまペア復帰後初戦だったにもかかわらず、条件付きバトルにやる気がそがれたのかレイラさん、タマの実力を試しただけであっさり敗戦、るう子はユヅキをゲット。
あれ、ユヅキが人間に戻らない、と思ったけどそうですよね、そこが最終目標で、そのためにるうたまが参戦したんですよね、最終目標は運営の打破&ユヅキたち元人間のルリグの解放ですよね。
と同時に、るう子がユヅキをゲットしたことにより、アンロックが使えるようになった、という理解でいいはずですよね?。
逆に言えば、これでキーカードとしてユキやルリグマユが出てくる目はなくなった感。
いや、そうとは言い切れんのかな?。
そうそう、なんかタマがあんまり強キャラ感なくて少々肩透かし、いいわけとしてはるう子自身が久しぶりのセレクターバトルだったから、あたりなんだろうけど、もうタマちゃんは最初から無双してもいいと思うの。
それくらいですかねこちら側に関しては。
すんませんな、本来はたぶんるう子たちがメインなんだと思うんですけど、当ブログ的にはどうしてもあきらっきー&リメンバ偏重になります、ご了承ください。

そして後提供クレジットで、バケツが出てきた段階でオチがわかってしまった、安心のあきらっきー弄りネタ、さすがは公式わかってるな!!(^^;。

ところで。
あきらっきー&リメンバに気を取られ忘れがちですが、ちょっと前に鍵だか鍵穴だかというネタ振ってましたよね。
何かの扉を開くために、運営はセレクターバトルを再開し、鍵穴すなわち現時点での最有力はタマのことでしょうけれど、それを集めさせている、という感じ。
多分今回のシリーズの終着点はそこなんでしょうけれど、では扉が開いて出てくるのは何なのか。
そもそも、今セレクターやルリグたちにバトルをさせている、陰で操っている、廃墟と化した白窓の部屋にいる最初のルリグっぽいキャラは何者なのか(今シリーズでは声だけですが)。
その、カーニバルたちに指示を出しているのが、例えば繭の残留思念みたいなものと仮定しても。
扉が開いて出てくるのが繭というのは遠慮したいところですな、彼女はselectorシリーズで綺麗に浄化されているので、それを穢すような展開は願い下げです。
ならばウリスか?、いやそれも遠慮したい、彼女は、その必要性は疑問ですがdestructedで救済されて幸と異空間でイチャイチャしているのでそっとしておいてほしいところです。
声だけしか出てきてないので残留思念そのものか、あるいは繭に力を与えた、シリーズの本当の意味の黒幕なのか。
いずれにせよ、黒幕の目的の障害にしかならない、るう子にユキやマユのキーカードを与えるという行為はあり得ない気はするのですが、しかし今までの行動を見る限り、強い願いには自動的に反応している印象もあるので、黒幕の意思とは無関係に実現する可能性も捨てきれないのかなとも。
どのような結末になるのか楽しみですね、それももう間もなくです、1クールってやはり早いですね。

最後に小ネタ、今回のエンディングテロップからキャスト欄。

あおい

あきらっきーこと「蒼井晶」のルリグになったリメンバ担当の声優さんが「葵井歌菜」というのは狙ってるのか?(笑)。
というかこの人、「ふらいんぐうぃっち」のお姉ちゃんだったのね今知りました(汗)、なお主人公の中の人はアロスピルルクなので姉妹で共演している模様(^^;。
まさかのふらいんぐうぃっち難民救済!?(爆)。

テーマ:selector infected WIXOSS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/05/19(土) 14:25:01|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015021701 将監おおはし等

サムネイル


使用カメラはA480なんですが、撮影の趣旨としては。
同じ場所をたぶん過去に一度は撮影しているはずではあるが、使用デジカメが腐れHDC-1あるいはそれに類するものだったのでまともなデジカメで再度撮影したいシリーズ、とでも申しますか(笑)。
だからね、カメラはまともでも中身的には適当撮りとあまり変わらなくてね、ごめんね。
撮影場所は、住んでる団地の北側にあった山を崩して、平成になってから造成された団地の、東から北東部分あたり。



巨大構造物大好きおぢさん


元画像から縦長サイズに回転&自動色調補正。
どこからどう流れ込んでくるのかは不明ですし、普段は全く水などないのですが、万が一の大雨などによる増水時にはたぶん臨時の貯水池として機能すると思われる防災施設(推定)の、一部分だけをアップで撮影。
比較物がないのでわかりづらくて申し訳ありません、しかし手すりやはしごなどのサイズから類推していただきたいところです。
結構な高さがあります、2~3階建てのビルくらいの高さはある感じでしょうか、そして先述のとおりどう考えてもここは臨時の貯水施設なのですが、ここが水で満たされることが本当にあり得るのかどうか、個人的にははなはだ疑問ではありますが、それはさておき。
そもそも巨大構造物大好きおぢさんであることは認めますが、なんかこういうのがかっこいいなぁ、と思ってしまうのって、これを中二病というのだろうか!?(^^;。
まぁアレよ、学生時代映画を作ってた経験上というか悪癖というか、こういう施設を見ちゃうとですね、ここ何かの撮影の舞台に使えそうだなと思ってしまいます。
しかし隅々まで見渡し確認した結果、どうやらここには安易に立ち入りは出来ない感じですし、それにしかるべき場所に使用申請したとしても、そうやすやすと許可は出ないと思いますので、たぶん使うことはできないでしょう、残念。
使う機会などまずないですけどね(^^;。



東北道泉IC某所


もう一個、こちらの画像は自動色調補正。
今回撮影場所となった団地(以下「新団地」)は、東北自動車泉ICに隣接しています。
新団地に隣接している我が団地(以下「旧団地」)もほぼ泉ICに隣接していると言っても過言ではないのですが、なにせ新団地が造成されたのが平成に入ってから。
造成以前はちょっとした山のようになっていた場所で、高さもありまた木々が生い茂っていて先の様子はわからず、加えて子供の頃は熊や蛇が出る(笑)という理由で安易にその山に入ることを学校レベルで禁じられていて。
新団地が出来て、そこからあまりにも近くに泉ICがあることに気づき、なんだよ旧団地ってこんなに泉ICに近かったのかよ、などと大人になってから思う始末だったのですが。
ともかくも、新団地の中でもこの場所は特に泉ICに隣接していて、かつICより高い位置にあるので様子が一望できる、巨大構造物大好きおぢさんにはナイスな場所でもあるのです(^^;。
画像の場所は、国道4号から泉ICに出入りする道路に接続はしているものの、普段一般車両は入れない道で、何かの待機中の警察関係と思われる車両のスクープ画像(笑)。
これから取り締まりに行くのか、パトロールに行くのか、はたまた緊急事態に対応すべく待機中なのか知りませんが、まぁそれはどうでもいいのです、画像を使っておいてアレですが。
先ほど来申し上げているとおり、巨大構造物好きが高じてIC施設も好きな難儀なおぢさんなので、これだけ自宅近くにICが存在するのですから、もっとナイスな画像を撮りたいという気はあります。
ただ、普通に行き来できる場所からですと、木々が邪魔であまりナイスな画像を撮れる感じではありません。
できればもっと、木々に邪魔されずにさらにナイスな画像を撮影したいと常々思っているのですが、そしてたぶん、ある部分から樹木を分け入っていけば、かなりいい感じの撮影ポイントがあるのではないかというめぼしはつけているのですが、さすがにいまだに実行には移せていないですね。
行動力の問題と、法的な問題と、あとやっぱり自然林の中に押し入っていくので、虫がね(軟弱)。
やりたい気がないわけではないですが、よほどの覚悟を決めないと、実行はしないでしょう。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/17(木) 21:50:04|
  2. 過去の写真を晒す_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

過去ログ