アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

魔法少女サイト

2018年春アニメ第1話レビュー、昨夜放送開始になったレビュー対象アニメは複数あるのですが、都合により今回はBS-TBSで放送の「魔法少女サイト」第1話感想を先行してアップします。
記事漏れ分は多分明日以降に。

原作未読で事前に情報収集もほとんどしない状態でしたが、どんな方向性の作品かということはおおよそわかっていました。
土曜夜は既存作品含め今期もたぶん最多作品数で、加えて昨日は都合によりリアルタイムで見る気力が持てず、録画対応になりましたが。
おや、想像よりは悪くないじゃん、放送時間的には全く問題ないし、次回からはリアルタイムで見るかね、そんな感想を視聴後にいだきました。
内容としては、ある種昨今流行りというか一つのジャンルと化した感もある、ダークでメンタル削ってくる系の魔法少女作品。
1話序盤はとにかく主人公がひどい目にあいまくるのですが、しかしそれはその後のカタルシスを得るために耐えなければならない部分なのでやむを得ません、バネだって大きく伸び跳ねる前には一度小さく縮まなきゃないでしょ?、あるいはアレだ、モヒカンが極悪非道の限りを尽くすから、ケンシロウが北斗神拳で無残に殺しても誰も文句を言わないのと同じです(笑)。
そんな陰鬱な雰囲気をぶち壊す勢いの、魔法少女サイトの朗らかなBGMには草生えましたw。
まぁ、どう考えても使っちゃいけない系の能力ですよね、使った代償が気になります、そういうのはないのかな?。
なるほど、直接物理的に殺すのではなく、間接的に殺す系ですか、しかも人によって能力違うのね。
奴村(すごい苗字だな)の能力は時間停止、となれば主人公は瞬間移動系かな?(公式サイトに書いてありました)。
どういう発動条件なんだろう、自分の意図した場所に移動できるのですかね、あるいは指定できない?、今回の場合はどちらとも取れるので今後の展開待ち。
魔法少女として先輩格の奴村が淡々と殺してて躊躇なさすぎで大草原。
これ、1話だけ見ると、相手を殺すしか能がない感じですが、まぁ主人公に危害を加える他人ならそれでいいとして、兄はどうするんだろうねさすがに殺すわけにもいかんだろうし。
ちょっとネタバレしましたが伏せておきます(^^;。
どう考えてもネタバレしない方が面白い作品だと思うんですが、日常的にネット使ってますとそうもいかなかったりしますし、しゃーないですな。
そんな感じで繰り返しになりますが、予想よりずっと悪くなかったので視聴継続、土曜はこれ見てから寝るとしましょうか、さすがにBS11の銀英伝までは時間が遅くて手が回りません、録画して見ます。
ところで。
こんな陰鬱な内容のアニメにすら、かすかにキマシ分を感じ取ってしまう私は、もはや生粋の百合豚と化したと断言しても過言ではないでしょう(大汗)。
てかそういう部分が欲しすぎて困ります(滝汗)。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/08(日) 16:30:17|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lostorage conflated WIXOSS 1話

2018年春アニメ第1話レビューの途中ですが。
このブログでは新アニメ第1話の感想以外は書かないと言ったな、あれは嘘だ(様式美)。
ということで(汗)、散々期待してたんだから「Lostorage conflated WIXOSS」の第1話感想を書かないわけにはいかないだろどう考えても!!(笑)。
そゆこと(^^;。

さて。
心ウキウキワクテカ状態で臨んだ第1話でしたが。
あっ、これいわゆる「ミッシングリンク」とかいうやつだ、そうきたか、というのが感想のすべて。
誤解のないように言えば失望もしてませんし不満もないです、ただ唯一、すでに見てたというだけで。
詳しいことに関しては、「WIXOSS ミッシングリンク」あるいは「lostorage conflated wixoss missing link 動画」あたりで各自検索していただくに任せるとしまして。
どのくらい前ですかね、1ヶ月くらい前でしょうか、偶然動画を発見しましてね、まぁどう考えてもイリーガルにアップロードされた動画だろうなと思いつつ、多分他に見る機会はないだろうと思いついつい見てしまいました。
まさか、conflatedの第1話に持ってくるとは、その時点では思わなかったので。
まぁいろんなところをよく読めば、そもそも新シリーズの第1話の位置づけだったようですが(汗)。
ともかく、今回第1話を視聴する直前に、もしかしたらアレを持ってくるのだろうかという、あくまでも可能性レベルの話ですが、そういう想定はしていたので、ああやっぱりねという感じで特にネガティブな感想とかはなかったです。
むしろ、てっきりOVAとかイベント限定上映とかそういった類の、以後見る機会がない作品だと思ってたので、TVで放送されて有難かったとすら。
しかし元々新シリーズの1話の位置づけならね、OVAというかその映像が特典でついてくるカードパック買った人は心中穏やかじゃないんじゃないかと思ったのですが、なんだ最初から予定通りだったんじゃん、要らぬ心配したわ(笑)。

ということで、手段はともかくすでに見ていた第1話でしたので、まぁ感想らいい感想もなく(汗)。
しかし、これでselectorのシリーズとLostorageのシリーズが文字通りconflatedするわけで、とりわけselectorシリーズに傾倒していた私などは早速期待しかないです。
今回はいわば顔合わせ、二つのシリーズのキャラが知り合って(一部すでに知り合いだったが)、今後さらなる展開へ動いていく壮大な序章ですので、次回以降への期待は高まる一方です。

それにしても。
公式HPのキャストや明らかになったOPなどを見るに、どう考えても相当に「peeping analyze」(以下「ピーアナ」)分多めというか強いよね、いや個人的にそれは大変ウェルカムですけどね。
ピーアナは先のincitedでも清衣ちゃんの回想の中でわずかにアニメ化され、それだけでもうれしかったのに、さらにアニメ化されるのであればもうおぢさん死にそうですよ!!(生きろ)。
まぁ、ピーアナがアニメ化されるということは、あのキャラも登場するということなんですが、それもまたいとおかし(爆)。
次の金曜が早速待ち遠しいです(^^;。
2話の予告からはピーアナの匂いしかしないんですが。

さて今回は、某所から拝借したキャプチャ画像で、キャラ紹介なんぞを少々。
どんな基準で行おうか、さすがに全キャラ紹介は冗長だし公式HP見れば事足りる部分もあるし、取捨選択が難しいなと悩んだ挙句、もうやりたいものだけやるという超大雑把な基準で。
なお当然のように、奪取した画像なので画質は落としますし小さくしますが、だからといってさらなる流用は厳禁で願います。


selectorメインチーム

復活のselectチーム、左から、ひっとえー(植村一衣)、ゆづぽん(紅林遊月)、るうるう(小湊るう子)のスリーショット。
この3人がまたTVで見られるなんて感慨深すぎて吐きそうです。
それはともかく、中学時代(selector)はひっとえーだけ学校が違ったのに、たぶん高校生の今回は制服が同じなので全員同じ学校なのですね、よかった、特に友達が欲しいと願ってあんな目に合ったひっとえー、本当に良かった涙出ますよ。
ところでゆづぽんはやっぱり香月とイチャコラしとるんか?(^^;。


ばとうー!!

WIXOSSの白い悪魔我らがタマちゃんも大復活のご様子、活躍が待ち遠しいですね。
おや?、確かタマはるう子の願いで人間になって、今シリーズのPVでもその姿が写ってたはずですが、ならばこのルリグはいったい!?、興味は増すばかりですね。
以前よりなんか表情が凛々しくなってないか?、まぁ相変わらずドスケベ衣装のままですが(爆)。
これもうちょっとで見えそうで危なくね!?(^^;。


おかしいよね!!

見切れてますがQBではありません、むしろさらに邪悪な存在です(大汗)。
selectorシリーズの、夢限少女システムの総元締め、俺たちの繭様です。
夢限少女システムの世界では絶対的存在、すべてが彼女の意思のままでまさしく神に等しい存在なので、この画像を見ただけでも、生意気な口をきいたルリグになりたての遊月に対し、「上司に口を利くときは言葉の最後にサーをつけんか!」って言いそうな雰囲気バリバリですよね!!(爆)。
しかし変ですな、彼女はselectorシリーズラストで成仏したはずなのに、はたしてこれは回想シーンのみの登場なのか、あるいはまさかの大復活があり得るのか、私気になります!!(笑)。
なお、アニメ本編では邪悪なラスボスキャラ(実は不幸なボッチ少女)でしたが、スピンオフ漫画ではその報いかポンコツ浮浪少女に成り下がるというひどい仕打ちを受けていますので、間違っても「まゆのおへや」を読んではいけない(激爆)。


坂口・出会ったころ
坂口・例のシーン

ピーアナ登場の坂口歩美さんです、先のバトルで清衣ちゃんは記憶を失って表情が見えませんがどう考えても坂口です。
上は出会ったころ、下は例のシーンですね、おのれリメンバぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(^^;。
坂口は清衣ちゃんがselectorバトルに身を投じる最大の理由なのですが、詳細はピーアナを読んでください、てかいまだにAm@z〇nからおすすめメールくるので、みんな買ってよ!!(大汗)。
こういうシーンがあったり、公式HPのキャスト欄に坂口はおろかアミカの名前すらあるので、今回のシリーズには相当にピーアナ分入ってくるなという予感しかありません。
というより清衣ちゃんが主人公ポジションなんてまったくの予想GUYですよ!!。
誰かさんの怨嗟の声が聞こえそうですが(笑)。


主役なんてびっくりですよ清衣ちゃん

出たなリメンバぁ!!。
これが話題のリメンバさんです、言うまでもなくピーアナが初出のキャラです、清衣ちゃんがルリグ・ピルルクになる前、セレクターだったときのルリグです。
その活躍ぶりはやっぱりピーアナ本編でご確認いただくとして、まぁ読んでいただければリメンバが登場するたびに画面が「おのれリメンバぁ!!」とか「リメカス」とかいう類のコメントであふれかえる理由もご理解いただけるかと。
でもまぁ、やっぱり個人的には、最終的な悪はそれにOKを出した繭なんだよなぁ。


後ろに注目

清衣ちゃんのルリグ時代のお姿、ピルルクたん、今ではLostorageから登場した新ピルルク(アロス・ピルルク)と区別してコード・ピルルクと言うらしいです。
それよりもやはり、背後のセレクターに注目だろどう考えても!!。


俺たちのあきらっきー・1
俺たちのあきらっきー・2

俺たちのあきらっきー大復活キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!。
Lostorage1期で、回想とか看板(笑)とかでほんのちょっと登場しただけでお祭り騒ぎだったのです、本格復活の暁にはどんなことになるやら、今から期待は膨らむばかりです。
やっぱりねぇ、selectorシリーズといえばあきらっきーだからねぇ、Lostorageで何が足りなかったってどう考えてもあきらっきー分だと思うんですよ、それが補完されそうな今シリーズはまさに鬼に金棒あきらっきーにボールペンですわ(激爆)。
早く登場してください本気でお願いいたします。

以上、相変わらず支離滅裂な内容になりましたが、とりあえず次回以降の、物語の本格的開幕に期待は膨らみまくりです、刮目して見よ!!。

テーマ:selector infected WIXOSS - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/07(土) 16:33:11|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

重神機パンドーラ

2018年春アニメ第1話レビュー、今回は金曜深夜BS11で放送の「重神機パンドーラ」第1話感想を、まずは単独で先行してあげます。
そういうことです(謎)。

まず初めに申し述べておかねばならぬことは。
どうにも昨今の河森監督のロボットアニメは、ロボをはじめメカすべてがCGになってて、特にその動きが好みではないです、単にくるくる早い動きをさせればいいと思っているのではないかと邪推してしまうくらいには、嫌悪に近い感情をいだきます。
そういったバイアスがある視点で見ざるを得ないということを、宣言したうえで。
とはいえ。
実際今回の第1話は、ロボットアニメしかもヒロイックファンタジー系のそういう作品の第1話でやらねばならないことはしっかり押さえていたと思いますし、その点では悪くはないです。
しかしながら。
スーパーロボット系の作品のはずなのに、どうにも主役メカの必殺技が、見た目も技の名前も地味すぎて、さらになぜそれがそんなに効果があるのかがさっぱりわからないという致命的オマケ付き。
そしてやっぱり例によってCGによるメカの作画と動きは相変わらずで相性最悪。
ロボのデザインはいかにも河森作品でよく言えば定番悪く言えば代わり映えしない。
様々なものがマイナスにしか作用しないという残念な状況、多少はプラス要素もありましたが、大きすぎるマイナスを補うには至らず。
本来なら、そういったプラス要素見極めのため、もうちょっと様子見すべきだと頭ではわかるのですが、心がどうにも動きません。
金曜夜は今期の大本命「Lostorage」があり、そっちに全力投球したいので、この作品は今回限りで視聴終了とします。
何かうまい言葉はないかなと思っていましたが、この文面書く直前に某所で発見した、「画面の向こうで勝手に盛り上がってて困る」という一文があまりにもジャストミート過ぎて私の琴線に触れまくったので、コピペさせていただきます(汗)。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/07(土) 12:48:07|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こみっくがーるず

2018年春アニメ第1話レビュー、今回は木曜深夜BS11、旧アニゲーイレブンの枠で放送開始の「こみっくがーるず」第1話感想です。

今期のきららアニメ、きららMAX掲載原作としては偉大なるきんモザごちうさにどこまで迫れるかといったところでしょうか。
同じきらら系アニメとして前期の作品と比較しますと、1話段階では個人的に、ゆるキャン>こみっくがーるず>スロウスタートといったところ。
まぁゆるキャンは12話すべての評価なので分が悪すぎますが、少なくともスロウスタートのように1話段階で、ああもういいや、とはならなかったので、概ねいい感じではないのかなと。
その差は何かと考えれば、ゆるキャンもこの作品も、日常系ではあるもののその他のストーリーの核があるということでしょうか。
ゆるキャンなら言うまでもなくキャンプ蘊蓄、この作品は漫画家を目指すという部分。
対してスロウスタートは純粋に日常系で、そういったものがなかったと言わざるを得ません。
無論、きんモザごちうさだって同様なので、言えばスロウスタートは正当なきらら系日常アニメではあったのでしょう、しかしさすがにそれら偉大なる先輩が確固たる地位を確立しまくった現段階で、同じようなことをやられても食傷だとしか言いようがないです。
だからこそ、日常系はベースとして確保しつつ、プラスアルファの要素を入れ込んだ、ゆるキャンやこの作品に興味喚起をさせられるのではないかと。
主要キャラのキャラ説明も無理なくこなしていた感じで悪くなかったです、若干黄色キャラ(小夢)が弱いかなとも思いますが、それはどんな系統の漫画作品を描くキャラなのかという部分であって、キャラそのものは立ちまくってたと思います、元気キャラですねひだまりスケッチの宮ちゃん系。
キャラは立ってましたが、主人公薫子が少々ウザいというか、人見知り激しいとかボッチとか使えない感とかは、キャラ立てはわかりますがあんまりプラスには作用しないと思います、今後それらが改善されていくなら成長モノとしてアリだと思いますが、現状維持だと厳しいかなと。
とはいえ、今どきアナログオンリーで漫画描く人間がどれほどいるのかという疑問もあります、その意味でデジタル作画が基本でアナログ作業に慣れてない薫子は、むしろそっちの方が時流なんじゃないかなと思ったり。
外側から作品を見れば、萌え版トキワ荘という指摘には反論の余地はないです(笑)。
それと、NEWGAME同様フィクションの職業モノともいえるでしょう、現実にはもっと殺伐とすると思いますよ実際にこんな寮が存在したら、でもそこはフィクションですのでそれを指摘するのは無粋以外のなにものでもないです。
きららアニメは玉石混交、それは変わらないと思いますが、この作品は玉になる可能性を秘めた作品だと思います、大きなプラスもない代わりに致命的マイナスもない感じ、そんなところで視聴継続。
欲を言えば、せっかくうら若き乙女たちが多数集まった、しかも2名1室の寮生活なのだから、わずかであってもキマシな部分が欲しいところ、いやすでにあったようなそうでないような(汗)。
そういった、あら^~な部分が加わると、さらに面白くなると思われます(^^;。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/06(金) 22:13:26|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いんたぁばるのいち

★春アニメ第1話感想記事も絶賛公開中ですが(そおか?)。
今回はちょっと脱線で雑談、日記ネタを。
実は本日、市内中心部にとある手続きのため出向く予定だったのですが。
直前に、どうやらその必要がなさそうだと判明、急遽中止したので暇になった(笑)というのと。
アニメ感想ラッシュが終わった後のために小ネタを集めているのですが、ちょっとその量が多くなりまして、さすがに1回で全部は書けないぞと、作業量的な問題よりも冗長になるだろうという意味で、故に書けるときに小出しにしておくという策略です。
それでも写真晒しネタは後回しの模様(汗)。


★ツイートもしましたが、4月2日にもはやタイヤ交換を済ませてしまいました。
元々は3日に実行しようかと目論んでいたのですが、なんか無駄にやる気になって前倒しで敢行。
当日は天気も良かったし気温も低くなかったし等々で、やる気になったのかもしれません。
多分記録的に早いタイミングでのタイヤ交換だと思いますが、きっと問題ないでしょう。
4月、みんながタイヤ交換済ませた後に、再度雪が降るという仙台ジンクスも、最近は発動しない感じですし。


★月が変わったので恒例の燃費の話題。
結果だけ書くと、まるっとコピペで11.7041555471キロ/リッター。
う~ん、イマイチですかねぇ?、もう一声12キロ台に乗ってほしかったところですが。
とはいえ確認したら、前月(2月)よりはリッター当たり1キロ以上向上しているんだよなぁ(^^;。
マジかそんなに伸びたか、いやそれまでが悪すぎだろ。
原因は何でしょうかね、オイル交換したからですか?、それとも先月は1回の走行距離が比較的長めだったから?、あるいは気温の影響?、いやそのすべての合わせ技?。
何とも言えません。
ただ、いろんなデータ等を勘案すると、今月来月はさらなる向上が期待できる!?。
期待していいのでしょうか(^^;。
いやその前にまず、燃費云々言うなら運転の仕方改めろというね(大汗)。


★先日、冬アニメの割と大事な作品を、ディスクに吸い上げ作業をしていたら。
ダビング終わって焼き品質チェックしたら、重篤なエラーがでてさあ大変(汗)。
吸い上げた9エピソードのうち8エピソードまでは、HDD初期化によってすでにHDD上からは失われているので再ダビング不可。
別のディスクに焼き直すためにPCの光学ドライブでの読み込みにトライするも、リードエラーで読み込み不可、これは危機的状況。
だがしかぁしっ!!。
そこで以前買った安物外付け光学ドライブの登場ですよ!!(笑)。
奴は安物のくせに読みには意外に強いのです、これで読み込めないならもはや諦めるしかない、そんな状況でしたが。
外付け光学ドライブでは苦も無く読めて、それを元にPCで別なディスクに焼き直しが出来てなんとか事なきを得ました、いやはや安物外付け光学ドライブに救われた格好です、侮りがたし(爆)。
それにしても。
バー〇イタムはラ〇テックに比べれば品質はまだマシな印象ですが、しかして決して万全ではないということですね。
こういうことも充分にあり得ますしある意味想定内ではあったのですが、今回はクール変わりのHDD初期化タイミングと重なってしまい、やむを得ない側面もありました。
普段ならこんなこともあろうかと(笑)、HDDに元データを残した状態で焼き品質チェックまで終わらせてから、HDDのデータを消すのですが、このようにそうもいかない場合もあるので、それはたいへん困ったものなのですがこればかりはなんとも。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/04/05(木) 22:10:14|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙戦艦ティラミス

2018年春アニメ第1話レビュー、今回は月曜深夜BS11で放送の「宇宙戦艦ティラミス」第1話感想です、ミニ枠アニメですね。
なお、火曜深夜放送の「東京喰種:re」も見る予定ですが(すでに見たかもしれませんが)、シリーズ作品の続編に該当するので感想対象外ですご了承ください。

SFロボットアニメの皮を被ったナンセンスギャグアニメだ、ということはわかりました。
いや、事前の下調べでうっすらとはわかっていたので、その点に特に驚きはないです。
ギャグアニメだからこそ、フィーリングだったり、相性だったり、波長の合う合わないが大切だと思います、そういう部分のシンクロ率が高ければとても面白く思えるのでしょうけれど。
残念ながら私とは波長が全く合わなかったですね。
SFやロボットアニメならギャグではなくまっとうな作品を見たいです、そういう嗜好です。
お好きな人はどうぞということで、私は今回にて手を引きます。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/04(水) 21:36:53|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウマ娘 プリティーダービー

2018年春アニメ第1話レビュー、予定より遅れましたが一発目の今回は、日曜深夜BS11その他地上波などで同時放送の「ウマ娘 プリティーダービー」第1話感想です。

まぁ感想といってもですね。
ストーリーがどうだとか、内容がこうだとか言う系統の作品ではないと思いますので。
以下、思いついたことを適当に羅列していきます。
最初に結果だけ書いておけば、視聴継続です。

アニナビイレブン見てたら初回2話同時放送と知ってマジかとなりましたが、よく確認したら自分で収集した情報にもしっかり書いてありました、バカなんですかね(^^;。
そんな感じで1話のみならず2話の分も若干触れることになると思います。

1話の出だしは完全に、このアニメで細かいことを気にするのは無粋ですよという宣言、例えるならガルパン1話ラストのⅣ号戦車からガーッと引いて学園艦の全体像を映したシーンと同義、なので枝葉末節の些細な部分に難癖付けるのは野暮以外のなにものでもありません。
そんな始まり方だったので、のっけからバカアニメ丸出しで大変よろしいと思います(賛辞)。
嫌いじゃないです、こういうアニメ。
とはいえ、モチーフが競馬なので、ベースはバカアニメでも熱血とかスポ根とかそういったものも内包しているのかな?、と思ったのですが、1話ではあまりそういった部分はなかった印象です。
むしろまさかのアイドルアニメ要素が!?、そう来ましたか(汗)。
以前どこぞで、競女みたいなアニメ?、的な書き込みを目にしました、さすがにそれは違うだろと思ったのですが、よく考えてみれば確かに、ギャンブル要素がある職業(?)の、その要員の養成学校が舞台なので、当たらずとも遠からずですし、そう思ったら逆に感心してしまいました。
しかし実際には、第1話は競女というより、むしろなぜか艦これ的なニオイを感じました、実在した存在の擬人化モノでそういうキャラが一堂に集う学校の描写があって、それゆえなのかもしれません。
作画は高いレベルで安定しているようですね、さすがはP.A.Wokrs、と思ったらサイゲアニメなんですね、これはP.A.Wokrsがすごいのかサイゲがすごいのかわかりませんね、サイゲは金は余ってるから作画は素晴らしいものが出来る、というのは神撃のバハムートで実証済みですし、しかしP.A.Wokrsも作画に関しては安定感ありますしね。

なんか馬擬人化の美少女キャラが寮で二人一部屋で、どうしてもキマシを感じてしまうというかそういう方面を期待してしまうのは私だけではないはずだっ!!(大汗)。
2話は1話に比べ若干スポ根要素があった印象です。
さらにはやっぱりねの形ばかりのエロ要素が、というかツイスターゲームは定番としても、スク水が全く色気ないのはどういうことなんだろう、逆にエロ要素はありませんという宣言?、いやそれはないでしょうなだったらツイスターゲームも描かなかったでしょうし。
スポ根要素が増えたので、2話は1話に比べ競女感が増しました(^^;。
なんか各キャラには実際の競走馬のプロフィールを反映させているそうですが、P.A.Wokrsアニメだしもしかして今後イイハナシダナー的展開もあるんでしょうかね。
個人的に競馬には興味がなく、競走馬の名前も有名どころしか知りませんので、ところでハイセイコーはいつ出てくるのなどと思ってしまいました(爆)。

最初に書いたとおり、些細なツッコミ無用のバカアニメがベースではあります。
とはいえ、耳と尻尾の生えた女の子が徒競走よろしく走っているだけでは、さすがにそう長くはもたないと思います。
今回の1話2話はとりあえずつかみはOKとしても、今後どんなものを見せてくるかが成否のカギかなと。
個人的には、どれだけ熱血要素を入れられるかが勝負かなと思っています。
あるいは、挫折とか葛藤とか、そういったものは昨今忌避される風潮がありますが、私は必要だと思います、スペシャルウィークの成長を描くのであれば。
楽しいだけで理由もなく勝ち続ける作品ほどつまらないものはありません。

最後に。
先述のとおり私は競馬に疎いです。
競走馬の名前も有名どころしか知りませんし、プロフィールに至っては知識ゼロ。
しかし、むしろそういった知識は、このアニメにとっては邪魔なんじゃないかなと思います。
邪魔とは言い過ぎでも、競馬の知識がなくても見れる作品になっていただきたいところ。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/03(火) 21:31:57|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよこんや

★アニメ感想ラッシュ前の駆け込み更新キタコレ(^^;。


★先日ですね、灰皿でちょっとしたいたづらをしてたんですよ。
具体的には、ゆるキャンに影響されまして、庭にたくさん転がっている松ぼっくりを燃やしていたのです、本当にアニメのようによく燃えるのかという実証実験的な意味も込めて。
そしたらばですね。
いろいろいたづらしてたら突然、燃やすのに使ってたガラス製の灰皿がバリンと割れました(激汗)。
そらもうびっくりですよ。
いくら100均の安物とはいえ、加えて燃えをよくしようと廃棄灯油をかけて燃やしたりした(大汗)とはいえですね、そんなことってあるんですね、結構な厚みのガラスだったんですが、言ってもガラスですしねなにより100円の代物ですしね。
皆様も同様のいたづらをする際は充分にお気を付けください。
なお、それらの行為はすべて自室内で行いました、現在は法律で野焼きは禁止されています、屋外で許可なく物を燃やしてはいけませんし、まっとうな人間は室内で松ぼっくりを燃やしてはいけません(笑)。
おかげで室内とても臭いです、それもやめた理由の一つなんですがね(爆)。


★そのいたづらでライターを結構消費したのと、ゆるキャンの影響もあって、ちゃんとしたキャンプ用の使い捨てじゃないターボライターが欲しいなと思ったり。
とはいえ先述のとおりいたづらはもうしないことを決定、先ほど決断が鈍らないうちにいたづら用素材を撤去してしまったので、その意味では必要なくなったのですが。
しかし純粋に、墓参りなどでは使えるし、とはいえやはりお値段がそれなりにいたしますし、欲しいという衝動的気分と要らない100均ので充分という冷静な判断とが葛藤している現在です。


★いよいよ今夜から早速、春の新アニメの放送が始まるのですが。
よくよく確認してみれば、今週、特に前半は意外におとなしいというか、あまり期待している作品もないので、日中は思ったより余裕がありそうです。
アニメ以外のやらなきゃないこともそれなりにあったりするので、そういったものはアニメ放送開始ラッシュが終わるまでペンディングかなと思っていましたが、出来る範囲で少しずつでもこなしていこうかしらと考え直し中です。
アニメはあくまで趣味なのでね、実生活優先は当然でしょう。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/04/01(日) 16:30:28|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゅんびたんたん

★次の更新は4月2日以降になると言ったな。
あれは嘘だ(筋肉的様式美)。


★レコーダーのHDD、昨夜初期化完了しました。
予定通り、アニゲーイレブンのシカコ最終回を録画しつつ見たのですが、思ったほど感動的ではなかった(汗)ので、まぁ元々それほど保存する気はなかったのですが、そのまま即行初期化作業を敢行。
これで、明日夜の各種アニメの最終回や明後日朝のプリキュアのダビングを焦る必要がなくなりました、実に順調な成り行きで大変満足しております。
アニゲーイレブンの件はそのとおりなのですが、なんだか今夜、新アニメのスペシャル番組が何本かあるので、早めに初期化したというのはあるかもしれません。


★某春のパン祭り。
新聞折り込みの応募用紙は持っていたのですが。
なにぶん安売りのパンしか買わないので、最近はそういうパンだと点数が0.5点しかなくて、折り込みの応募用紙だけでは足りなくてですね、点数を満たすには。
メーカーの公式サイトから別途、用紙のPDFファイルをDLして自分で印刷したりしてるのですが。
そこで、なんだか今回は、Wチャンス賞というのがあるらしく(以前からあったのかもしれんですが)、ついでにそれの応募用紙のPDFファイルもDLしてみたんですね。
そしたらですよ!!。
なんと、PDFファイルに入力可能な項目があって、すなわち自分の住所がPC上で入力できるようになっていたのです、汚い手描きではなく綺麗な印刷で住所氏名などを書き込めるんですね。
はえー、最近のPDFはそんなことできるんだ、すげー(小並感)。
いやマジで知らんでした、いつからこんなことできるようになったの?。


★100均のライターはなぜガスがまだ残っているのに使えなくなるのだろうか(^^;。
まぁなぁ、100円で3つも4つも買える程度の品なら、仕方ないかと思いますが。
100円で1個のでもそんな感じ、とはいえ100円なので多くを望んではいけないという啓示?。
先日、いつも使うダ〇ソーではなくセ〇アで、チャッカマンタイプのターボライターを買ったら、意外に具合が良くて、しかし少々大きいサイズで墓参りなどに持って行くにはベストではないなと思ったので、同じ店でより小型のターボライターを買ったら、あっという間に使えなくなりました。
店の名誉のために書いておけば、買って1ヶ月も経ってないのは確かですが、自分も結構その間いたづらで使ったので、そんなもんだろうなという気はしないでもないですが、しかしまだガスが残り3分の1くらいはあるのに使えなくなるというのは、あまり気持ちのいいことではないですな。
こうなるとやっぱり、安かろう悪かろうなので、まともなターボライターを買いたくなりますが。
自分の使い方だとどう考えても100均のを次々と買い替えたほうが良さそうなので、ちょっと冷静になろうと思います。
別にアウトドアが趣味とかそういうことないのでね。


★それにしてもBS11アニメの公式ツイッターは、早う恒例の春の新アニメ情報のツイートをしてください待ってるんですマジオナシャス!!(汗)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2018/03/30(金) 22:09:04|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゅんぷうまんたん

★釈明(滝汗)。
表題は言うまでもなく「順風満帆」と「満タン」をかけたものです。
意味はないです(^^;。
まぁアレよ、日中出かけた時、自転車こぎながら不意に思いついたネタなので、意味などない!!(笑)。
順風満帆の方は若干、今の状況に関連あるかもしれません、それは以後の項目で。
なお、ワゴンRは満タンどころかむしろエンプティに近い模様、なんとか今月中はもってくれ!!(爆)。
それにしても暖かかったですね、今日などは自転車運転時の手袋無用でしたし。
しかし予報では、明日明後日と若干最高気温が下がるようなので油断してはなりません。
下がるといっても当地で最高気温が10℃以上はある予報なので、まったくもって問題はないと思いますけど、ここ何日かがアホみたいに暖かかったので。


★春の新アニメを迎える準備の、レコーダーのHDDの初期化準備が無事終了しました。
今期アニメはまだこれから最終回が放送される作品がいくつか残っています、それら及び継続作品含め、現時点でHDDにあるダビングを要するものはすべてディスクにコピー完了しました。
次に保存を要するアニメの放送があるのは土曜夜なので、それまでには初期化を敢行したいと思っています。
性格的には、こうなるとさっさと初期化してしまう方なのですが、今夜放送のアニゲーイレブンはシカコのラスト回で、一応念のため録画しますので、それが終わってから明日にでも初期化する予定です。


★そうなんですよ、土曜夜までに初期化すればいいんですよ。
余裕ありすぎでしょ(笑)。
いやね、ダビング作業ってディスクのクオリティに依存したりして、またレコーダーの光学ドライブもいい加減怪しくて、結構焼き品質厳しいときもあるんですよ、そうなると全量焼き直しなんてことは普通にあるので。
安全マージン見込んで早めに作業したら、すんなり事が運んでしまったでござるの巻(笑)。
というか、今までクソディスクだと思ってたバー〇イタムのディスクも、ライ〇ックのディスクに比べれば神のような高品質で草生えるわ(汗)。
つーかやっぱりラ〇テックがクソ過ぎですわ、昔はそんな印象なかったんだけどダメみたいですね、もう使わんわコンチクショーメ!!(^^;。
そんな感じで、明日明後日と予想が外れて意外に暇になったかも。
それはそれで何かやることは出来るんでしょうけどね。


★今期アニメも続々と最終回になってまして。
久しくやってなかったですが、軽く感想なんぞを。
個人的今期アニメの三傑はといえば、citrus、三ツ星カラーズ、ゆるキャンでしょうなぁ。
ゆるキャンは普通に評価高いと思うので感想カットして。
三ツ星カラーズは、ジェネリック苺ましまろとか言われてるみたいで、なんだかなぁです。
確かに苺ましまろのフォロワーであることは間違いないと思いますが、元々の薬が供給されてない以上ジェネリックに頼るしかないじゃないですか!!、とか言ってみる。
でもね、私は苺ましまろのアニメ全部見たし録画保存もしてます、しかしたぶん三ツ星カラーズの方が好きだと思うのです。
いや苺ましまろも好きでしたよ、でもさすがに古すぎてな、さすがにもう覚えているエピソードなんてわずかしかないです、保存録画はしてありますが当時の仕様上DVD-RW保存で、改めて見返すこともあまりないですし。
苺ましまろが面白くないというのではなく、三ツ星カラーズはそれ以上に琴線に触れたということですね。
citrusはね、ガチだわ、ガチ百合だわ。
しかしフォーマットは純粋なラブストーリーで、柚子の性別が男でも成立するストーリーなのです。
ですが、ならば柚子が男だったらそもそも見たかといえば、それはやっぱりNOだと思うので、やはり百合は大事なのですわぁ^~(^^;。
自分、桜Trickは今でも好きですし、それは今後も変わらないと思います。
当時、ニワカ百合選別装置と言われた桜Trick、でもcitrusと比べると桜Trickですらゆるい百合に感じてしまうほどcitrusはガチでした、だがそれがいい!!。
描写はともかく百合度合いで言えばむしろ青い花の方に近いかもしれない、それぐらい本気の百合アニメ。
最終回のラストシーンで青い花を思い出したのは私だけだろうか。
ええもん見せれもらいましたわ、百合豚大満足ですわ。
原作を買おうかどうか悩んでます(^^;。


★気づいたので訂正記事。
昨日アップした「2018年春アニメ期待値等」の中で、『来期は奇跡的に、第1話が複数作品連続放送というパターンがないみたい』と記述しましたが、確認したところ1回だけありましたのでご報告するとともに訂正いたします。
どちらも気乗りしない作品であることが悩ましいです(笑)。


★最後に、何度もくどいですが今後のアップ予定だけ記述して締め。
春の新アニメ感想記事は2日以降アップ予定ですがたぶん2日にあげると思います。
それまでは未定、気分によって上げたりあげなかったり、更新ゼロもあり得ます。
写真晒しカテゴリ記事はアニメ感想ラッシュが終わってから再始動の予定ですが、最後のかましっ屁のごとく1記事くらいは上げるかもしれません、素材は用意してありますのでササっと記事でっちあげることは可能です、ただ可能性はあまり高くないとだけは書いておきます。
更新したとしてもこの記事のように、日記ネタになると思います。
気分次第なのでどうなるかは私自身わかりませんけどね。
では、最大遅くて来月2日に、また。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/03/29(木) 21:48:37|
  2. アニマン雑記【その他雑ネタ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する