アニマン雑記 散

アニメの話題を主にしつつ時々漫画、そしてその他個人的戯言も書き殴ります。

チアフルーツ 12話

最終回!!、「アクションヒロイン チアフルーツ」第12話感想です。

11話の感想でも書いたとおり、主題が御前の復活、御前の自己肯定に移ったので。
流れとしては予想の範囲内かもしれませんが。
やべぇ面白かった期待通り、ディオメディアのくせに面白いとかどゆこと!?(^^;。
結局のところ、不運体質はそれとして、それにくじけないというメンタルを持てるかどうかということに尽きたわけです、路子の言葉そのままでした。
まぁでも、それが出来ればこんな大ごとにはならなかったわけで、御前の成長物語としてめでたく大団円だったと思います、疫病神思考以外は完璧超人なのにね、不幸体質はまだ残ってるみたいですが。
文化会館の解体撤回運動ですか、どうなるかは描かれませんでしたが明るい兆しではあります。
ただ、個人的には文化会館は予定通り解体でもよかった気がします。
御前は文化会館の存続に固執してました、それは祖父への想いなのはわかりますが、では祖父はなぜ文化会館を建てたのでしょうか。
建てることが目的ではなかったはずです、あくまで文化会館は目的のための手段、結果を得るための器でしかなかったはずです。
言うまでもなく求めていたものは、陽菜野市の繁栄発展。
祖父は志半ばで倒れ、かつ彼が用意した器では繁栄は得られませんでした。
しかし御前は、チアフルーツという新たな器で今まさに、陽菜野市の繁栄という果実を得ようとしています。
敬愛する祖父が成しえなかったことを、高校生という若さで成し遂げようとしている。
努力は必ずしも報われないことは往々にしてあります。
御前の不幸体質はある意味その象徴かもしれません。
今回の文化会館存続でも御前は力の限り努力しましたが、現状のままだと望は叶いません。
しかし、文化会館の存続というミクロな目標は達成できなかったとしても、陽菜野市の繁栄というよりマクロな成果を得ようとしているのです。
それだけでも充分すぎるほどすごくて、どのへんが疫病神なんでしょうかねって話なんですが、そう思えれば苦労はしませんということもまた事実。
ほんとすげぇよ御前は、止まるんじゃねぇぞ(笑)。
てか他の8人のメンバーもほとんどチートレベル、アドリブで一世一代のショーを乗り切ったばかりか御前の救済まで成功させるとか、逆か彼女たちと巡り会えたから御前が救われたということか。
ラストで青山妹も裏方から表舞台に登場でOP回収完了、てか悪役なのね(^^;。
いやはや、放送開始前は完全に1話切り候補だったのに、まさかこんなに入れ込むことになるとは、完全に今期のいやもしかしたら今年ナンバーワンのダークホースアニメでした。
こういう予想外の収穫があるからアニメはやめられないんだよなぁ。
最後に。
御前は疫病神体質と言いますが。
ま、回想の中の、倒木とか給食ぶちまけとかは不運オンリーでしたが、中学のテニスは自身はダメでも代わりに路子が優勝してますし、チアフルーツだって2位にまで上り詰めていろいろ順調にいっている様子。
そう考えると、自身が不運になる代わりに周囲に幸運を振りまく、まるで童話の幸福の王子みたいな存在なんじゃないかなと、ちょっと例えはずれてるかもしれませんが、思い至った次第です。
もう何でもいいよ。
こんな夜中にブログの文章作ってあげちゃおうという気にさせられるくらい、面白かった!!。
ディオメディア侮りがたし、さて次は何を作るのか。
「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」。
あっ…(爆)。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/10/01(日) 02:42:19|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちかりたびぃ

★いよいよ寒くなってきましたね。
それとは別に、衝動的にとある作業を始めてしまい、ついキリが悪くて思った以上に時間がかかってしまってちょっとグロッキー(死語)です。


★まずは訂正からしましょうか、先日あげた秋アニメ期待値ネタの中で、「十二大戦」は虚淵と書いてしまいましたが、完全に勘違い西尾維新でした失礼しました。
いずれにせよFateっぽさは払拭できない印象ですけど。


★「されど罪人は竜と踊る」の後釜は「中二病でも恋がしたい」だそうですね。
中二病かぁ~、嫌いではないですよ、例のほとんど出来の悪い総集編だった劇場版を見に行ったくらいには嫌いじゃない(笑)ですが、さすがに再放送ではサンシャイン2期というチョイスに変更はないですな。
もしも同じ再放送でも「桜Trick」だったら、完全にサンシャイン2期切ってたけどね(^^;。
というかさ、「チアフルーツ」の枠なんだから、同じ系列で過去に放送してチアフルーツとも何かと関連がある「ろこどる」再放送すればいいのに、そしたらそれ見ちゃうかもしれないのに(笑)。


★PCに保存してある古いデータ、中でもネットで拾った画像データが結構昔からの分がまだかなりの数あってですね。
さすがに、今改めて見返しますと、なぜこんなもの保存してたんだ!?、というのもそれなりにあったりしましてね、なにぶんノートパソコンの頃からの画像データだったりしますので、とにかく何でもかんでも保存してあるのですよ。
当時からは言うまでもなくネット環境もPCの性能も変わってますしね、さらには時が経つにつれ趣味趣向も変わりますしね。
再確認して、これは要らんなというデータのの処分に着手したのです。
そう決意したのは昨日ですかね。
少しずつゆっくりやろうと思ってたのですが、ついムラムラきちゃいましてね(謎)。
それを今日午後突然やり始めてしまって、区切りがつかなくてえらいことになったというのが、冒頭の文章の真相です。
とりあえず区切りは付けたので、残りはゆっくりやります。


★一昨日ですかね、家のポストに「700MHz利用推進協会」なる、あまりにも怪しすぎるチラシが入っていました。
こりゃどう見ても詐欺じゃん、さてどんだけ被害が出ているのかしらと思って、ネット検索したらですね、なんとまぁ意外にも、どうやらまっとうな団体らしい件(爆)。
そうなんですか失礼しました、それにしてもなんでこんなに怪しさ満点なんだろう、もうちょっと何とかならなかったのか(^^;。
そう思ったのは自分だけではないようで、いわく周知徹底不足だ、という意見には妙に納得してしまいました、まぁ昨今巧妙な詐欺事件が多くて疑心暗鬼になってるのは確かでしょう。
まっとうな団体だとわかったので、チラシは万が一の時のために捨てずにとっておこう(^^;。


★ツイッターのフォロー管理どうしてます?。
唐突で申し訳ありません、そしてこれは聞き方が違いますな。
自分の場合フォロー数(フォローしてる数)30チョイ程度なんですが、大半は個人あるいは企業などですが中には少数なるも(本当か?)アニメ公式のアカウントをフォローしてたりします。
個人や企業アカウントならば、よほどのことがなければそのアカウントがどんな程度使われてるかわかるじゃないですか、傾向が。
しかしアニメのアカウントですとね、そのアニメが終わって円盤も全部発売し終えたりすると、それまでそこそこツイートされてたのが突然無音になったりするのですよ。
それに、その作品自体への興味の変化というのもありますし。
そういうアカウントって、皆様はいつまでフォローし続けます?。
アニメ終了からある程度経過して、ツイート数が減ったり全くツイートしなくなったら、フォロー外してもいいよねという、好きにしろという答えしか返ってこないようなことを聞いてますが、聞かずにはおられないといいますか。
いやまてそれは違うな。
無用なアカウントをフォローしておくことによる弊害って、自分の場合はあまりにも数多くツイートされるとそれだけでTL埋まってしまってウザく感じてしまうことなので。
更新止まってツイートしないんなら、フォローしたままでもいいんじゃん、ということに今というかこれ書いてて気づいた、というそれだけのことでした(大汗)。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/09/29(金) 21:27:19|
  2. アニマン雑記【その他雑ネタ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年秋アニメ期待値等

もう少しギリギリ月末のタイミングでアップしようかと思ってたのですが、あらゆる状況を総合的に勘案した結果、むしろ早期にこなしてしまった方が得策(謎)との結論が導き出されましたので、本日アップします。
ほぼ最終版に近い(当社調べ)最新版が昨日アップされたというのも大きいです。


期待値一覧表 2017秋アニメ


年4回各クール末恒例の季節ネタ、2017年秋アニメの期待値その他です。
なんか3か月前の夏アニメ期待値ネタでタイプミスがあったようだが気にしない(汗)。
もはやいろいろ毎度同じです、サムネ画像クリックで1170×3758サイズの原寸大画像が表示されますのでよろしくです。
今回もうずらインフォさん作成の画像を使わせていただいております、というより他にない唯一無二ですしね。
たぶんこのスタイルでやり始めて2年くらいにはなると思うので、細かい説明は完全省略します、不明点は過去記事ご参照ください、だいたい3月6月9月12月の末くらいにあります。

続きを読む

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/27(水) 20:02:45|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あきはふかまるがないようはあさい

★24日の夜、録画した「チアフルーツ」の編集作業をしていたら、久しぶりにレコーダーがトラブってですね、やむなくリセット対応、案の定録画予約データが全部消えましたorz。
ご心配なく消えたのは「録画予約」のデータ、録画した番組のデータそのものは無事だったのでご安心ください、それに同様の経験は何度もしてますので(^^;。
普通ならここで、急ぎ録画予約の設定をやり直すところです、毎週予約の。
しかし時はまさにクール末、夏アニメのうちまだ終わってない作品のすべてが、残り1話すなわち最終回のみという異例の事態であることに気づきましてな(^^;。
つまり今、毎週予約をやり直しても残り1話でまた変更になってしまうので。
そう考えたらばかばかしくなりましてね、各夏アニメの最終回の分は1回きりの予約でしのぐことに。
まったく妙なタイミングでデータが消えました、良かったのかよくなかったのか。
そしてやっぱり、すべてが最終回迎えたら、HDDの初期化をしないとね、元々その予定ではありましたけれども。
うむ、どうやら通常の30分番組だけなら問題ないのだが、10分15分の短い作品があるとトラブル出やすい印象があります、今期はアホガール&捏造トラップがありましたのでね、そういう作品がなかった前期(2017春)に同様のトラブル起こらなかったことからも、なんかそう思ってしまいます。
多分因果関係は薄いと思うんですけどね(^^;。


★気づいたらDVD-Rのストックが少なくなりつつありました。
これはさすがに、秋アニメに備えて補充しておいた方がよさそうですな。
今メインで使ってる某社のディスクはクオリティ良くなくて、エラーなどで多めの枚数使いそうですし、早急に対処しましょうか。
といっても来月だろうなぁ、面倒だから一発ネット通販にするか、いやドライブがてら一応は近隣の家電量販店やPCショップを見て回しますか、たぶんガソリンの無駄遣いにしかならないと思うんですけどね。
それにしても今使ってるR|TεKのディスクは、あっ書いちゃったまぁいいや(笑)、ホントクオリティのばらつきがひどすぎて閉口です。
平均すれば悪くないのかもしれませんが(保存性は知らん)、外れのダメっぷりが尋常じゃないです。
ダメだったときは完全にやり直しになるので、だったら品質多少低くても致命的には低くないレベルで安定している方を選びますわな。


★いくつか持ってるメールアドレスのうち、ほぼ唯一迷惑メールが来るフリーのメアド。
自分的な基準で結構たくさん来るので、加えて他のアドレスにはほぼ来ないので、相対的にもウザくて迷惑しているのは確かでありまして。
ログインIDそのままでアドレスだけ変えられるらしいので、いっそアドレス変更しようかなとたびたび思うのですが。
とはいえ、それをやるには多くはないもののいくつかの、そのメアドを登録してあるいろんな場所に変更手続きをしなきゃないので面倒ですし。
それに、迷惑メールといえどまったく来なくなると、それはそれで寂しいんだろうな(爆)と意味不明なことを思ったりしてしまい。
いつも、アドレス変更しようと思いつつ、すんでのところで躊躇しちゃうという悪循環を繰り返しております、アホな話ですね。


★調べたら、ツイッターの過去のツイートをDLする機能というのがデフォルトであるらしく、ためしにそれを使って、今までどんなことつぶやいてきたのか見てみました。
今はほぼブログの更新報告ばかりなのですが、それを始める前は、いやはや実にくだらないことばかりつぶやいてましたなぁ。
それがツイッターの本質であると言えなくもないのでしょうけど。
月ごとのつぶやき数がグラフ状に表示されてね、それを見たらわりかしばらつきがあり、まぁそれは当然なんですが、ともかくツイート数が多い月はいったい何をツイートしたのかと思い見てみれば。
地震があったとか、気象に関することとか、だいたおそんな感じでした、特に中身はないです(笑)。
そうそう、今年4月にPCぶっ壊れたときは、一時的にツイート数激増してましたな、もはやなにもかもみな懐かしい(^^;。
あとスマホおよびPCもなんですが、ツイッタークライアントを更新したりしたときに実験ツイートとかして増えたりもしてましたな。
月当たりの最多は、2015年6月の56ツイート(少なっ)なんですが、はてこの月に何があったんだろうと思ったら、前月にスマホ新調してパケットフリーになったからだと思い至りました、完全にワクテカ状態だったんですなぁ(爆)。
それにしても、過去のツイート、もうちょっと簡単に見れるようになればいいのにね。
あと、どうやらツイートの保存数には限界があるらしくてですね、今の仕様でどうなってるのかは確認してませんけど、私はまだ上限に達してない感じなので過去のツイート全部見れるんですが、そのへんも何とかなりませんかねと思ったり。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/09/25(月) 22:19:31|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チアフルーツ 11話

最終回目前、「アクションヒロイン チアフルーツ」第11話感想です。

10話感想でも書いたとおり、この物語の最終落着点は例のホール、すなわち陽菜野市文化会館の解体を阻止できるかという点でした。
他のメンバーはともかく御前はそこへ向けて頑張っていたわけですし。
しかし現実的に考えるとかなり厳しいのではないかという疑念がありまして。
アニメの内容に現実を持ち込むのは無粋とは存じますが、しかし異世界のお話でも未来のお話でもない、IFの現代の物語なのである程度のリアリティを考慮してもいいかなとも思います。
となれば、2話の時点の御前と知事の会話から察するに、その時点ですでに解体は承認されていたので、たとえホールを満席に出来ても解体を回避するのは法的に難しいのではないのか。
それをどうクリアして最終回の大団円に持っていくのか、という論調で今回の感想を書こうと予定していたのですが。
さすがに解体が早まるという展開は予想してなかったですな。
というか2話の知事のいい方も分かりづらいわ(笑)、承認って言ってたから市議会で可決されたのかと思ってたら、可決されるのが当初秋予定だったのが前倒しになったという話しでした、詳細は本編を参照くださいまだニコ動他ネット動画で見れると思いますので。
ならば、本来の予定ならホールを満席にする意味はあったのですが、もはやその意味は失われ、さらには可決日の関係から御前のトラウマ最大値で再発動はやむを得ないところであります。
チアフルーツの公演自体は前売り券3,000枚完売、ネット&TV中継も入るということで大成功フラグしかないので、もはや物語の中心はいかに御前がトラウマを克服するのかに完全にシフトしています。
そしてやっぱりこの物語の主人公は御前だった、噂(?)は本当だったなと。
第1話が赤来杏&黄瀬美甘メインっぽく描写されてて、あるいは以後の展開からチアフルーツ全員にスポットを当てる集団主人公制の物語なのかなという推測もあった中、しかし第1話の段階から一貫してEDテロップのキャストのトップは御前でした、ここにきてようやくその理由が分かったところです。
確かに赤来杏&黄瀬美甘は単に黄瀬妹のために一度限りのショーをやろうとしてただけですしね、それに目をつけてチアフルーツ結成発展に尽力したのは他ならぬ御前です、彼女が主人公であって当然ともいえます。
そんな感じで物語の中心は、文化会館での公演が成功するか否かではなく、御前をいかに復活させるかに完全にシフトした状況、これはさすがにびっくり。
そうなってきますと、もはや文化会館の解体阻止はどうでもいい感じになってますが、とはいえなんだかんだ御前が復帰したら文化会館もなぜか(笑)解体が阻止される、な展開になりそうな予感もしないでもないのですが。
それはかなりハードルが高いのも確かです、もはや市議会で可決されたことですし、市民の間でも解体は既成事実という認識になっている印象があるからです。
ま、御前が復活するということは、すなわち文化会館の存続にもこだわらなくなるということでもあるので、そうなれば存続しようが解体されようがどうでもいいことだとも思うんですけどね。
ところで、御前がチアフルーツをやってた最大のあるいは真の理由、文化会館の解体阻止に関しては、今回の件で他のメンバーの共通認識になったと理解していいのでしょうかね、その件でも一波乱くらいあるかと思いましたが、ステージ成功で本当に解体阻止できるのかと合わせてすべて一挙に疑問が解決した感じです。
次回いよいよ最終回、さすがに御前カムバックせずのバッドエンドにはならないでしょうけれど、どういう経緯でトラウマ克服するのかは見ものですね。
それと、普通の女子高生がそんなに簡単に知事に面会できないと思うが、まぁいい(^^;。
次回予告ネタは、サブタイはさすがにオリジナルだろうか、セリフネタはウルトラマンメイン、五つの誓いってなんだったっけ仮面ライダーかなと思ったらこれもウルトラマンだそうです。
文化会館の解体とかショーの成功とか二の次で、きっと最終回は御前がいかに返り咲くかが主題になることでしょう、それもまたよし、刮目してなおかつワクテカして待つとしましょう。

続きを読む

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/24(日) 03:28:42|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ネタバレ】かんなぎ最終12巻【あるかも】

あらかじめ書いておきます、以下は感想を装ったただの雑談です本当にすみませんm(__)m。

買うだけ買って読んでなかった「かんなぎ」単行本最終第12巻、ようやく読みました。
7月下旬の発売だったので、ほぼほぼ2か月放置してたんですね困ったもんだ。

面白かったです(小並感)。
以下あくまで個人の意見。
最終12巻はクライマックスということもあり全般的に面白かったのですが、シリーズ全体を通しで振り返りますと、全12巻中の中盤あたり、具体的には大東(おずま)が出てくるあたりを中心に、あと過去にさかのぼるあたりもですかね、ちょっとダレた感じがあるというのが偽らざる感想です。
そのあたりはどんな展開だったかも記憶があいまいで、再度読み返さないといかんと思っています。
その反動どいうわけではないのでしょうが、ラスト2巻くらいは実に面白かった、特に副部長が(自主規制)になるあたりは正直、そうきやがったかと一杯食わされた感ばかりでした、ただのネタだと思ってたあの設定をマジ設定にしやがったいぞもっとやれ、って感じでしたね。
12巻に限定すれば、最終エピソードはすべてが解決した後日譚的なもので、それはそれで楽しめたのですが、一つ前のエピソードで終わってた方がよかったかもしれんな、という気がしないでもないです、感動のクライマックスという観点からすれば。
まぁ余録的なものを否定する気はないですけどね、ただ最後の3ページくらいは要らなかったかなとも思う、作者なりの感謝のメッセージだというのはわかるのですが、物語としては無用だとも感じました。

12巻は最終巻ということもあり、普段なら買わない特装版を買いました、おかげで2,000円ほどしたのですが、特典(?)CDを聞いたらこれは買ってよかったとちょっと安堵。
そのCDの中身は全4トラックで、1トラック目が原作内でナギ様が歌う歌を本気で作っちゃった新作劇中歌、2と3トラックがドラマで4トラック目がキャストコメント。
ドラマ部分は12巻序盤のナギ様が歌うシーンを完全(?)音声ドラマ化したものと、最終エピソードをベースにしたオリジナルドラマ。

12巻の序盤のエピソードをドラマCDにしちゃったので、いやそこはアニメ版キャストの声付きで見聞きしたかった部分でもありそれ自体は大変満足です、ただ今後のアニメ化はこれで厳しくなったなと思うに至りました。
今までの応援への感謝を込めて、アニメにはできないのでせめて声だけでも、という印象。
そもそもアニメの続編を作るにしても、切りどころないと思うのです。
10年近く(大汗)前にあったTVアニメは、上手いこと単行本3巻分をきっちりアニメ化しました。
しかしそれ以後の分を、同じように3巻ずつで区切れるかというとかなり疑問という以上に、ストーリー展開上無理だったと記憶しています。
だいたい、以前のアニメ化の時と同じペースでやっていったら、3巻分で1クール要した=全12巻なのだからすなわちあと3クール必要、ということになるのですが。
このご時世そんなことがあるわけない(ヾノ・∀・`)ムリムリ。
まぁあれですわ、前のが原作から全く引かないという前例を作ってしまったアニメ化なので、万一再度アニメ化するとしても、放送期間短縮のた原作からめいろいろ削ったりしたら、比較されて苦情噴出必至なのは目に見えてますし。
言ってもいまだに続きのアニメ化待ってたりしないでもないのです、アニメの続編がもしも何かの間違いで(笑)作られればそりゃ見ますけど、今回の12巻の特装CDで原作再現の音声ドラマを作ってしまったことで、逆にやっぱりアニメは無理なんだなと思っちゃった感はあります。
CDの中でも言ってましたが、アニメから9年だそうで(滝汗)、まぁそういうことだ(謎)。
てゆーかやっぱり9年経つとね、とまっちゃん&ざーさん上手くなってちょっとだけ違和感。
そんな中安心安定のみゆきちはさすがだと思いました(^^ゞ。

テーマ:かんなぎ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/22(金) 22:50:47|
  2. アニマン雑記【漫画】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014050901 A480長時間露光実験

サムネイル


A480長時間露光実験の物語を憶えている者は幸せである。
心、豊かであろうから。
私達はA480長時間露光実験の記憶を記されてこの世に生まれてきたにもかかわらず、思い出すことのできない性を持たされたから。
それ故に、え~・はちの語る、次の物語を伝えよう。

はいすみません、完全にチアフルーツの11話予告に影響されて作りましたネタ文ですm(__)m。
ということでですね。
8月2日にあげた記事で予告めいたものをしてましたが、長時間露光実験(前回表題は「露出」でしたが)の第2回目です、いやそれ以前の本当の1回目からカウントすると3回目か。
実験1回目は自宅敷地内と言えど屋外で露光時間変えての実験、2回目は自室内で露光時間固定で光が流れる様子を撮る実験、3回目の今回は2回目と全く同じ内容で進歩がありません本当にごめんなさい。
唯一の救いは2回目の実験の時の記事内で、10月の新アニメ前に今回の記事をあげられるのか懸念してたのですが、無事あげられたことくらいですかね(^^ゞ。
ところで、前回実験が2014年3月29日、今回が5月9日で約1ヶ月ちょっとの時間的開きがあります、なぜこのタイミングで突然同じようなことをやりたくなったのか自分のことながらもはや謎でしかありません(大汗)。
まぁ1回目と2回目の実験は4か月の開きがあるので、それに比べれば多少はね?(謎)。
やってることが2回目実験と全く変わらないので、少し視点を変えた内容にしたいと思います。



サンプル画像その1


まずはこいつを見てくれ、こいつをどう思う?。
すごく・・・暗いです///(笑)。
アホなネタはともかく、画像的には元画像からリサイズのみ、色調補正は行っておりません。
絵的にはクソほどにも面白くないですが、以後の展開のためチョイス。
どうやって撮ったか、たぶんLED懐中電灯の尾部のストラップを持って回転させたのではないかと推測されますが、もはや詳細は忘却。
さてこの画像を、色調補正主にガンマ補正なるものを行使し、明るくしてみましょう。



画像その1を補正


色調補正(ガンマ補正)で明るくしてみたのですが、おわかりいただけただろうか。
先述のとおり、なにがしかの発光物体を私が手に持って回転させている、はずなのですが。
肝心の回しているはずの私が写っていなぁいっ!!。
まっまさかこここれは、かか怪奇現象うわあぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?! ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。
というネタです当然ですね(^^;。
よく見ればいやよく見なくても、画像右側、本来シルバーの敷物を吊るしており左側のような状態になるべき部分に、黒い人影のようなものがあるのは容易に判別いただけると思います。
なるほどこんな感じになるのね。



サンプル画像その2


もういっちょ別画像、先ほどの同様まずはリサイズのみの画像、光源はもう何だったかも思いつきません、なんとなくは思い当たりましたが省略。
同じように補正をかけてみましょう。



画像その2を補正


同様にガンマ補正をしてみました、どうでしょう五十歩百歩感は否めませんが、こちらの補正画像の方がより分かりやすいのではないかと。
なんか人間っぽいのが写ってますよね、そうです、わ・た・し・で・す(爆)。
実際には、この時撮った別な画像に補正かけたほうが、より人間っぽいというか、頭部含め人間のシルエットがわかりやすいものがあったのです、しかし万が一にも特定されても困るのでこちらでご容赦を、完全に考えすぎだとは思いますけどね我ながら。
さて、これで都合3回A480による長時間露出実験を行ったわけですが。
現段階で長時間露出機能を使った撮影はこれが最後となっています。
まぁぶっちゃけると飽きちゃったんだろうね(笑)。
というかですね、さすがに自室内とか自宅敷地内とかでの実験は限界がありますしもういいかなって感じではありますので、もしも次回やるときはもっとまともなのを撮りたいところではあります。
近場ではあっても夜間の遠征は必須でしょうなぁ。
その意味では暖かい季節が良かったですね、やるならもうそろそろラストチャンスっぽいですが、実験の4回目を実行する予定は今のところありません。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/21(木) 21:53:08|
  2. 過去の写真を晒す_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あつささむさも

★明日は秋の彼岸の入りですし、どうせやらなきゃならないことなので、以前のように1日前の今日、彼岸の墓参り行ってきました。
平日だったからなのか、思ったよりもすいてました。
いや、そうでもないかな?(どっちだよ)。
道はすいてた、二か所行った墓地の一ヶ所目の混み具合(駐車場判断)はそこそこ、二か所目はそれほどでもなかった、と言ったところでしょうかね。
天気が良かったので、差し引き済ませてよかった、が結論ですかね。
考えてみれば混雑のメインは次の土日なのかもしれんですな、行けるなら平日に行ってしまった方がいいと思いますよ、可能ならではありますけどね。


★ついでと言っては何ですが、デジカメ撮影目標をやっつけではありますが達成しました。
あくまでやっつけなのでその点は反省すべきと存じます。
今月中に行けるかどうかは不明ですが、来月くらいには以前立案した神社へのお参り撮影行脚を実行したいと思ています。
思うだけならいつでも思っているのですが、いざ実行するとなるとなかなかね。


★ネタ切れの時のために温めておいたネタ(汗)。
迷惑メールでね、タイトルが「もしかして疑ってませんか」的なの来ますよね。
毎度思うのですが、ガッツリ迷惑メールフォルダに振り分けられてるのに、そんな表題で来られても、疑うなという方が無理だと思うのですが、いかがでしょうか。
確かに自分の場合、某フリーメールのアドレスにしか来ないので、そしてそこの迷惑メール判別機能はかなり優秀なので、容易に見抜くことはできますが、中にはそうでない人もいるのでしょうかね。
成功率どのくらいなのか少し興味があります(^^;。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/09/19(火) 21:21:58|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チアフルーツ 10話

終局突入、「アクションヒロイン チアフルーツ」第10話感想です。
いやまぁ今回の展開を見る限り、本当の終局は次回以降っぽい感じなんですけどね。

お待ちかねの緑回、だったはずなんですが。
もちろん、テンション下がって雰囲気悪くなってたチアフルーツを立ち直らさせた直接の功労者は緑で間違いないのでしょうが。
目立ち方という点でむしろムラムラちゃん回なのでは?、という疑念を持たざるを得なかったというのが正直なところ、というよりキャラがぶれず相手を選ばない高飛車(笑)なムラムラちゃんが、なぜか(爆)まっとうに見えて今回の救いになってたという点には正直驚きを禁じえません(^^;。
公式サイトに載ったあらすじ読んだ段階から疑問があったのですが、いやあらすじ読んだ段階では赤だけだったのですが、本編見たら黄瀬が落ち込む理由は納得できたのですが赤と青姉が落ち込む理由がちょっと弱い気がしてなりません。
落ち込む理由に一番ピンと来なかったのは青姉なのですが、キャラ的に違和感があったのは赤、なにせ9話で異常とも思えるポジティブ思考を見せてましたし、整合性がとれないかなと思ってましたが、好きだからこそ相手の大きさに圧倒されるという理屈はわからなくもないです。
それよりも、Aパートを神栖真心との対談で丸々費やして、Bパートに落ち込み→ショーグダグダ→内部不和→復活までを詰め込むというのは、個人的にはペース配分違うんじゃないかと思いました。
というか、まぁ神栖真心との対談は仕方がない今回の発端ですし、グダグダショーを長々と見せられてもだれるだけなのでそこはあのテンポでも良しでしょう。
多分一番納得してないのは、メンバーの立ち直りがちょっと安易じゃないのかなという部分、商店街の応援飾りつけはサプライズ的に一気に行われたのか、それともメンバーが普段あまり足を運ぶ場所ではなく気づかなかっただけなのか、いやそうじゃないなそんなことはどうでもいいのです。
ご当地ヒロインなのだから地元の人が応援してくれることが一番、それはある意味当たり前、そうではなく赤青黄(御前もか)それぞれ落ち込んだ理由が違うのに、あの光景を見ただけですべて解決という部分に違和感を感じるんでしょうね、それぞれの悩みはそれぞれが別な方法で解決すべきはずなのに、同じもので(しかも比較的安易に)解決してしまった部分が少々残念だったんでしょう。
まぁ尺の問題はありますが、いやだからこそ、ペース配分これで本当に良かったのかという疑問が出てくるのであります。
御前の不幸体質は、さすがに考えすぎだろと、いやな思い出は忘れづらい、普段普通にいいこともあるのに不運のインパクトが大きすぎてその思い出に囚われてるだけなんじゃないかなと、さすがにテニスに関してはそうとも言い切れないかもしれませんが。
というかですね、チアフルーツ雨降って地固まったでエンド、ではなく簡単にでいいから復活したショーを見せたほうがよかったのでは、新コスお披露目=実は緑の金もうけでしたオチではね、ステージショーを行うグループであるチアフルーツが、今回のステージシーンは失敗公演のみというのはあまり感心しないかもですな。
次回予告はダンバインと、サブタイがハルヒはわかったけど、ハッピーラッキーみんなにとどけ、ってなんだろう、と思ったらどうやら「どれみ」らしいですな、ドレミは一応シリーズ全部見たはずなんですがいかん忘れてる。
それよりもですよ!!。
なにまた次回御前回なの!?、もう残り2話しかないのにどうするつもりなの?、落としどころどこに設定しているのだろう、というよりこれでは完全に俺たちの戦いはこれからだエンドにしかならんでしょう、もちろんランキング1位になってめでたしめでたしではないので、いずれにせよ多少なりとも俺たちの(ryエンドであることは間違いないのですが。
はっ!?、まさか2期がある!? ← (ヾノ・∀・`)ナイナイ。
いやそうじゃないよ、今回神栖真心が出てきたりランキングの話が多く出てきてすっかり忘れてたけど、というか御前以外のメンバーにとってはランキングの順位の方が重要かもしれないけど、チアフルーツの最終目標は例のホールを満員にすることだよね、どう考えても落着点はそこだよね。
サブタイで惑わされてましたが、予告の絵を見たらついに例のホールでの公演の話も出てくるようですし、いよいよマジで終局へ向けてクライマックスってところでしょうか。
あれだわ、最終回のサブタイわかったわ(^^;
『チアフルーツ大勝利! 希望の未来へレディ・ゴーッ!!』
に間違いないわ(爆)。
いやいや (ヾノ・∀・`)ナイナイ。
まぁ現実的にはウルトラマンあたりの最終回のサブタイのパロなんだろうけどね。

最後に。
今回10話の脚本家さんのツイートらしいのですが。

没になったからいいようなものの、素人がパッと思いつく程度のネタをサブタイ案として提案しちゃさすがにイカんでしょ(^^;。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/17(日) 11:39:18|
  2. アニマン雑記【アニメ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たいふうにきをつけて

★衝動的に一部の保存データの構成変更なんぞしたら存外時間かかった(笑)。
今日はずいぶん涼しかったですむしろ寒いレベル、自転車で外出した際など、Tシャツ&長袖シャツ&長ズボンの格好で問題ないばかりか少し寒いかなとすら、まぁ上着の長袖シャツは袖まくってましたけど。
しかしあくまで予報だと、月曜以降また気温上がるそうで、もう少し服装に留意が必要のようです。
あと台風きてますので充分お気を付けください各々がた。


★IS03での撮影データのタイムスタンプがおかしいことに数日前突然気づいた(汗)。
なぜ気づかなかったんだろう、おやっと思い確認したら、去年デジカメとして復活させて以降の撮影データが全面的におかしい感じ、調べてはいませんが以前スマホとして使っていた時のは多分大丈夫、だと思いたい。
何がおかしいって、どうもJSTじゃなくUTCになってる感じです。
しかしIS03本体に表示されてる時間はJSTに合ってるのが厄介。
さらには、JPEGのEXIFデータ上は問題ないんだが、ファイル作成時間がUTCになってる感じで狂っている模様なのが厄介さに拍車をかけている。
なぜだ、以前と今との違いと言えば、SIMが有効か無効かってことなんだろうけど、しかし表示される時間は合ってるのにファイルとして撮影データを保存した時間だけ狂っているというのが摩訶不思議。
まぁEXIFデータは問題ないし、そうだとわかれば問題ない(?)ので、なんか解決するのがすごく面倒な予感しかしないので、放置することとする(大汗)。


★各クール末に次の期のアニメの期待値ネタをやり始めてずいぶんになります。
期待値表は出すけれど、考えてみたらその結果がどうだったか、に関しては記事にしてないことに気づきましてな。
そういう話題をネタ切れ対策でちょっとやってみようか、という気が全くないといったら完全なウソになります。
一つのネタとしては有効だなとは思います、あくまで期待値で予想ではないですが、どれだけ当たったかというのを省みるのも何かの足しにはなるでしょうし。
ただですね、どういう論調あるいは内容にするかは未定といいますか、結局は期待値通りだったか否かのある意味勝ち負け的なものになりそうな気がしてはいますけど。
勝敗と言っても何が勝ちで何が負けなのか、どんな基準で判定すべきか正直判然としないのです。
期待値表と言いつつ、実情は0話切りするのか、最低1話は見るのか、よほどのことがなければ全話視聴予定なのかの区別の表になってしまっているというのがありますしね。
それにあくまでネタ切れ穴埋め記事の予定です、シビアにやる内容でもないでしょうし、ゆるくいくべきなんだろうとも思いますしね。
期待してなかったけど結果面白かったな~、的なゆるっとしたものになりそう、というかそうしかならない気がしてなりません。
期待してたけどダメだったなぁ~、というのもアリかな。
いずれにせよ、そのうちそういうネタの記事も出るかもよ、という予告的ななにか(^^;。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/09/16(土) 17:40:01|
  2. 超個人的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

宮城え~はち

Author:宮城え~はち
当ブログに関しては以下をご参照ください。

【「アニマン雑記 散」】について

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

各種スクリプト等



記事カテゴリー

過去ログ

閲覧数

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

QRコード

QR

管理人にメールする

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する